今月のテーマ 

2016/7/27

筋肉系勉強会  ハーモニー・メソッド

先週末土曜日の夕方から日曜日にかけて、筋肉系の研究会を開催しておりました。


クリックすると元のサイズで表示します


今回のテーマは「筋断裂の治療」

従来の手技療法では、「損傷部位の繊維を整える」とか「周囲の血流を改善して修復を早める」とかのどちらかというと自然治癒能力を高める・・・的な取り組みが多かったと思いますが


今私たちが取り組んでいる新しいテクニックは

「断裂部位をガッツリとくっつけてみよう!」

なのです。


クリックすると元のサイズで表示します


具体的には

@触診により断裂した部位をできるだけ細かく特定する

A次に断裂した両側の断端を見つけてしっかりと掴まえる

B両側の断端の組織の軸を整えてしっかりと寄せてくる

C断端が融合するまで保持する


文字にすると簡単に示せるのですが、実際に行うのは中々難しいのです。


クリックすると元のサイズで表示します


もちろんですが、高い触診能力・・・特に深さの概念がしっかりできていないと断裂部位の特定すら出来ません。

しっかりと触診できて断裂部位が特定できると、触られている患者様には他の部位とは明らかに違う感覚や痛みが伝わり

「こんなところに傷ができていたのですね!」

とか

「そういえば、昔この付近を痛めたことを思い出しました」

というような反応が返ってきたりします。


クリックすると元のサイズで表示します


勿論ですが、患者様には施術前後の変化もしっかりと体感してもらうことができますよ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ