2014/11/27

風香の紅型の小紋に帯五本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

風香の紅型柄の洗える着物です。

ネットで購入。

全体で見ると、チカチカして見えますが、こんな柄です。

薄手で着易いです。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

★1は、04年4月17日に、目黒から恵比寿に出掛けたときに着用しました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

帯は紅白の博多献上帯です。(嫁入りの時の物)

こんなに真っ赤な博多献上・・・・幾ら娘でも・・・締めないのも悔しいので、締めてみました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は、04年12月10日に家で着用していました。(8ヵ月ぶりで着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は、八寸の鳳凰のお太鼓柄の2部式帯です。

★3は、06年2月8日に家で着用していました。(1年2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は、生成り色地に、柄に刺繍された2部式帯です。(豆千代)

汚れていたので解いて洗ったら、刺繍糸の色が薄くなったので、マジックで上から色をさしました。

電車に乗る時に締めないから良いか〜と無謀な事をしてしまいました。

ついでにばっさりと切って、2部式に仕立て直して締めています。

★4は、07年1月17日にUさん宅に、Aさんと遊びに行きました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

帯は桃色の塩瀬名古屋帯の二部式帯です。

●羽織

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

羽織は、黒羽織で、漆で柄が有る、母からの物です。

羽裏は父のもので仕立て直した物です。

両親の羽織を着て居る気分です♪

●コート

クリックすると元のサイズで表示します

黄色のアップルコートを着用しています。



2部式にした帯は、自宅で締める事が多いです。

あっという間に締められて、便利です。

長い帯より短い帯を二本使う方が、断然手際が良いです。

2部式には、色んな形がありますが、一番簡単なのは三角の所で二枚に切り離すだけの物。

紐なんて無くても大丈夫です♪

なまじっ仕立てに出すと、胴に巻く細い方の真ん中に紐を付けよう物なら、帯をふた巻きした時に、二枚が斜めになって、キチット重ならなくて、駄目です。

付けるなら断然輪になっている下です。

手先だけを、お太鼓にくっ付ける遣り方も有りますが、お太鼓を付ける時にバランスが崩れて、お太鼓の山が上手く行かない・・・

2も3も4も普通に締めている様に見えませんか?

★5は、14年11月25日に、何時もの仲間と、丸の内に出掛けて時に着用しました。(何と何と7年10ヵ月振りの着用)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

香港で見つけた、チャイナードレス用の生地(キラキラしている)が日本の柄(菊・剣・軍配・瓢箪)だったので、両面使いの二部式帯に仕立てた帯です。

裏は緑色のチャイナードレス用の生地。

●塵除け

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

渋いピンク色のレース。

渋い緑色の塵除けが重宝するので、白っぽい物を一枚欲しいと思い、買ったお店に行ってみたけれど、無かったので、ピンクを購入。






2014/9/20

●黒地に竹の縞のポリに帯9本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します

着物は黒地に白のよろけ縞のように見えますが、白の細い竹の柄の上質のポリエステルの着物です。

袖口布・オクミ全体と裾にも共布が付いているので、着ていると、共の八掛けが付いている様に見える仕立てです。

ちょっと見には、袷に見えるかもしれません?

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します10クリックすると元のサイズで表示します

11クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は、02年5月5日に、大井町の呉服屋さんに行った時に着用しました。

とても暑い日だったので日傘。

買う気マンマンでエルメスのトート持参。

でも買ったのは小物。

うこんの風呂敷と、たとう紙、ビーズ半襟等♪

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

1クリックすると元のサイズで表示します

帯は、生成り色の塩瀬帯で、紫の牡丹柄で葉っぱが白です。

★2は、02年5月8日に、着付け教室で締めて見た物です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

●@ABとも同じ帯です。

クリックすると元のサイズで表示します2@クリックすると元のサイズで表示しますAクリックすると元のサイズで表示しますB クリックすると元のサイズで表示します

丸帯ですが、夏の絽の染帯で、所々に刺繍がして有るものです。

引き抜きに結ぶので、とても柔らかい帯です。

柄が両面にあって、その外にもう1箇所上の方に有りました。

両面の柄は、「引きぬき結び」を結ぶ為と、上のほうは「二重太鼓」を締める為だと、ずいぶん頭をひねって考えてわかりました。

着付け教室で先生に伺って、3通りで締めて見ました。
このままでは実用的で無いと判断して、家で解いて洗って、2部式の帯に作り変えてしまいました。

残念ですが、一つの柄でしか結べなく成ってしまいました。

この画像は貴重な画像に成ってしまいました。


洗ったら、刺繍糸の色も落ちてしまったので、フランス刺繍の糸で少し刺繍を継ぎ足しました。

★3は、●1と同じ塩瀬の帯も締めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

★4は、02年5月15日に、初めて着物だけで北陸に旅行に行った時に着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

チャペルのレストランで

●帯

4クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は、昼夜帯で裏が朱色で、表が紺色の更紗柄です。

普通に締めると地味なので、裏の朱色を少し斜めに見せる様にして締めました♪

その代り帯締めを黒にして、引き算をして見ました。

半襟は折り返した朱色に合わせて見ました。

★5は、02年5月18日に実家で、母が娘達とお茶会に出掛けるのを楽しみに待っていてくれたので、三人で着物で出掛けました。

母は着物も帯も仕立て下ろし♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します
↑なんと先生は元小学校の先生でした。(麻○先生)ビックリ♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

5クリックすると元のサイズで表示します

帯は、良く締めている、生成り色の塩瀬帯で白と紫色のボタン柄です。

 クリックすると元のサイズで表示します←マッチャンとお茶♪
クリックすると元のサイズで表示します←お店で声を掛けられたら、随分と会って居ない従妹家族でした♪

★6は、02年6月15日に初めて日暮里でのオフ会に参加する。(1ヶ月振りに着用)

オフ会と言う意味さえ知らなかった頃です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

6クリックすると元のサイズで表示します

帯は、4と同じ昼夜帯の更紗柄。

★7は、02年6月18日に自由が丘の着付け教室で着用しました。

先生と一緒に写して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

帯は、博多献上の9寸名古屋で、角だしを結んでみる。

硬くて結びにくいです。

角だしは、柔らかい帯のほうが結び易いですね。

★8は、02年6月18日に、自由が丘の着付け教室で着用しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

8クリックすると元のサイズで表示します

帯は、母に貰った6寸帯で、橙と緑の幅広の3本の縞を1本折って締めて見ました。

★9は、2003年4月27日に、ブログの表紙の左上の、八芳園盛装オフの写真お披露目 で渋谷に。(10ヵ月ぶりの着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日は渋谷で、ニフティーの八芳園盛装オフの写真のお披露目で飲み会を兼ねて集まりました。

プロの写真家の方が写してくださった写真や、それぞれが写した写真を持寄り、それを肴に、美味しいお酒を頂きました。

皆さん本当にお着物が好きで、着ていらっしゃるんだなぁ〜と思いました。

久しぶりの夜のお出かけで、ちょっぴり嬉しかった。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します9クリックすると元のサイズで表示します

帯は、更紗柄の昼夜帯を角だしに締めて 見ました。

★10は、04年2月25日に小京都と言われている、城端町に行った時に着用しました。(1年8ヵ月ぶりに着用)

見せかけは袷に見えるので、真冬に絞りの羽織を羽織って着て見ました。
旅行にはとても便利にしている着物です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します←こちらの「きよべ呉服店」で格子の洋服生地で着物を仕立ててもらいました♪ 

●帯

9クリックすると元のサイズで表示します

帯は、格子柄の塩瀬の二部式名古屋帯です。

割りと何にでも合う、万能帯です♪
 

★11は、05年6月11日にKさんと銀座に出かけた時に着用しました。(1年4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯 

クリックすると元のサイズで表示します10クリックすると元のサイズで表示します

帯は、今まさに咲いている紫陽花の生紬の9寸名古屋帯です。

雨模様の時にどうしても着物で出掛けないといけないときには、ポリエステルの着物はとても重宝します。

旅行の時にも重宝しますね。

最近余り着ていなかったので、どんどん着て行こうと思う。(3年以上も)

それにしても02年は良く着ていた物です。

★12は、14年9月19日に、着物仲間と日本橋川のクルーズと工芸展鑑賞に出掛けました♪(何と何と8年3ヵ月振りの着用でした。)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します12クリックすると元のサイズで表示します

麻の帯は、生成り色地に、鳥の紅型模様です。

二部式帯に仕立て有ります。


2013/1/27

ポリの薄紫小紋着物1枚に帯6本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

薄紫色地に切りばめの江戸小紋柄。
八掛けは渋い小豆色。
着物問屋で既製品として購入したので、身丈が長い〜。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★1は03年3月18日に、Kさんからのお誘いで、初めての邦楽演奏会を聞きに国立劇場に行きました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出演された方々はいずれもお年を召した方ばかりで、凄いなぁと思いました。
浄瑠璃、長唄、小唄、お琴、三味線、・・・違いがよく分からなかった。
とほほほほ^_^;
義父は若い時から亡くなり前までずーっと長唄を、習っていたのに。
会場で0さん、Tさん、Hさんとお目にかかる。

雨がチラほらしてきたので、タクシーで帝国ホテルへ。
最上階でお茶にする。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します 

帯は生成り色地に、紫と白の牡丹柄の塩瀬名古屋帯です。

万能帯で、とても重宝しています。

★2は04年1月18日初めての初釜!体験♪ (9ヵ月振りの着用)

朝起きたら、空は真っ青の良い天気!
地面は濡れているけれど・・・時間には乾くと思う。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

昨日とは打って変わった良いお天気。
小和田雅子邸の斜向いお宅。

家の前では記念撮影の訪問着姿の3人連れ。
ココでもう、しまった!ドレスコードを間違えた・・・?
檜のがらり戸を開けて中に入ると、赤い大きな傘に椅子が2脚。

クリックすると元のサイズで表示します

お出迎えをの方も色無地に袋帯。
羽織をぬいて、中二階の6畳程の洋間で、桜湯を頂く。
そこには、十二支に寿と書いた掛け軸に椿の花が生けられていた。

先客が呼ばれて下に下りて行く。
次の客は洋服姿の、母と婿さん。
娘さんがお手前をなさるそう。

3人で呼ばれて、下の日本間に(10畳で床の間付き)紺色の毛氈が引いてあった。
私が正客?の席に付いた。
しず〜しずと、一人分のお料理が、輪島塗りの金で蒔絵がしてある、時代物の盆に、白木の半月の台に、猿蟹合戦に見たてた、お料理が運ばれて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本間には私と、お手前をする方のお母様と、婿さんの3人だけ。
誰も作法が分からない。

左下の朱塗りの皿をお取り皿だと思って、お料理を頂いていたら、何と!、
鉄瓶?にお酒も持って見えられた・・・・
朱塗りの皿は杯だったのです。(ガーン!)
慌てて拭いて、お酒を注いで頂く。
杯の形をしていたら、幾らなんでも間違わなかったと思うのですが、
何しろ、皿だったので。。。。
甘くて飲みやすいお酒(梅酒?)でした。

輪島塗りのこれまた、大きな椀で、綺麗な蒔絵に金粉の散らしてある椀に、お雑煮が運ばれてきた。
草餅にすり身の蒸し物も入って、とても上品なお味。

後から男性と洋服の若い人と、年配のいかにもお茶をしている感じの、3人連れの方が入っていらっしゃった。
(最初からべちゃくちゃと着物に紋が入っていないと、どうのこうのと、うるさい)
みなさん、朱塗りの皿が杯だと誰も知らなかった。

その後に花びら餅を頂いて、広縁から、お庭に草鞋を履いて、池を渡って、お茶室に。
茶室は4.5畳で、炉の釜から湯気がなびいている。
お手前をされる、娘と同い年の同席の娘さん(新婚さん)である。

お菓子は月に猿と見たてた、白いお月さんのような物と、猿の字の飴細工でした。

最初のお手前は、お濃茶。(一保堂)
何十年振りに頂いた。
どろっとして、3口でほんの少ししか頂けなかった。

そのあとお薄を頂いて、いろいろお道具の事、お茶席の事を話してくださった。
初めての初釜体験。
準備をするのが大変だったでしょうと思うし、お道具の素晴らしさ。
お薄のお茶碗は古いベトナム製の浅い茶碗とデンマーク製の丸っこい浅い茶碗でした。
両方ともお家元のお書き付けがあるそうな。

心引き締まる、半日でした。

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します 

帯はクロスステッチ生地のような生成り色の地に、銀糸で花が織り込んである、お太鼓柄の名古屋帯です。

●羽織 

クリックすると元のサイズで表示します 

羽織は黒地の緞子地に、蝋叩きに竹に雪が積っているような刺繍がして有ります。

仕立て直す前なので、裄も丈も短い〜〜です。

★3は05年10月22日、20年来の友人Sさんと西新宿の会員制のレストランでステーキを頂いた。(1年9ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯は薄いピンクがかった紫色地に、白と紫の花で大きな葉の塩瀬名古屋帯です。 

★4は、06年11月12日にKさんと一緒に銀座の一穂堂サロンで「浦野理一・範雄・きもの&帯展」を見に行ったときに着用しました。(1年1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します 
 
●帯

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します
 
帯は黒地に、紅葉柄の絞りの名古屋帯です。

今までは白地の帯や、帯に紫色が入っている帯を締めていましたが、今回黒地の帯にして見たたら、合うではないですか♪

色んな帯に挑戦してみなくちゃね。

★5は07年5月25日にEさんに誘われて八芳園でのマナー講座に行ってきました。(6ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します 

帯は白地に牡丹が描かれている、塩瀬の名古屋帯です。

★6は、13年1月24日に何時もの仲間との新年会を、銀座で行いました。(何と!5年8ヵ月振りの着用でした。)

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

またまた頭でっかちに写ってしまいました・・・・

下の方から、写したので首が詰まって見えるし、難しいわね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

天気予報では、午後から雪?と言っていたので、新年会なのにポリに袖を通してしまいました・・・

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お気に入りの、白地に唐織で、柿色と紫色のお花柄の袋帯。

Kさんから、バザーで譲っていただいたもの。

●コート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

去年からこのコートばかり着ていますが、振りから風が入らないので暖かいです。

黒のカシミヤのロングコートで、襟には黒く染めたブルーフォックスが取り外し出来ます。


2013/1/21

ポリエステルの小紋に帯四本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は暮れに購入したばかりの、雨仕様のポリエステル着物の小紋柄。
縮緬風の風合いで、ちょっと言われないとポリエステルと分からないかも?の小紋。
八掛けもピッタリの色合い。
薄い抹茶色地に白で椿柄。
一目見て気に入りました♪(持っているお茶碗の柄ととても似ていたからかもしれない)
此れからの雨には重宝しそうです。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は06年1月14日にde銀座に着て行きました♪その前にNさんと加賀屋でお食事をしました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帯はお正月にとても重宝した、オフホワイト地に金糸の松柄の本爪綴れの名古屋帯。
季節ものは余り持っていないのですが、その季節に何度も着用すれば、季節限定で無いものよりは、着用回数が多いと思います。
この帯はお正月に下してから、冬に今日で何度締めた事か?

●コート

クリックすると元のサイズで表示します

コートは此れもポリエステルの物。
薄紫色地に小さな桜が斜めに流れる様に飛んでいる道中着。
裄も丈もピッタリ♪
ちょっと派手かも?
私にしては、とても珍しい柄と柄の組み合わせ。

濃い茶色のミンクの襟巻きを、衿に添わせて着用。
(コートに最初から付いているの?と聞かれるほどなじんでいた。)

★2は06年5月14日に品川パシフィックホテルにWさんとAさんとNさんの四人で、行った時に着用しました♪(4ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

帯は浦野の帯(経糸にしぼが特徴)で薄い卵色の無地紬名古屋帯です。
無地の帯は、使って見て、とても重宝する帯だと思いました。

●長羽織

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

長羽織は亡き父の残して行った、変わり絽の男羽織を、自分で女物用に振りをつけて着ています。
背には薔薇と蝶の縮緬の押絵のブローチをアクセントに付けています♪

絽や紗の羽織や道行・道中着は着る期間が短いので、精一杯着ようと思っていましたが、着る回数少なかったです。
でも人が着ているのを見ると、とても涼しげでよい物ですね。

★3は06年12月2日に韓国ドラマのオフ会に参加した時に着用しました。(6ヵ月振りに着用)
いつもの6人にAさんが初参加♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯は黄色の無地縮緬名古屋帯の額縁仕立て。(締めにくい〜)

●道行

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

道行は緑地に雪輪柄の赤く見えるのが、漆で、緑の柄は切りビロードです。
衿は千代田衿。

★4は07年11月10日に新橋から新宿(韓国ドラマのオフ会)に行った時に着用しました。(11ヵ月振りに着用)
あらら、今書き込んで気が付きました。
韓国ドラマのオフ会に同じ着物を着て参加していた・・・・(無意識に飲むから汚れても良いように、ポリを選んだのかも)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帯が緑と黒の糸で織られた八寸名古屋帯。
開き仕立て。
全通なので、柄を気にしなくて良いので、楽です。

●道行

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ポリエステルのLサイズの長道行き。
桜が舞っている柄で、お天気の悪い時に重宝します。

Mサイズの既製品ですが、着れます。
Lサイズだったら良かったのに無かった。

★5は、13年1月19日に同級会の新年会に着て行きました(5年2ヵ月振りに着用)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

今日の装いは、八掛けの色と、帯揚げ、バック、腰飾りの匂い袋を合わせて見ました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

生成り色に、金の松柄の、本綴れ織りの名古屋帯です。

お目出度い帯なので、新年に締める事が多いですね。

●コート

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

黒のカシミヤのロングコートです。
振りが無いので、暖かいです。

襟には、取り外せる、黒のブルーホックスが付いています。


2008/11/13

●水色格子ウールに帯3本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します

着物を着始めたばかりの頃に着ていた、母のウール。
とても柔らかくて着易いのですが、何しろ短いのです。
良く着ていた様で、所々にシミが目立ちました。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
 
★1は02年4月6日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します←チャーリーがべったり♪

着付けも下手で、衿が被ってきています。
デジカメを買って、良く分らないのに、写し始めた頃です。

●帯は以前着物を着ていたときに、伊勢丹で自分で選んで買った昼夜帯です。
裏は綺麗な朱色。
表は紺地に白の更紗柄に、朱の花が所々にある柄。
上を少し折り返して締めると華やかに成ります。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年1月10日に、家で着ていました。(9ヵ月振りの着用)
新年から毎日10日連続で着物を着ていた、10日目の着用。
シミが目だったので、洗濯機で洗って見ました。
縮んでもっと柔らかくと言うか、腰が無くなってしまいました・・・クタクタ。
とほほほ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は2枚に切っただけの、とても短い2部式名古屋帯。(紐も付けない)
お太鼓部分は、二重太鼓の様にお太鼓部分に枕を置いて、お太鼓を作る。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

○羽織も母からの物で、丈を近所の悉皆やさんでめいっぱい出して貰いました。(6000円)
白地に濃青で墨流しのような柄。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★3は03年11月23日に家で着用していました。(10ヵ月振りの着用)

クリックすると元のサイズで表示します 
 
今日は朝起きて直ぐに着物を着ました。
土日だけ朝食を食べるのだが、その時に悉皆やさんから、電話で、お嫁さんの色無地の染み抜きと、ガード加工が出来たとの事で、早速取りに伺う。
お天気は良いのに、風が吹いていて、とても寒いので、初めて毛皮のマフラーをして行く。
(娘はお正月みたいよ→正月に初詣に行った時にしていたので)

悉皆やさんの玄関には、「新春浅草歌舞伎」のパンフが置いてある。
獅童さんのお母さんが、お得意さんなのです。
私の初歌舞伎は去年の、「新春浅草歌舞伎」だった。
「今年納めの物は12月7日まで」と書いてあった。
もう今年もお終いか。
早い一年だったなァ〜
一度も袖お通していない(勿体無くて)色大島→袖丈1尺6寸を持って、ガードをお願いした。
これで安心して着れると思う。

帰りに八百屋で買い物。
ご主人から毎日着物なの?と聞かれ、「ええ」と言ってしまう。
明日も着るから、まあ良いヵ

●帯も母から貰った物だが、気に入らなかったので、ずーっと仕舞ってあった。でもこのウールには合うのではないかと、締めて見ました。
ピッタリな感じ。

3クリックすると元のサイズで表示します

長羽織は知人からの頂き物。(フリース風の着物とアンサンブル物)
撫松庵の「うきうき兎」のアンサンブルの物。
男物の仕立てで、振りが無く風が入らなので暖かい。
黒地に深緑の竹が縞の様に成っていて、兎が遊んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します 

◎ココで最後の着用。
腰骨で強く締めても着難いので、この着物は処分してしまった。
今思えば、処分しないで、雨コートにすれば良かったかも?
あるいは上身頃を、上っ張りすれば良かったかも?


最後まで全うさせて上げられなかった・・・


2008/11/12

●母のシャリ感の有るウールに帯3本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物は母の着ていた塩沢のような、しゃり感のあるウール。
白地に金茶と橙と深緑で、幾何学模様のような柄。
気に入って着てた様で、所々にシミが付いているが、普段着だし着ていれば分からないと思う。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は02年12月8日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

冬はやっぱり着物のほうが暖かいです♪
母のウールの袖の短さ!(袖丈短いし元禄袖で裄も短い)
でも家事をするには短い方が便利かも?(負け惜しみ?)

●帯は煉瓦色の半幅帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

緑の真田紐に縮緬細工(自作)の椿帯留をする。
ナイロンの緑色の足袋は、履きやすくて楽。

★2は03年11月21日家で着ていました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

19日も20日も着物で出掛ける筈だったのに。
だから、今日は普段着を着て見る事にした。
何処かに出かける訳でなしのに、なんか無性に着たくなる。

家にチャーリーしか居ないのに。
主人がゴルフから帰ってきて、写真を写してもらう。
割烹着で食事の用意。
なんかうきうき。

●帯は近所の呉服屋の女将の物を譲ってもらった、紺地に小豆色と黄色の縦縞柄の織り8寸名古屋を、2本に切ってある物。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

胴の方はぐるぐる2回り巻いて、ピンで押さえて、残りを手先にする。
(紐は両方ともに付いていない)
お太鼓の部分が良く分からない?
普通にお太鼓で背に付けるが、お太鼓部分が長すぎて、お太鼓に折り皺が付く。
ああでもない、こうでもないと色々遣って見て、2重太鼓に出来るではないか。
単の帯なので、ぎりぎり名古屋なのに2重太鼓が出来た。
折り皺は中に入って、見えない。

この様に2本に切った帯が3本(紐ナシで)在る。
3本ともそれぞれ切った長さが違うので、色々考えながら、締める楽しみが在る。
呉服屋の女将さんは勿論、毎日仕事着にして締めていた様だから、
簡単に締められる様に工夫をしたのだろうと思うと、考えるのが楽しい♪

1本の帯はどうしても分からなくて、「きものくらぶ」さんに質問をして、
うまこさんに回答していただいた。
なんか帯って、考えると如何様にでも締められるんだなぁと思った。

★3は04年3月22日家で着ていました。(4ヵ月振りの着用)
下にグレーのタートルネックのセーターを着て。

クリックすると元のサイズで表示します←加工した画像しか保存されていなかった。

朝からとても寒いです。
予報では雪との事。
こんな日には、家に居る時には着物が暖かで良いですね。
ほっかほか♪

お台場で買った、綿入れ半纏は夫も私も大のお気に入り。
いつも洋服の上から着ているけれど、着物の上の方がピッタリなはず。

朝一番で又、美容院に行く。
今日はまつげパーマ。
若い人で、着物を着て、雨コート姿に雨下駄のお客さんが、髪をアップにする為に来られた。
雨コートの下から4cm程着物が見える。(雨コートが短い・・・)
初対面ながら、「着物の裾をまくって紐で結んで着たらいかがですか?」と声を掛けてしまった。
若いのに渋い付け下げに佐賀錦の袋帯。
良〜く見るとしつけがそのまま
母親に着付けて貰ったと言うが・・・・オイオイ

●帯は朱色地に黒の薔薇が規則正しく格子の様に。
半纏は小豆色地に白の絣が斜めに入って、襟は黒の別珍。
チャーリーを抱いて。

2008/10/25

●モスの更紗柄に帯七本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

モスの着物で、初めて自分で選んで仕立ててもらった着物。
30数年前に着付け教室に通っている頃に。
薄くて着易いが真冬には、ちと寒い〜
ごちゃごちゃとしたパッチワークのような更紗柄。
白っぽく見えるが紺色っぽいです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

★1は02年10月9日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は珍しい6寸帯。
半幅より広く、8寸より狭いので、自分の丈に合わせて、幅の調節が出きる博多の単帯で、母から貰った物です。

2寸巾が緑で、4寸巾が朱色なので、二寸ずつ出るようにして締めています。
半襟を朱色にして、帯の朱色とを合わせて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年2月1日にMさんのオフ会で町田天満宮に行った時に着用しました。(4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

骨董市なので、汚れても良いようにウールを着てきたら、これは薄手で、ひらひらと寒かった。
凄いお店が出ていて、最初は戸惑う。
慣れていないので、どう見ていいのやら、焦ってしまう。
買ったものは、藍染のお店で、新品の藍染めワンピース風エプロン(此れは今も重宝しています)に、半幅と名古屋帯ですが、帯は気にいって買ったわけではなく、此処まで来たのだから、何か買わなくっちゃと言う感じで買ってしまったものです。

●帯は金茶色の博多献上帯で2部式。
普段に締めるには2部式は気楽で楽〜

半襟の緑色と、帯締めの緑を揃えてみました。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は04年1月13日に家で着ていました。(11ヵ月振りで着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

昨晩木村拓哉の「プライド」を見ました。
息子1が大学4年間と、就職して子供たちにアイスホッケーを教えていたので、絶対に見ようと思っていました。

試合の迫力は凄いと思います。
氷の上の格闘技と言われるだけあって、怪我が絶えないスポーツです。
(息子もエッジで喉を真横に切った事がありました)
華やかに見えるが、実際は、夜中にスケートリンクを借り切っての練習なので、殆どが夜中の練習です。
それも、毎回違うリンクで。
なので、車は必要です。

練習から帰ってくるまで心配で心配で熟睡できなかった。
必ず帰ったら、声を掛けるように言っていました。
仲間で、疲れて眠くて、ガードレールに父親の新車をぶつけた者もいたっけ。

毎年夏の合宿には帯広に凄い荷物(防具が半端ではない)を持って出かけて行きました。
お土産は必ず六華亭の詰め合わせだったのを、楽しみにしていました。

よく東伏見や新横浜のスケートリンクに応援に出かけました。
ホカロンやひざ掛け、手袋、ダウンジャケット着用で。

6人の仲間は、最後の一人が今春結婚で、生涯の友。
アイスホッケー体型の人は一人も居なかったが、2部リーグでした。
これからのドラマ、息子の事を思い出しながら毎回見ようと思います。
又見るドラマが増えた。(笑)


●帯はオレンジ色の無地の塩瀬の2部式帯。
寒かったので桃色の別珍の足袋に黒地に赤い柄の羽織で。

3クリックすると元のサイズで表示します

○羽織は嫁入りの時の物。
裄が短いです。
(昔は普通寸法で仕立てていたようですね)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★4は04年11月2日お天気が良かったのお布団を干して冬支度をしました。(10ヵ月振りに着用)

4クリックすると元のサイズで表示します

●帯は白地で傘で裏が紺地に麻の葉柄。
裏で変わり結びを締めた。
家で着ていたので、後姿しか写さなかった・・・・

★5は05年1月24日に美容院と郵便局に行った時に着用しました。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は2部式で、お太鼓の柄が良く見えないが鳳凰の様に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

★6は05年10月30日に家で着用する。(9ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は木綿で、太めで長めの半巾帯です。
変わり結びが色々出来る長さです。
裏は黒無地で表は黒地に水色の芍薬。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は06年11月29日に家で着ていたもの。(1年10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯はKさんから、バザーで購入した物。
二部式です。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します



2年間着ていません。
これからの時期、お家着物が楽な季節に成りました。


2008/10/24

●大島風柄のウールに帯六本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

結婚して初めて着付を習っている20代の時に、近所の仕立て屋さんで仕立てて貰った大島風のウールの着物です。
ウールなのに広衿で、おまけに裏襟が新モスなので、襟元が厚ぼったくなって上手く納まらない。

持っている物が赤い物ばかりだった反動か?その年代には地味な物を選んだと、今でも思っています。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は03年1月8日に家で着用していました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

着物が地味なので、半襟を帯に合わせて、朱色にして見ました。

●帯は朱色地で紋意匠の地に、壷柄の名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年10月17日に新しい無料着付け教室に初めて行った日に着用。(9ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

無料着付け教室に行って見ると、もう5人は着付けを始めている。
どうして???
今日は最初の日で、オリエンテーションなのに?
質問魔なので聞いてみると、上級生と同じ時間に平行してやっているそうな。
(そんな〜こんなの初めて・・・)
初心者(私も入れて)は4人。
今日行ったのは、「○都きもの○及振興会」。
鵜の木本部が在るそうな。

案の定4回目と8回目に「着物と帯の知識講習」「着物と帯の見学会」が有りました。
説明ではそこの部分を、さらっと流すので、質問しました。(他の人も)
「場所は何処ですか?」
「どんな所ですか?」
「着物と帯を買わされるのですか?」
答えは、
「どうしても欲しいと思われたら、お譲りすることは出来ます」だって!
今回の無料着付け教室と、以前と無料着付け教室の違うのは、最後のメーンイベントの「修了式と着物パーティー」に出席しない人は着付け教室に参加できないと。 
2回目から毎回修了式のための参加費10000円を1000円づつ集めると言うのです。 (無料とうたっているのに)
途中で止めても一切その代金は返さないと・・・
だから私は今日で辞めました。
しっかり事務費の1000円は支払ってきました。

名古屋帯の結び方が、1回しかないんです。
あとは全部二重太鼓。

カリキュラムで質問をしたのは、「どうして、普段締めるのは名古屋帯なのに1回しか教えないのですか?」
答えは、「皆さん普段にはお召しにならないで、入学式とか、結婚式とかパーティーとかにお召しに成るので、それにしゃれ袋帯とかありますでしょう」だって!
(そんな所に出かける予定はありません)
だから、着物離れになるというのが、分かってないのでしょうか???
私は普段に着たいのです。
出来あがりは同じでも、着方って、色々在るので、いろんな着方をわかって、自分に一番着やすい着方で、着たいと思っていたから、向上心?で参加を申し込んだのに・・・・

●帯は木綿のしっかりとした地の名古屋帯です。
これは嫁入りの時の帯です。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

後姿の画像は小さな此れしか残っていなかった・・・・

★3は03年12月6日に着用。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

草履メーカーの年に一度のバーゲンに行くオフ会に参加♪
降水確率50%で、急遽ウール着物で出かける事にした。
浅草に着いて見ると着物はOちゃんと二人。
TさんとBさんはお洋服。
地図を見ながら、会場に行く。
去年買った、畳表の鼻緒をきつく締めてもらって、替えゴムを10足分買っただけ。
めうがやさんに寄って、ランチは去年と同じ、うな鉄でひつまぶしを頂く。

次は歌舞伎座に出店してる黒田商店に歌舞伎座で整理券を頂いて、4人で中に入れて頂く。
Bさんが、素敵な(趣味がとても似ている)草履を求められた。
何にでも合いそうで、良いなぁ〜。

「銀座もとじ」で、大島のアンケートに答えて、「しま亀」へ。
「風月堂」で、玉露茶に和菓子で一服して、「とみや」てとても可愛い兎の羽裏を見つけて、購入。
(墨色の真綿結城紬のアンサンブルの、羽織の羽裏に丁度合うと思って)

久しぶりのオフ会で、和気藹々と、とても楽しい時を過ごして、充実した一日だった。
Oちゃんとは久しぶりだった。

●帯は抽象的な赤いざっくりとした織りの名古屋帯。
これも嫁入りの時の物。
何故こんな帯をと思うが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

○羽織はシルバーグレーに細い縦長の菱型柄の物。

★4は04年2月2日に家で着用。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

余りに寒かったので、お昼からお風呂に入り、着物に着替えた。
家に居る時には、やっぱりウール。

先日買った綿入れ半纏を着て、炊事。
筒袖なので、そのまま家事が出来て、暖かくて便利。
洋服の上に着ていたのだが、やっぱり着物の上に着たほうが似合う。

お〜お〜いかり肩・・・どうしても肩で取られてしまうので、裄が短くなって困る。
私は普段でも補正をします。
胴に巻く物(白く網目のような夏冬兼用の伊達締めの幅広の物)と、腰布団

●帯は博多の半幅帯を締めていますが、ぐずぐずに・・・・なっている。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します

★5は05年1月21日に家で着用していました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は白地に 四角い柄。
お太鼓の柄がそのまま前帯に成っているので、半分に折って、両面違う柄で使える便利な二部式帯♪

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

▲羽織は母からの貰い物で、裄も羽織丈も直してもらってもこの程度♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

★6は06年11月26日に韓国ドラマ「新貴公子」を愛犬仲間のTさんに貸し、お喋りする。(1年10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は木綿の浮世絵柄の二部式帯。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


○羽織は桃色の総絞りの中丈羽織。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



二年間着ていませんね。

2008/10/22

●頂き物のフリース風着物に帯2本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これからの時期には重宝する着物です。

ある着物のサイトで、「Lサイズのポリエステル浴衣を差し上げます♪ 」
それもタダで!と言う掲示板を見て、「はーい」と申し込んだら、本当に頂けました。

それも単衣で暖かい♪珍しい着物(薄い〜フリースのような生地)と羽織のアンサンブルと、帯(名古屋を半幅に直したもの)撫松庵のうそつき、めうがやの柄足袋、蟹さんのハンカチ等。
ありがとうございました。
早速着てみました。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は03年4月21日に家で着て見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は名古屋を半巾に直した物なので、長くて6通柄なので、ちょっと結ぶのが難しかったけれど、何とかお文庫に結べました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

着物と羽織は「うきうき兎」と言うブランドで、撫松庵の物でした。
柄は竹に兎さんでした。
竹の葉から兎が顔を出しているもの。

ありがとうございました♪

★2は04年11月1日に家で着ていました。(1年7ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は1と同じものです。

クリックすると元のサイズで表示します

※Wさんの帯結びを参考にして結んで見ました。
長い半幅でないと結べないので、この帯は名古屋帯を半幅に仕立て直した物。

だから3.6mの長尺があるのですが、全通でなくて6通柄なので、柄が無い所も有るので、ちょっと結びずらかった。
柄を無視すれば良いのだが・・・

★3は05年1月30日に家で着ていました。(2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は金茶色の二部式博多献上。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

家で着ている着物では、電車には乗らないと思います。
補正も必要最小限で、ささっと着ます。
勿論根付けも、帯留めも殆どしないし、扇子もささない。

家事をするには割烹着が一番便利ですね。
昨日はもじり(ひっぱり?)を着て家事をしていたのですが、長いエプロンをしないと前身頃が汚れるので、もじりも「シルクウール」なので、汚したくないので、やっぱり長尺の割烹着が一番だと思いました。

2008/10/20

●最初に着たウールに帯6本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

母の着ていた、厚ぼったいウールの着物。
いかにもウール!って生地です。
裄が短くて短くて、いつか直そうと思って着ていました。
最近長くして着ています♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

★1は02年3月2日に30年振りくらいで、家で着物を着て見ました

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

母から貰った紺地に四角い柄のウール を最初に着て見ました。
(いかにもウールと言う厚みにある物)

私はズーッと着物を着ない生活をしていましたが、妹は時々節目で着物を着ていました。

母は昔は良く着物を着ていましたし、沢山の着物を持っています。
冬になると殆んど着物の生活でした♪
でも今は殆ど着ていない生活をしています。

ならばと妹が車で実家に、母がもう絶対に着ない(母には若すぎて)であろう着物を貰って来ました。
私も着物を着たくなったので、妹に「一人占めは無いんじゃないの?」と、妹から、お裾分けをしてもらいました。

直ぐに、どかーんと大きなダンボールが何個か届きました♪
中からは、いろんな着物や襦袢や帯が出て来ました。
私の嫁入り箪笥は二階の息子の部屋で、前にTVが置いてあって、開かずの扉。

最初はこの貰った着物から着始めました。
01年の秋頃から、無性に着物が着たいと思い出し、無料着付け教室に2ヵ所抽選の葉書を出しましたが、両方とも落選!

再度春になって今度は2ヵ所とも当選、勿体無いので、両方を掛け持ちで、入学する事にしました。

●帯も母からの博多織の格子柄の名古屋帯を締めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します
 
何かぎこちない。
襟も綺麗に抜けていないし・・・
此れから回を重ねて、しっとりと着れるようになれるかな?

着物を着はじめた時にデジカメを買ったので、、最初に写した記念すべき着物姿の画像です。
PCからはみ出すような大きな画像を縮小したので、怖い顔になっちゃった・・・
夜だったので、暗くて明るくしています。

クリックすると元のサイズで表示します

着物を着るにはまず半襟からとチクチクしています。

★2は02年3月28日に家で着てみました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

●帯は持たせて貰った、唯一の付け帯で簡単に締められます。
胴に巻いて、紐を締めます。
お太鼓が出来ていますから、お太鼓と帯揚げ、帯締めを締めるだけです。
見た目、全く分からないのは良いのだけれど、収納にかさばるのが一番の欠点
(お太鼓が潰れないように、プラスチックの型がはさんであります)

2クリックすると元のサイズで表示します 

○羽織も母のもの。
この羽織は、裄と丈を直してもらって、もう少しゆったりと最近は羽織っています♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

★3は03年1月17日に家で着物を着て過ごしたいます。(10ヵ月振りに着用)
すっぴんで見苦しいので・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は昔の帯。
芯がクタッとしてお太鼓がおかしい。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

生成り色地に刺繍で牡丹に桜と鶯。
なんか写す角度がおかしくて、腰周りが太く見えるし、襟が浮いています・・・

★4は05年1月22日に家で着ています。(2年振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は短かったので、切って2部式に作り直したもの。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します←すっぴんで見苦しいので

袖口が寒いので、毛糸のアームカバーをする。
とても暖かい〜〜

○羽織は、二部式襦袢にする為に購入したので、小さかったけど羽織ってみただけです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

裄を直す
先日の母のウールは裄が1尺7寸しかなくて、腕がにょっきり出ます。
縫い代を良く見ると、あと1寸出るので、早速直す事にして、袖を外して、アイロンで縫い代を押さえました。
単衣なら自分で直せるので、取り掛かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

反物から仕立てる時には、裄は1尺8寸5分にしています。
でも1尺8寸は許容範囲なので、縫い代があって、本当に良かったです。
昔仕立てた物は、反物自体が短かったので、1尺7寸5分〜8分にしかならなかった。

★5は05年1月26日に裄を直して着て見る♪(4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私は寸法で一番気になるのが、裄が短い物。
にょきっと出た腕は気になるので、裄が合って、初めて自分の着物に成った気がする。

●帯は香港で買ってきた、チャイナ−ドレス用の生地で仕立てた両面使いの2部式帯。

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

★6は05年10月11日に家で着ていました。(9ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

●帯は半幅にしてはちょっと幅広の、金茶色の琉球柄の博多の小袋帯。
半幅は簡単で背中が楽です。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

★7は06年1月5日に家で着ていました。(3ヵ月振りで着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は2部式の博多献上帯。

クリックすると元のサイズで表示します6クリックすると元のサイズで表示します

小さく折って保管していたので・・・・お太鼓の真ん中にクッキリと折り目が・・・・


3年弱着ていませんね。

2008/10/14

●矢絣ウールの袷に帯3本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します 

着物は家政科の和裁の時間に、ウールで仕立てた袷着物です。
(凄く細かい針目で縫ってました・・・)
練習用なので、八掛けは、小豆色のモスリン。
胴裏はベンベルグ。
柄は細かい矢絣です。
(もしかして自分で洗えるのかなァ?と、思ってみるが、まだ洗った事が無いのですよ。)

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

★1は03年1月4日に家で着用してました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日今年になって初めてのお出かけです(徒歩で)
いつも着物で出かけると喜んでくれる店主のお店に、ちょっと寄る。
お店のオーナーに写して貰いました。
(いつでも何処でもデジカメ持参)

クリックすると元のサイズで表示します

●帯は豆千代さんで買った、黒地の綸子に白でヤツデ柄の絞り。
半襟と帯揚げを、抹茶に揃えました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年12月25日に家で着ていました。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今年ゴミの最終日でゴミだしして、犬の散歩で、可愛い近所のワンちゃんと合い、赤ちゃんを産んだばかりだと聞いて、お宅まで見せて貰いに行きました。
足元が寒いので、桃色の別珍の足袋を履く。

●帯は表が格子柄の大判の風呂敷で、裏は絞りの帯用の古布で、カクマさんで2部式帯に、仕立てて貰った物です。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は04年3月21日に家で着ていました。(3ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

写している時は、まさか自分がブログを書くなんて思ってもいなかったので、元の画像を保存していなくて、加工した物(それもピンボケ)しか残っていなかった・・・

●帯は真楽の取替えオフで、お安く譲って頂いた半幅で、鱗柄に牡丹と小菊柄のモスの帯です。
虫食いがありましたが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今日は二人だけ。
ゆっくり起きて、朝食。
2日連続のお出かけ、ちょっと疲れました。
夫も昨日の雨の中のゴルフでお疲れ?
2週間ぶりのエステ。
マッサージ椅子に横たわり、 リラックスして、至極の時間。
挽きたてのコーヒーをご馳走になりながら、ホッとする。

帰ってから、何処に行くわけでもないけれど、気楽に着物を着ると、夫も「おやっ♪」と喜んでくれる。
半幅を私は、お出かけにはほとんど締める事は無いので、家に居る時に半幅は、とても簡単で楽。

この上に先日のもんぺをはくと、ちょっと見が女学生???(笑)
この格好にエプロンして、完全防備で今から夕飯の支度です。

★05年1月16日に家で着ていました。(10ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します

今日着ているもじり(上っ張り)は、胴裏までの長さで切って、袖の振り10cmくらいの所で、元禄袖にして、袖口にゴムを入れて、紐を付けただけ。

ウールの単衣なので、水もはじくし、洗おうと思えば洗えるので、便利にしています。
家でしか着ないですが、暖かいです。


前に着ていた母のウールを、捨てなければ良かった。
その時には何も考えなかったけれど、このようにして上っ張りが出来たのです♪
惜しかった。


この着物も4年弱着ていません。
もう着れないんでしょね。

2008/10/13

●赤い花柄の江戸小紋柄のウールに帯三本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

江戸小紋柄のウールで結婚前に和裁を習って居る時に、自分で仕立てた物です。
着るのがちょっと恥ずかしい位に若い柄です・・・・
家に居る時に着ているから良いかしら?と着て見ました。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は03年11月22日に家で着用しています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私は何時も「あと何10年着られるかしら?」と言って、着物を着ています。
なので、夏はあと15回位?
と言う事は春も、秋も、冬も。

最近(03年)右腕が左に比べて後に上げると痛い。
なので、前で結んで後に回したり、2部式の帯を締めたり、「切らない作り帯」で帯を結んでいる。
(なんか年寄りくさいなぁ〜)

これまでは子育てに夢中で、今みたいに色んな所に出掛けた事が無かった。
この反動か、皆から「良く出かけているわねぇ。」と言われる。
やっと子供達も独立?(仕事を持って)して、これからは好きな事が出来ると。
親に用意してもらった着物があるので、「これから着ないとどうするのよ」と、
声が聞こえる?ような気がして、着始めた。
こんなに嵌るとは思っても居なかった。
やはりネットは凄い物だわ〜。

今は母も何とか、大丈夫なので、好きな事が出来る幸せをかみ締めている。

あと15年無いかも知れないけれど、今の自由に感謝しながら、好きな着物を着ていこうと思う。

●帯は黒しゅすに 黄色い紅葉と白い菊と屋形船?が刺繍されている古い帯です。
普通に締めると、ビリっと成ったので、潔く2枚に切って、締めています。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は05年1月9日に着用していました。(1年2ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●帯は母から貰った、博多の6寸巾のひとえの帯。(今では珍しい物らしい)

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

(良く締めたあとがある)
赤と白と緑の三色で織られている物を、白と緑を出して、 お文庫に締めています。

★3は06年2月13日に家で着用。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は香港で購入した、チャイナ−ドレス生地で仕立てた両面使いの二部式帯です。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

裏は艶の有る金茶色地です。
締めているのは、艶の有る抹茶色地に梅柄です。(和風の柄が何故か多い)

半衿も、帯揚げも、帯締めも、帯も、襦袢も、緑に統一して見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

外には着て行けないわね〜
せめて上に何かを羽織って、愛犬の散歩ぐらいは良いかしら?ね〜


3年弱着ていない。

2008/2/3

祖母のモスの着物に帯三本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最近は家で着物を着ていなかったので、着たくなって、久しぶりに祖母が良で着ていた、(着ているのを覚えている)モスの袷で八掛けもモスの着物に袖を通してみた♪

祖母は昔の人にしては大柄で、祖母に私がとても、似ていると言われた。
サイズも合うので、もっと前に着物を着出していたら、(普段から着物の姿のほうが多かった祖母だったので)貰えてたかも知れないのに、とても残念だなァ〜

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★1は03年1月3日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日は父方の祖母が着ていたモスリンの袷に半幅で過ごしました。
半幅は、余り締めないけれども、お太鼓枕をしないせいか、とても楽である。
やはり日常に着物を着るには半幅が良い。
帯締めはするほうが、しっかり締まって良いし、前から見たときにキチット見えるのが良いです。

祖母から母に、母から私にと譲り受けてきた普段着着物です。

●帯は呉服屋で買ったばかりの、博多の小袋帯。
お出かけにも立派に通用する帯です。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は04年3月16日に近所にお買い物に行った時に着用しました。(1年と2ヵ月振り)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

祖母から私の所に遣ってきた着物は、大柄の泥大島とこの着物とキラキラのお召だけ。
子供の頃から祖母が着物を着た後の着物を、良く畳まされていたので、小さい時から着物を畳むことは出来ていた。
祖母は布団を作るのが好きだったので、母と一緒に手伝わされた事も思い出す。

着物って良いなぁ〜
着ているだけで祖母の事を色々思い出す。

それにしても、あれだけの素晴らしい着物たちは・・・・・惜しいなァ〜

●帯は今日が初下しの茶色地に白の刺し子を矢の字に結ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

○羽織は黒地に十字絞りの長羽織。
羽織紐はベネチァンガラスのブレスレットから。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

愛犬を連れて、お買い物に。
着物を着て、お散歩はちょっと目立つ。
堂々として、洋服の時と同じ風に、着物が大好きなパン屋さんの女将さんとちょっとお喋り。

★3は08年1月 日に家で着用しました。(3年と10ヵ月振りに着用しました)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯はUSAコットンの歌舞伎柄の二部式帯です。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

着姿も以前と比べると、随分すっきり着られるように成って来た♪
冬の普段着には、モスの着物は、暖かくてピッタリです。

2007/4/12

ポリの桜柄の着物一枚に帯三本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この着物は雨用に準備したポリエステルの着物。
ネットで購入したので、思っているのとは、ちょっとな感じでしたが、雨や普段に着る分には良いかなァと思って居ます。
黒地に桜の花びらが舞っている柄で、ぼーっと白い雪輪柄も出ています。
表面がざらざら(一応縮緬風のつもり?)しています。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します
4クリックすると元のサイズで表示します 


★1は03年2月20日に家で着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は桜の花びらと同色の、白味がかった朱の無地塩瀬の2部式を、角だし風に結んで見ました。

クリックすると元のサイズで表示します1クリックすると元のサイズで表示します

★2は04年4月2日に鎌倉に遠出した時に着用しました♪(1年4ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


怪しいお天気で、雨仕様でコーディネートしたので、そのまま出かける事にした。
が今日は暖かいそうな。
出掛けに降り出して、大島紬の道中着を着て、傘さして家を出る。
行き先は鎌倉。
前回行って美味しかったので、Tさんに予約してもらって、「創作料理 近藤」で食事をする。
(料理の鉄人に出演)

いろいろお喋りをして、「なた屋」さんでは、オリジナルの反物を色々見せていただいて、その反物で仕立てたお着物を着たお嬢さん方の写真も見せていただく。
帯揚げは「紅」の、暖色系を持って来ると良い。
寒色系の、緑とか青は控えた方が良いとか。
私も殆ど暖色系を使う。
その方が顔色も良く見えるし♪

小紋柄でも、どんな場所にもOKで、帯は気に入った帯で有れば1本でどんな着物も合わせる事が出来る等、いろいろ、お話を伺った。
(なた屋さんで誂えた物だからだと思われる)
好きであれば、年齢を気にしないで着て良いとの事。
なんだか、嬉しくなってくる♪
なた屋さんの古典の柄は今でも古さを感じない。
良い物を色々次から次と見せていただいて、感謝感激♪

「雪月花」では店主不在だったけれど、お店の方で着物しか着ない人から、いろいろ毎日の着物生活の収納、お手入れ、色んなヒントを頂いて、絞りの羽織からうそつきの上下の作り方を教えていただいて、絞り好きとしては、早速試して見ようと、絞り羽織を購入して挑戦をする事に。
夕飯もステーキを頂いて、丸一日、楽しく過ごしました。
(行きも帰りも素敵なおそろいの羽織を着たご夫婦と一緒になり、じっくり観察なんかしちゃって、仕立て良い羽織にうっとり。)
襟先がストーンと真下に垂直に仕立て上がっている

●帯は生成り色地に牡丹と鳥の刺繍の帯。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★3は05年3月29日に家で着ていました。(11ヵ月振りに着用)
頭ぼさぼさ、すっぴんでアップする馬鹿な私です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●帯は桜の花びらと同色の白味がかった朱の無地塩瀬。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

今見ると、一年に一回しか着ていない事に気が付いた。
今年もソロソロ着て上げないと、可愛そう〜

★4は07年4月3日のEさん宅にお邪魔した時に着用(2年1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は妹の紬の着物を解いて、二本の帯を作って一本は私の所に遣ってきました♪
着物では着ない紬が、帯だと割と何でも合う事が嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します4クリックすると元のサイズで表示します 

ポリエステルの着物は最初は静電気が起きるので、着たくなかったのですが、着て見るとそんな事は気にならなかったし、何と言っても、気楽に着れると言う事が良いですね。
少しの雨がパラついても、気にならないし、普段や空模様が怪しいけど、着物を着ていかなきゃ成らない時には、便利だと思います。

でも30数年前に持たせてもらった、紅型小紋の八掛けが化繊?なのか凄く静電気が起きて、一度着て二度着たくなかったので、ポリ=静電気と思い込んでいたのは、ポリに悪るかったと思います。
物に寄るのかしら?

2006/12/23

ポリエステルの琉球柄着物一枚に帯三本  ●ウールとポリエステル一枚に帯○本

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ポリエステル素材の着物をネットで購入。
黒地に琉球絣柄で八掛けが小豆色。
雨の時にどうしても出掛け無いといけない時の為に、準備した。

1クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します


★1は02年12月10日に横浜に、出掛けた時に着用。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は本当はS子さんのオフ会の日。
なのに昨晩から雪!
来週に延期になる。
でも予定を空けてあるので、雪なのに出かける。
中華料理トゥーランドット、(フランス料理の様に、一人ずつ出てくる)を頂く。
やはり女性ばかり。

クリスマスが近いので、大きなツリーが夕日を浴びて輝いている。

●帯は香港で買った、チャイナードレス用の生地で自分で仕立てた二部式帯

1クリックすると元のサイズで表示します

★2は03年11月1 日にTさんからお誘いを受けて、鎌倉に行く事になった。(11ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


準備していた今まさにぴったりの、紅葉の着物なのに・・・
朝起きて見たら、雨が〜〜
急遽数少ないポリに変更して、一人で(当たり前)北鎌倉に出かける。
北鎌倉でMさんが、車を出してくださって、3人で「はなぐるま」「アンティークの支店」と見て回った。

お昼は「つるやさんでうな重を頂く。
文豪が愛したお店で、40分は待たないといけないお店。
口に入れるととろけるような、柔らかさで、こんなに美味しいのは初めてかも?

それから逗子にある「侘助」に案内していただく。
店主は、とても素敵な方。
凄い刺繍の羽織を見せていただき、羽織らせていただく。
小物を少し頂いて、お太鼓に被せる手作りのガーゼの袋を、頂く。
作り方を教わる。

もう1軒着物やさんに寄って、ズーッと行きたかった「雪月花」に行く。
お店は明るくて、今物の良いお着物がいっぱい合った。
あれこれ見せていただいて、余り持っていない柄行の帯を頂いてしまった・・・・物欲を抑えきれなかった。ふぅう〜
3人でしゃべるはしゃべるはで、本当に楽しい1日を過ごしました。
Mさん、車を出していただいたので、5軒も見て回る事が出来ました。
ありがとうございました。

●帯はよく締めている、八掛けと同じ色のに、金で柄が描かれている。

クリックすると元のサイズで表示します2クリックすると元のサイズで表示します

★06年12月9日に大雨の銀座に着て行きました。(3年と1ヵ月振りに着用)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯はKさんにバザーで譲っていただいた物。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

雨コートは、龍郷柄の道行と着物を合体させて、着物と雨コートに仕立て直した物。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ