今月のテーマ 

2009/7/30

犬の患者さん?  ひとりごと

先週のリフォームの工事の合間をぬって、患者様の依頼で愛犬「テマリ」ちゃんの往診に行ってきました。

2週間ほど前に、患者様から
「テマリちゃんが前足を引きずっているので獣医さんに連れて行ったら、鎮痛剤しかくれなかったんやけど、一向に良くならない」
「先生は犬も治せるん?一回見に来てよ」と言われました。

その時は、「大変ですね、時間が合えば見に行っても良いですけれど治せるかどうかは判りませんよ。なんせ、犬の治療はやったこと無いんで」と答えていました。

そうしたら、次の週にその患者さんが来院したときに、
「先生、いつになったら見に来てくれるん?歩いている姿が痛そうやから早く来て欲しいのやけど!」と言い出すではないですか


「本気でおっしゃってたんですね!じゃあ、来週リフォームで診療がお休みなので、合間に見に行きます。でも期待しないでくださいね!」 

 …ということで往診に行ってみたら、本当に左前足を軽く引きずっています。仕方がないので、前足の付け根の筋肉を順番に触診してみました。

そうすると、左前足の付け根の後方(人間で言うところの大円筋、小円筋)付近が明らかに硬くしこりのようになっています。

「これは、人間で言うと五十肩ですね」と適当なことを言いながら、硬くなった筋肉をしっかり緩めていきました。

「テマリ」ちゃんは人間と同じように、しっかりと痛がり、ジタバタしていました。

筋肉はしっかりと緩んだので、飼い主の患者さんにマッサージのやり方を簡単に説明してとりあえず終わりにしました。

ちなみに、テマリちゃんはこんな子です。(超大型犬で60キロくらいあるそうです)


クリックすると元のサイズで表示します


そして昨日、患者さんの娘さんが来院されて

「テマリが全力疾走したみたいですよ!ぜんぜん痛そうにせずに…!」


なんか判らないけど、人間と同じように治療したら上手くいったみたいです。
1

2009/7/26

カカさんの質問にお答えします  スポーツ・ダイエット

コメントに気づかずに回答が遅くなり申し訳ありませんでした。
今日2回目の投稿です。

カカさんからの質問です。

ダイエット中に摂取するタンパク質の量は目標体重にあわせればよいのでしょうか? 今の体重にあわせていたら体重は維持されますか


たとえば、身長から計算した標準体重が50キロになる人が現在70キロだとします。

とりあえずの目標は60キロだとすると、1日の蛋白量は300グラムとなります。

もちろん、糖質の摂取の管理と運動は必要になりますが、筋肉を減らさないためというよりも増やさなければダイエットは上手くいかないので、たんぱく質の量の管理は重要になります。

たんぱく質の量をしっかり確保しながら運動を続けていくと、当初は筋肉量が増えてくるため体重はあまり変化しないのですが、運動により使っている部位を中心にサイズダウンしてきます。

つまり、体重計の数字は減っていないのに、からだが引き締まってくるのです。

筋肉量が増えれば増えるほど脂肪が燃焼しやすくなるため、次の段階で体脂肪が減ってくるのです。

頑張ってください。

また、わからないことがあれば、質問お待ちしています。

0

2009/7/26

リフォーム完了  ひとりごと

ご無沙汰になってしまいました。

リフォームに伴う雑用がたくさんあり、また、完成後は予約がいっぱいでなかなか更新できませんでした。

とりあえず、ビフォー・アフターをご覧ください。


リフォーム前は、治療用ベッドが1台だけ収まる小さなスペースしかなく、間仕切りの壁には水槽が埋め込まれていました。奥の部屋は私の控え室になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します



リフォームの主なポイントは、壁をぶち抜いて床面積を広げることと、床暖房です。


クリックすると元のサイズで表示します

このように広くなったので、池田の治療所に9月からデビューする先生がコアコンディショニングの指導をしているところを写真におさめました。

治療室が広くなったので患者さんの評判は上々なのですが、控え室が無くなってしまったので私の居場所が… そのうち慣れるのでしょうが、なんだか落ち着きません。

これで、色々な動作の確認や指導がしっかりと出来るようになりました。

3

2009/7/15

アート  ひとりごと

週末のリフォームに向けた準備は着々と進んでいます。

部屋の間取りやデザインを考えることと同じくらいに、カーテンや照明器具をや新しい家具を選ぶのもリフォームの楽しみの1つです。

そして、今回リフォームに合わせて「絵」を購入しました。

クリックすると元のサイズで表示します


この「絵」は、実は5年前に自宅を建てたときの記念に買おうとして一足遅れで買うことが出来なかった物なのです。

こんなご時世に絵なんぞ買うなんて… と思うでしょうが、実はこの不景気の中、絵画や楽器などの趣味性の高い物がオークションや中古商品の世界で格安で出回っているのです。
この「絵」も当時の4分の1の値段でした。

不景気でも、得することもあるのですね!
1

2009/7/9

リフォームA  ひとりごと

リフォームの準備がなかなか進みません。

引っ越しをする時にも感じるのですが、よくもまあこんなに物があるんだなあと… 順番に箱詰めしてもいくらでも出てきます。

懐かしい資料や写真、読もうと思って買ったまま奥の方にしまわれていた本や、いつか使うかもしれないと思って取っておいて、そのまま忘れ去られた数々の物が出るわ出るわ… 今回はキチンと整理しなければと思うのですが、思い出とゴミとの葛藤が続きます。

今週は本の整理をやっているのですが、私はとにかく活字が好きなので、頻繁に本や雑誌を買い込みます。治療の本は勿論、経営や経済の本、自己啓発本、コーチングの本、栄養学の本、メンタルセラピーの本など仕事がらみの本だけでも山ほどあります。

それに加えて私は多趣味なもので、車の本、海水魚の本、つりの本、アウトドアの本、サッカー雑誌、音楽雑誌、そしてコミックなど、これまた山ほどあるのです。

家に持って帰ると、「邪魔になる」とすぐに捨てられそうなので、治療所にいつの間にか集まっていました。

箱詰めすると、段ボール箱に何と15箱になりました。これを毎日4箱ずつ車に積んで自宅に持って帰り車庫に積み上げています。

リフォームが終わっても置き場があるか心配なくらい大量の荷物に少し憂鬱になるのですが、仕事の本は勿論、趣味の本も捨てたくはありません。

今はやりのペーパーレス、つまりPDFファイルにしてからパソコンに取り込まないとだめかもしれません!


さて、どうしたものでしょうか?

0

2009/7/6

リフォーム  ひとりごと

先週はバタバタでブログの更新が出来ませんでした。

というのも、2週間後に塚口の治療院のリフォームをする事になっているので、それに向けて打ち合わせや片付けなどいろいろ動いていました。

ご存じの方も多いと思いますが、塚口の治療院は治療室の壁に水槽が埋め込んであります。今回のリフォームはこの壁をぶち抜いて治療室を広げようという計画なのです。

現在の治療室は、3.5メートル×2.4メートルという小さな部屋に治療用のベットが1台と細々とした備品があるだけというシンプルな状態です。

今までは、手技療法中心に施術を行ってきたので、この広さ(狭さ)でも十分だったのですが、今年に入ってから「コアコンディショニング」の勉強を始め、その必要性が日ごとに強くなっているなかで、少しずつ患者様に伝えようと試みるのですが、いかんせん部屋が狭くて床に寝そべるスペースがありません。
口頭で伝えるのに限界を感じ、ついに部屋を広げるリフォームをする事になったのです。

今までは隣の部屋は水槽のバックヤードを兼ねた私の休憩室だったのですが、今回のリフォームで私の休憩室は無くなってしまいます。少し残念な気もしますが、やりたい治療や指導が出来ないまま、悶々と日々を過ごすよりはよっぽどマシです。

…ということで、リフォームの日に向けて少しずつ準備をしているのですが、部屋の物をリフォームの日までに全て外に出してしまわなければいけません。

これはかなりやっかいです。

大物の治療用ベットは、この機会に表面のレザーを張り替えることにして、器具やさんに預かってもらうことに決まりました。

次の大物は、部屋の間仕切りにしていた水槽です。中身は熱帯海水魚なので、当然海水ですので、大工さんには頼めません。水槽の中の生物は1ヶ月前から昨日までの間に少しずつ他の水槽に引っ越しました。

昨日は1日かけて水槽の中身である大量の岩、砂、そして海水を全て外に出し、水槽は塩が残らないように何回か水洗いしました。(水洗いをいい加減にすると、部屋中が磯の香りになってしまいます)

今日、出勤したら水槽はすっかり乾き、臭いも全くしません。
今回のリフォームの準備の中でも一番の大仕事であった水槽の始末も何とか終了です。

今日から、日々の仕事に影響しないであろう物から少しずつ自宅に備品を持って帰ります。

何かと大変な事が多いのですが、楽しみながら日々を過ごしています。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ