今月のテーマ 

2011/11/24

武庫川一文字  

おはようございます。

今朝は朝から背中の筋肉痛です。

というのも、昨日の祝日に武庫川の一文字防波堤に渡してもらい釣りを楽しんできたからです。

今回は中学生3人の釣り仲間・・・?と一緒に行ったわけなのですが、何せ朝の3時起床で餌屋に直行、渡船屋さんの駐車場はすでに満員御礼、4時に着いたのに第2駐車場にまわされてしまいました。

今のシーズンは、例年は寒さと僅かな釣果のためにどちらかというとガラガラ、夕方から太刀魚釣りの人がぽつぽつ渡してもらうような状況なのですが、

今年は秋の初めから青物が回遊しているようで、とくに22日の釣果が今年一番の成績で(45センチクラスのハマチは多数、90センチのブリなども数本上がっています)、ホームページを見た釣り人たちが押し寄せたようです。

私は、万一釣れなかった事も考えて「ハネ(スズキ)釣り」の用意もして臨みました。


いざ釣りを始めると、今日は昨日の好調ぶりが嘘のようで周りでは誰も何も釣っていません。

太刀魚もハマチも餌になるアジさえもほとんど釣れていません。

そんな中、私だけが狙っていたハネやセイゴ(さらに小さいスズキの子)がパラパラと釣れており、何とか楽しめておりました。

中学生チームは朝マズ目(夜明け)の時間にアジとサバを数匹確保し何とかボウズ(何にも釣れない事)を逃れたのですが、その後が続きません。

今日は青物が寄って来てないのかと私は半分あきらめモード、中学生チームも何にも釣れない時間が長くなりダレダレに・・・

そんな中で中学生の一人が「試しに余った竿にオモリもウキも付けずにハリにアジを直接付けて投げてみる」と言い出したので早速セッティングしてあげました。

最初の1投目、とりあえずアジを沖に投げ込んでから「この後どうするの?」と質問されたので「糸ふけをわざと出して水面の糸の動きを見ておいて、急に走り出したら青物が食いついた合図やから・・・それにしてもアジにしては糸が出過ぎやなあ・・・ひょっとしてすでに食ってるかも解らんからとりあえず合わせを入れてみたら!」

合わせを入れたらガッチリとした手ごたえ、竿が大きくしなっています。

釣れる時ってこんなもんですよね。

周囲で釣っている大人たちもビックリ!


そしてこれが今日の釣果です。

クリックすると元のサイズで表示します

これは25センチのサバくんです。

クリックすると元のサイズで表示します

上は45センチのハマチ君、下は52センチのハネ君(60センチを超えるとスズキ君)

このほかにも、40センチのハネが2匹に25センチのセイゴが4匹、18センチクラスのアジが20匹というような釣果でした。

周囲で釣っていた他のグループはほとんど何も上げていなかったようなので、厳しい中ではまずまずの釣果になったと喜んでいます。

サバ君は三枚におろしてから「酢じめ」に、ハマチ君とハネ君は頭とカマは「塩焼き」に、身は「御刺身」に、アラは「赤だし」にして美味しく頂きました。

ハネの身は料理屋さんで教わった「洗い」と言われる処理をしたのでいつもよりさらに美味しく頂くことが出来ました。

青物のシーズンもあと僅かなのでもう一回チャレンジ、今度は80センチオーバーのブリが釣りたいですね!
0

2011/11/22


こんばんは!

今月初めに東京で内臓のマニュピレーションのセミナーを受講してから早くも3週間が過ぎました。

その間、過去に学んだ内臓に対しての手技療法などと照らし合わせながら臨床で検証を続けていたのですが、ようやく実際の日々の治療に有効に用いる事が出来るようになってきました。

西洋医学での内臓に対するアプローチは、

1.手術により問題のある部位を取り除く

2.薬物により問題のある症状を抑え込む

などのいわゆる「薬物手術療法」が中心となっています。


それに対して私たちが今までに学んできた内臓に対する手技によるアプローチは、

1.内臓血管反射点や鍼灸の経絡などを用いて離れた場所に刺激を入れることで、対象となる内臓の血流や神経伝達を改善するもの(間接的な治療法)

2.臓器に対して外部の軟部組織ごとマニュピレーションを行い、臓器のポンピングを行い血流や機能を改善するもの(直接的な治療法)

などとなっていました。


ところが、今回のケリーのセミナーは今迄の概念とは全く違い、臓器を取り囲んでいる膜に対してマニピュレーションを行うことで臓器にかかる異常なテンションを取り除き、臓器が自立した動きを取り戻すことで機能回復するという考え方なのです。

この膜の異常なテンションが、運動器や姿勢保持のための筋骨格系と密接に関連というか連動していることがこのテクニックの一番おいしい所なのです。

つまり、一般的な姿勢の不良や運動器の問題、スポーツ障害などの筋骨格系の問題や姿勢制御に関する神経伝達系の問題と内臓の機能に関する問題が膜という共通の物質で完全にリンクさせることが出来るため、治療の組み立てがとてもシンプルになるのです。


各臓器の反射点や経絡のツボを丸暗記したり、臓器の機能障害別に存在する多数のテクニックを駆使する治療法は使いこなせれば大変効果的でカッコいいのですが・・・

実際の臨床では局所に対して深く踏み込んだ治療になるために時間ばかりかかり、その部位の状態が良くなっても周りとの調和が上手くとれないために、患者さんの体感する効果はいまひとつ・・・

のようになる事が多いため、せっかく学んだ内臓の治療をあんまり臨床で使っている先生は大変少ないようです。

私も時間に相当余裕がある時(つまり治療院が暇な時)以外には内臓に関する問題はどうしてもスルーしてしまうことが多くなっていました。


それもこれも、これからは大丈夫!

この三週間で何とか治療時間がダラダラと長くなることなく内臓の問題まで診る事が出来るようになってきたようです。


膜の治療バンザイ!

浮かれていてはいけないのですが、ますます治療が楽しみになってきました。


次回から少しずつ実際の症状や評価と照らし合わせながら、内臓の膜の治療の有効性について書いてみたいと考えています。
0

2011/11/14

スタンド  

これ何かわかりますか?


クリックすると元のサイズで表示します


カラオケ用のマイクスタンドではありません。


クリックすると元のサイズで表示します

ipad用のスタンドなのです。


クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで、治療中にイラストを目で確認しながら手技を行うと、イメージが鮮明になり効果も違ってくるのです。

決してカンニング用ではありません
0

2011/11/9

内臓マニピュレーション  ひとりごと

おはようございます!

月曜日から取り組んでいました東京でのセミナーのまとめがようやく終わりました。
今日のお昼休みの勉強会に何とか間に合いましたが二日続けて夜中までパソコン前にいましたので少し寝不足です。

内容は「S.T.I.膜リリース レベルW 内臓マニピュレーション」

身体の支持構造を外側から順に観ていくと・・・

皮膚のすぐ下に全身を覆うように張り巡らされた線維の膜があります。
この膜のおかげで人間が人間の形を(外から見えるシルエット)を保っています。関節や腰のくびれ等もこの膜が絞り込んでいるからくびれて見えるのです。

この皮下にある浅層の膜が筋肉などを包み込む深層の膜に移行しています。筋肉はそれぞれ別々のパーツとして機能しているのですが、筋肉の線維を筋肉単位で束ねているのがこの深層の膜になります。

私たちのグループの治療法の特徴である筋膜の滑走を取り戻すという考え方は、この浅層の筋膜や深層の筋膜の間においてきっちりとした滑走状態を確保する事を目標としています。

手や足などのいわゆる四肢の構造は、表面から皮膚、全体を包んでいる浅層膜、筋肉を包んでいる筋膜と筋肉、筋肉をグループごとにまとめている深筋膜、骨の表面を包んでいる骨膜と骨、そしてその隙間を動静脈やリンパ管、神経などがネットワークを張り巡らせています。また皮下脂肪などもこの隙間を埋めるように付いてきます。

要するに、手足の部分は中まで隙間なく内容物が詰まっているため、治療の手順としては表面から順に膜の滑走を取り戻すような手技を加えていけばよい事になります。(実際にはこの事だけでも簡単ではないのですが・・)

今回、セミナーで学んできた事はこの膜シリーズの最終章、

体幹つまり胴体の中身である臓器を包んでいる膜や支持構造体である靭帯などのテンションの異常が外壁である身体の筋骨格系(たとえば背骨や骨盤や肋骨、腹壁など)に内側から影響を与えていることやその逆に外側の支持構造の問題が内側にある内臓に影響を与えている事に注目して、これを正常な状態に戻すための評価法とテクニックを学ぶためのセミナーでした。

この考え方を実際の臨床に当てはめてみると、ほとんどの患者さんに適応になってきます。

ただ、ほとんどの治療家がこの問題を無視している(知らないから使いようが無い)ため、そんな患者さんは少数派で筋骨格系だけに一生懸命取り組んでいれば上手くいくはずだと思っているかもしれません。

患者さん自身も症状は体感しているのですがまさか内臓の膜が影響しているなんて思いもよらないのでしょう。

私も改めて患者さんを調べていくと、ほとんどの患者さんに何らかの内臓の膜の問題が関与しており、この問題を解決することで今まで取れきらなかった症状がかなりの確率で改善する事に驚いています。

今回のセミナーを受けた事により、またきっちりと使いこなせるようになることで今後の治療成績を劇的に改善してくれるような予感がしています。


やっぱり、どんな業界でも言える事ですがいくら努力をして頑張っていても知らない事に対しては頑張りようがありません。また、たとえ知っていても実際に行動に移さなければ何も変わりません。


「知ってる者の勝ち」「やった者の勝ち」ですよね!

1

2011/11/7

東京セミナー  ひとりごと

おはようございます。

先週3日の木曜日から昨日の日曜日までの4日間、東京で開催されていました「ケリー・ダンブロジオ」先生の「膜のシリーズのレベル4」つまり最終章に参加してきました。

今回は4日間といつもより一日長めでしたので、頭も体もクタクタになったのですが一つのシリーズが完結したことでスッキリしたとも言えます。

さすがに昨日の晩はセミナーのまとめをする気力も体力も残っていなかったのですが、今晩から早速学んだことの整理と使う為の仕組みづくり(自分の中でのシステム構築)に取り掛かろうと思っています。

セミナーは参加する事に十分な意義があるのですが、使えるようにしっかり消化し、臨床の場にしっかり出力することが出来て初めて意味が出てくると思っています。

幸いにも私には学んだ事を使える状態に昇華してから出力する相手がいます。うちに在籍する先生方は今回のセミナーの後の勉強会を大変楽しみにしてくれていると思うので今晩から頑張れそうです。

それでは、次の患者さんが待っているので・・・
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ