今月のテーマ 

2011/3/27

放射線  正分子講座

こんにちは。

震災から早くも3度目の日曜日になりました。

改めて、

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。皆様の日常が一日でも早く復旧されること心よりお祈り申し上げます。


今回の地震は、地震による直接的な被害、津波による被害だけにとどまらず、原子力発電所の事故による放射能問題、電力供給の不足による計画停電などの問題が次々に起こり、東日本にお住まいの皆様は大変なご苦労を強いられていることと思われます。

これだけの大きな災害は、もはや東日本だけの問題ではなく日本全体にも大きく影響してくると思われます。

震災前の日本は、政治や経済など様々な部分で「何かがおかしい」「何かが足りない」、でも「どうしようもない」「どうせ変わらない」というような諦めや閉塞感から国全体が重い空気に包まれていたように感じていました。

そこに来て、今回の地震によりあらゆる想定や常識が一気に覆されました。

被災地の出来るだけ早い復旧は勿論大切なことなのですが、「日本」が今回の震災をきっかけにして小手先だけの改革ではなく、今までにない規模の大きな変化遂げる必要があると考えています。

というか、もう変わるしか道は無いんですよね!

今回、私たち西日本に住んでいる人たちは幸いにも震災の影響を直接受けずに済みました。

今私たちに出来ることは、東日本でここ数年の間に計画停電などの影響により低迷するであろう経済活動を私たち西日本でしっかり支えていくことだと思います。

何でもかんでも「自粛」するのではなく、毎日の生活で「今まで以上に仕事に取り組み、しっかり稼いで、しっかり使う!」

そして今まで以上に「西日本全体に活気がみなぎる」ようになる事が今の日本を支える力になると思っています。

日本に住む皆様のがんばりに期待しています!



今日は、私の立場から出来ることとして、少し情報を紹介します。

Radiation Worrying You? Take a Vitamin.
(あなたを悩ませている放射線? ビタミンを摂りましょう)


宇宙飛行士は、原子力発電所の労働者よりも多くの放射線を浴びます。
それに対して、「NASA」はあらゆる潜在的な副作用を軽くするためにビタミン剤の服用を薦めています。(いつもブログで話している必須栄養素であるビタミン・ミネラルです)

国立宇宙生物医学研究所の「放射線影響チーム」やペンシルバニア大学医学部の放射線腫瘍学の教授も同じ見解です。


詳しい話はまた今度にしますが、
「放射線」は「紫外線」や「たばこ」、「食品添加物などのいわゆる発ガン性物質」と同様に、人間の細胞を壊す「活性酸素」を多く発生するのです。

勿論、運動で呼吸数が上がれば「活性酸素」は増加します。

そして壊された細胞が作り替えられる時に希に出来る奇形細胞が腫瘍(ガン)になるのです。

若い人の方がガンなどの進行が早いのは、細胞の増殖(入れ替え)のスピードが早いからであり、ガンの発生確率は作り替えの回数が多いほど増加します。


外部から放射線や紫外線、発ガン性物質が体内に侵入することを出来るだけ防ぐことは勿論大切なのですが、そこだけに敏感になりすぎてもいけません。

壊れた細胞や寿命が来た細胞をしっかりとした新しい細胞に作り替える場面で、全ての材料(タンパク質・脂質・必須ビタミン・ミネラルなど)がしっかり揃っていれば、細胞の奇形の発生率も低下します。

正しい栄養学の知識があらゆる病気の予防に繋がるのです。

3

2011/3/21

東日本大震災  ひとりごと

こんにちは。

久しぶりの投稿になります。

まずは、今回の東日本大震災で被害にあわれたすべての皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。


10日前の金曜日、信じられないことが起こりました。

未曾有の大災害、地震よりも津波の恐ろしさ、そして人間の想定なんかをはるかに上回る大自然の絶対的な力をあらためて思い知らされました。

あまりにもショッキングな出来事であったため、また原発の事故などが続き、先行き不透明な中で世の中がネガティブな空気に包まれているなかで自分の考えが上手くまとまりませんでした。

この連休になり「頑張ろう日本」というような少しずつ前向きな報道も増えてきましたのでやっとブログを更新する気分になってきました。


阪神大震災のときに私の家族も両親や親戚家族も被災し途方に暮れかけていたときに、本当にたくさんの方の励ましや支援をしていただいたおかげで今日があります。

今回の地震は当時の阪神大震災のことを思い出しても明らかにあらゆる被害が大きく、東日本だけの問題ではなく日本の今後に大きく影響する大災害と言えます。

日本人全員が今回の災害に向き合い、様々な考え方を改める時が来たように思えます。


私も少しずつですが考えたことを書いていきたいと思います。
 

大きな災害は、その人の築き上げてきた様々なものを一瞬で何もかも奪ってしまいます。

本当に何もかもを・・・

地震の後の報道で被害のあまりの大きさを知り、被災された方の状況を知らされるにつれて、日々何気なく過ごしてしまっている様々な事に「感謝の気持ち」が改めてわいてきました。


改めて今の自分を見つめていると・・・

命がある
家族がいる
仲間がいる

住む所がある
水が出る
ガスが出る
電気が使える

食べ物がある
飲み物がある
温かい風呂に入れる
温かい布団で寝られる

仕事場がある
仕事がある
私たちを頼りにしてくれる患者さまがいる

平和な日常では当たり前のようになりかけている身の回りの様々な事に、今の私は心の底から感謝出来るようになっています。


今日から「感謝の気持ち」を忘れずに生きていこうと改めて思っています。


4

2011/3/8

ブランド力  ひとりごと

こんばんは!

週末の土曜日は珍しく定時に終了し、その後に入っていたパソコンのメンテナンスに来てもらう予定が無くなったため暇になってしまいました。

そこで、前から一度行ってみたかった[MINI]のディラーに行ってきました。

ミニクーパーはもともとイギリスのメーカーだったのですが今新車で買えるミニはBMW社製、つまりドイツ製です。BMWはFR(後輪駆動)専門のメーカーなので、今の時代に合った小型のFF(前輪駆動)の車を売り出すためにメーカーのブランドを買い取り使用しているのです。

デザインは昔のミニ風の丸っこいボディーに丸ライト、内装はイギリスの車らしい凝った部分も見られますが、やっぱりBMW、少し安っぽい印象です。

試乗もできましたが、すごく普通の車(良くも悪くも)でなんにも問題ないです。デザインだけ気に入って買っても後悔はしないでしょう。

昔のミニはデザインだけで買って、その乗り味と設計の古さにびっくりした人も多かったのですがこれなら昔からのミニのファン以外は多くの人に受け入れられるでしょう。

MINIしかないのに、ホントに立派なディーラーでスタッフも大勢いました。

本当にたくさん売れているのですね!

イギリスの由緒正しいブランド(デザインとネームバリュー)にドイツのしっかりした中身(BMWのメカニズム)が組み合わさっているのですから、まさに良いとこ取りですね!

今の時代は、「ブランド力」と「中身の実力」のどちらも無ければ受け入れられないようになってきていると思います。

それはどんな業界でも共通の筈です。

頑張らなければ!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ