今月のテーマ 

2014/2/27

腰痛・下腿後面(ふくらはぎ)の肉離れ・肩が上がらない(肩関節側方挙上制限)  毎日の手技療法

腰痛・下腿後面(ふくらはぎ)の肉離れ・肩が上がらない(肩関節側方挙上制限)


10代男性  兵庫県伊丹市  来院患者様からのご紹介


[来院時の状態]

野球部に所属する高校生なのですが、1ヶ月前に右ふくらはぎに肉離れを発症、近隣の整形外科を受診すると湿布と安静を指示されます。

痛みは徐々に軽減するものの完治せず腰痛が出現してきたため、根本治療を希望されて来院されました。


[検査・評価]

肉離れを起こしている側の足首に背屈制限(つま先が持ち上がらない)、底屈時(足先を下げる歩行でのけり出す動き)にひねりを伴う、右股関節周囲の過緊張(筋膜の高密度化)などがみられました。

また、股関節から上半身への膜の緊張がみられた為、右肩関節への影響が出ているはずとの考察により左右肩関節の可動域を調べると、右肩関節の側方挙上に著しい制限(水平より上に腕が上げられない)がみられました。

野球に影響が出ているのではと質問すると・・・「押し出す様に投球している」と以前から何度も指摘されていたそうですが、自分では上手く改善できず今日まで来たそうです。


[メカニズム考察]

過去の運動時の軽微な損傷(ねんざなど)や良くない生活習慣により足部にねじれのパターンができてしまい(一次的問題)、その結果立位での左右方向のブレが生じることで其れを押さえ込むために同側の股関節の周囲にある筋肉や筋膜で安定化を図ります。

その結果、足首や股関節が歪んだままで固定されることになり(二次的問題)、その動きをより上の関節や筋肉で補う必要が出てきます。

この患者さんの場合・・・
腰部と背部の筋肉や筋膜で足の動きの代償を行ったため、本来の正しいアライメントでの動きが出来ない状態での反復運動になり、その結果腰痛や肩の可動制限が表面化したと考えられます(三次的問題)。


[施術の方針]

・症状へのアプローチ

腰痛と肩関節の問題については、股関節の周囲の緊張が直接関与していると考えられたため、股関節の筋膜に対して手技を加えたところ股関節の可動域は勿論向上しましたが、同時に腰痛軽減、右肩の可動域はほぼ正常まで回復しました。

筋膜や筋肉の滑走(お互いが滑る動き)が正常に戻れば、症状は安定すると思われますが、その為にはある程度の短い間隔での施術の繰り返しが必要になります。


・原因へのアプローチ

股関節の周囲の緊張が今回の腰や肩の直接的な原因ではあるのですが、その股関節を硬くした本当の意味での原因は足部のねじれと不安定性ということになります。

またこのねじれと不安定性が下腿の肉離れの原因になったとも考えられますので、こちらは、ねじれの修正とともにバランスを取るために活動するはずの筋肉を正常に動かすための施術、運動パターンの修正としてのトレーニング指導が重要になります。



筋膜の問題は残念ながらレントゲンやMRIでは見つけ出すことが出来ないので、多くの場合見過ごされてしまいます。


この患者さんの場合は股関節の筋膜に対しての手技による施術により肩関節の問題が解決するというケースですので、肩関節にいくら施術を加えても再発するパターンです。


今回も上手く原因を見つけることが出来ました。

来院有り難うございました。
1
タグ: 症状 カイロ 施術

2014/2/21

祝50UP   

祝50UPオメデトウ

と言っても、50pオーバーの魚が釣れたのではありません。'_';

わが家のモンド君、1歳3ヶ月でついに50キロオーバーとなりました。クラッカー
前のマックスとはオス、メスの違いはあるのですがとにかくデカイ!

クリックすると元のサイズで表示します

家の近くのドックカフェでも背中がテーブルと同じ高さなので、顎をテーブルの上に乗せてきます。

クリックすると元のサイズで表示します




また、最近ではテリトリーを家の中まで拡大中・・・

クリックすると元のサイズで表示します



仕方がないので、台所の出入り口にゲートを設置しました。レンチハンマー

クリックすると元のサイズで表示します

このゲート、市販最強で耐荷重40キロ・・・中型〜大型犬用となってますが・・・

モンドはすでに51キロ以上です。

今は新しいゲートに少しビビり気味ですが、そのうち慣れてくる事でしょう。
自分の大きさと力の強さに気付かないことを祈っております。
1

2014/2/2

壱岐道場A  

少し遅くなりましたが、壱岐道場Aです。

夜食を食べ終わると、朝間詰めに備えて仮眠するチームと朝まで釣りまくるチームに分かれました。

私は勿論、釣りまくりのチームです。

夜中の2時に出動、近場からポツポツアジを拾いながら夕方の白灯台を目指します。
4時半にアラームが鳴り、仮眠チームが起きる時間、我々はまだ行程の半分も進んでません。

急いで白灯台を目指したのですが、悲しいかな防波堤の上は昨日と変わらず爆風!

むしろ昨日よりもひどい状態です。立っていることも困難な状態でしたが、せっかく3時間かけてたどり着いたので無理やり釣りをしようとネバッタのですが、1時間で身も心もボロボロに・・・

命の危険も感じだしたので、やむなく撤退です。

途中で見つけたポイントで朝まず目を迎えることにしました。

ポイントに到着してすぐにワームを投げるとそこから約30分入れ食い状態!
20後半のアジが釣れまくります。

まさにパラダイス!

日が完全に上ると、地合いは終了。
朝ご飯を食べに宿に戻ります。

朝飯を食べながらも参加者の皆さんは目が死んでます。私も半分寝ながら食べてました。

食べながらも昨日の昼に2回ラインを切られたデカアジポイントのことが忘れられず、何とかリベンジしないと帰れません。

食後すぐにデカアジポイントに出動!

今日もいます。見えアジが・・・余裕の30センチアップ!

あの手この手で誘いますが、疑似餌には匂いも味もなく無視されます。
おもりを重くしたり軽くしたり、ワームの色やサイズをいろいろ変えて見えアジ君のスイッチを入れるように頑張っていると、ついに好反応のパターンを発見しました。

そこまで落としてアクションを入れるとものすごく小さなあたりが・・・すかさず合わせると乗りましたが途中で外れます・・・そこで再度ワームを沈めようとすると底からデカい鯵が出てきてワームを咥えて反転、まさにスイッチが入った食い方です。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の遠征で最大サイズ、35センチのデカアジがサイト(見ながら釣る)で釣れちゃいました。

もうおなかいっぱいです!

クリックすると元のサイズで表示します


今回の最終釣果です。20センチ以下のアジはすべてリリースしてますのでこの釣果は大満足です。


クリックすると元のサイズで表示します


小型のアジは天日干しに・・・与論島の天然塩に昆布茶を入れたエキスに2時間付け込んでからじっくり干します。


クリックすると元のサイズで表示します


干物屋さんのように仕上がりました。めちゃくちゃうまかった!

でかいのは刺身やたたきにして食べましたが、今回はサイズも量も半端ないのでさらにいろいろやってみました。


クリックすると元のサイズで表示します

左からチーズ入りつみれのワンタン包み揚げ、紫蘇巻き揚げ、デカ鯵の切り身のフライです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして今回最もおいしく出来上がったのが、鯵のつみれ汁、薬味にネギ、紫蘇、ミョウガが入っています。

釣って楽しい、食べておいしいアジング最高! アジパラダイス壱岐万歳!

来年も絶対遠征します!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ