今月のテーマ 

2010/2/26

スニーカー  ウォーキング

こんばんは。

突然ですが、私たちのグループでは「健康は正しい歩き方から!」をメインテーマにして日々治療に取り組んでいるのですが、なかなか本質が皆様に伝わっていないようですので少しずつ私たちの考えをブログに書いていきます。

今回から「正しい靴選び」について書いてみます。

皆さんは靴を選ぶときにどれくらい時間をかけていますか?

デザインを見ながら好みの靴を選ぶまでは結構時間をかけるのかもしれませんが、この靴にしようと決めてからお店を出るまでは10分もかからないと思います。

下手をすると試し履きもせずに、箱に書いてあるサイズだけ見て買う人もいるかもしれません。

これでは「足にあった靴」や、「正しく歩くための靴」を選ぶことは困難ですし、たまたま良い靴に出会ったとしても、その靴を「正しく履きこなす」事が出来ているとも思えません。

当然なのですが「正しく歩くための靴」は、デザインよりも機能が優先します。
まずは、正しく歩くために必要な靴選びの条件をいくつか紹介しましょう。

@目的に合った靴を選ぶくつ

たとえば、テニスシューズやバスケットシューズ、デッキシューズなどの靴は「どれだけキチンと止まることが出来るか」を目的につくられています。つまり「止まるための靴」「ブレーキングシューズ」と言うことが出来ます。

細かいダッシュから急制動するための靴は、平らな地面との摩擦が最大限に発揮されるように設計されているため、連続して歩いたり、走る様には出来ていません。

つまり、ウォーキングにテニスシューズやバスケットシューズを履くと、足の裏が引っかかり、ベタベタした歩き方になりすぐに疲れてしまいます。

かといって、歩くためのウォーキングシューズは、踏み込みやすく、着地がぶれず、きっちり踏み切れる様に設計されているのはずなのですが、デザインやコストが優先して機能がおろそかになっている靴が多いように思われます。困ったことです!

Aサイズの合った靴を選ぶスニーカー

これまた当たり前なのですが、皆さん結構適当に選んでいます。
履いてみて痛くなければ大丈夫と思っている人が多いようですが…

一般的な足のサイズ(25.5pなど)は足の長さを表しているのですが、他にも幅(2E.4Eなど)や高さ(足の厚み)も重要になってきます。

最近でこそ幅広靴が選べるようになってきているのですが、サイズ選びのやり方が判っていないので合っていない靴を無理矢理履いている人が多くなっているのです。

何もかもダメみたいになってしまいましたが、少しずつ解説していきますね!






2

2010/2/22

庭の模様替え  ひとりごと

こんばんは!
今朝は朝から全身がだるいようです。筋肉痛?

実は、昨日は朝から夜まで庭の模様替えを頑張ってやったのです。

私の自宅は敷地の端っこの三分の一位にちっちゃな家を建てましたので残りの三分の二ほどが無駄に広い庭になっています。

そして、家の南側に沿うようにウッドデッキをつくっていたのですが、今回ある事情がありウッドデッキを撤去して庭の芝生も半分に減らしコンクリートで固めた部分を増やすことになったのです。

工事は2月の初旬から先週の金曜日までかけてデッキの撤去、芝生剥がして土を掘り返し、基礎のコンクリートを流し込み、上からインターロッキングを並べました。工事中

これらの工事は外構屋さんにお願いしたのですが、何でも自分でやりたがる私は、庭の一部に砂利をひくスペースを残してもらい、自分でやらせてもらうことにしました。

その作業を昨日の朝から一日かけてやっていたのです。

作業内容は、まずは石をひく場所の地ならしに2時間、雑草を生やさないようにする真っ黒なシートを隙間無く引く作業に30分、それからコーナンに石を買い出しに出かけます。

庭用の石ころも様々な種類があり、値段もピンキリです。
今回は、白い石に色石が混じった五色石という物を選びました。

この五色石をコーナン中山店にあるだけを買ってかえり早速ひいてみたのですが、結構厚めにひかないと黒いシートが丸見えになってしまいます。

最初に考えていた石の量では全然足りないので今度はコーナン荒牧店に五色石を追加で買いに走ります。

結局、五色石を合計40袋も買ってしまいましたがこれでもギリギリシートが隠れるだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

40袋の石を店頭からカートに積み込み、カートから車に積み込み、車から庭に降ろし、石をひくスペースまで運び、封を開けて持ち上げて中身を出します。これがかなりの重労働、20キロのダンベルを持って160回スクワットをしたことになります。

石をひき終わったのは夕方の四時でしたが、おかげて色んなところが筋肉痛になってしまいました。

すでにクタクタになっていたのですが、何とか力を振り絞り、デッキの撤去に伴って外されていた目隠しのためのラティスを設置し直しました。

設置のために必要なネジや木材を作業の途中で買い出しに再びコーナンへ…段取りが悪すぎて何回もコーナンに行ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

全ての作業終了は夜7時半、もうクタクタです。


と言うことで、昨日はブログの更新も出来ず寝てしまいました。

最近は、私の休日の過ごし方をダラダラ書いてしまっていますので(ホントにすいません)今週は少しくらい皆さんの役に立つ話しをしてみようと思っています。
2

2010/2/14

ネガをデジタルに!  

こんばんは。

今日、ついに「アバター」見に行ってきましたよ!ビデオカメラ

ここ最近、皆さんから「アバター」についてお話を振られるのですが、見てなかったので答えようがありませんでしたが、明日からはちゃんと話しが出来そうです。

噂どうりの美しい映像、3Dの奥行き感、そしてはじめから終わりまで退屈な場面は一度もないうちに3時間の上映時間が終わっていました。クローバー


恐るべし、キャメロン監督!


さて話しは変わり、最近コストコで購入しました「おもしろグッズ」を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、何だと思いますか?

これは、ネガを読み込む為の専用のスキャナーです。つまり、今まで段ボールに入れてしまい込まれていた20年前の写真をパソコンや今はやりのフォトフレームで再生できるようにするためのマシーンなのです。

お値段 9,800円 安い!

パソコンに繋がなくてもSDカードに保存するので単独で使用できます。操作も超簡単です。

早速週末から屋根裏を捜索して、ネガの山を発掘してきました。

そして、ひたすら読み込んでいます。これが結構楽しいのです。

皆さんもやってみませんか?

昔の写真を見ると、その当時のことが色々思い出されるので脳がどんどん活性化していきますよ!
1

2010/2/7

発表会  ひとりごと

こんばんは!
今日は午前中に往診の仕事をすませてから、、吹田のライブハウスに行ってきました。

昨年末から始めましたギター教室の発表会があったのです。

…と言っても、練習期間2ヶ月ではとても人前でお披露目するレベルにはならず、今回は他の練習生の皆さんがどれくらいのレベルかを知るために、見学に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

年齢層は私より明らかに若い人(ちなみに私は来週に45歳になります)は1割程度、後は同世代か年上のようです。

演奏のレベルもまちまちで、一部のめちゃめちゃ上手い人以外は皆さんドングリの背比べ状態ですが、ホント皆さん楽しそうに演奏されていました。

また女性の練習生も多くて驚きました。

次回の発表会は年内にあるそうですので、恥ずかしくないレベルになるまで練習しなければ!
3

2010/2/2

いよいよ裁判です  ひとりごと

こんばんは。

昨日、弁護士さんに会いに行ってきました。

加害者から、弁護士さんに直接電話があり、「どうしても支払うことが出来ないので何とかならないですか」と言ってきたそうです。

先生が加害者に「少しずつでも返済していくわけにはいかないのですか?」と聞いてみたら、「そんなことしたら生きていけないので無理です」と返答したそうです。

つまり、今の時点では「びた一文支払う気持ちが無い」と言うことのようです。

先生は私に「どうされますか?」と聞いてこられましたので、

「裁判を起こすメリット、デメリットは何でしょうか?」と質問してみました。

裁判を起こすにも費用がそれなりにかかるので、万一回収出来なければ損害賠償金以外に弁護士費用も上乗せされることになってしまいますが、今回のケースでは弁護士費用は保険会社が負担することになっていますので、デメリットは実際には無いと言えます。

メリットは、裁判になればほぼ間違いなくこちら側の訴えが認められて、加害者に対して支払いを命じる判決が出るはずです。

今回のような事例では、加害者がズルズルと言い訳しながら引き延ばしていくと、3年で時効が成立してしまうそうです。

しかし、裁判で判決が出ると、時効は10年に引き延ばされ、相手が支払いに応じない場合は強制執行する事が出来るそうです。

そこで、控訴状が裁判所から加害者の元に届けられることにより、相手の対応が急に変わることがあるそうです。

まあ、気が変わって支払ってくれれば良いのですが…

せめて、「少しずつでも返済ししていきます」というような気持ちでもこちらに伝われば別の方法を考えても良いのですけどね…

弁護士の先生に控訴の依頼を正式にお願いして話し合いを終了しました。

何か、気が重いですね!

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ