2016/12/29

治療院通院(12/29)  医療

クリックすると元のサイズで表示します

今日で二度目の通院。

沢山のベットが有るのに、一昨日も、今日も患者さんでうまっています。

整形外科に掛って居た時には、リハビリ室のベットはガラガラ・・・・

赤外線ヒーターで温めて、吸盤付きの電気を通す治療だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの治療院はハンドマッサージ。

30分から40分のマッサージは、こちらの痛い所が分かって、加減が分かる。

信頼が出来るので、通って行こうと思います。

年内は今日が最終。

2016/12/28

ウイッグのメンテナンス(12/28)  ウイッグ (銀座・二子玉川)

クリックすると元のサイズで表示します

一番新しいウィッグなのに、余り気に入らない・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

柔らかい感じのデザインは、私には似合わないと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

好きなのは、最初のこのデザイン。

クリックすると元のサイズで表示します

少しずつ、気に入っているデザインに変えて行きたい。

切り過ぎてしまったら、取り返しが付かないので、少しずつ少しずつ。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/27

痛くて我慢できなくて・・・(12/27)  医療

クリックすると元のサイズで表示します

以前から腕が上に上がらくて痛くて痛くて・・・・

もう我慢できなくて、夫が以前ぎっくり腰に掛った時にお世話に成った、治療室に行って見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

夫が通って居た時には、全身治療で1回が6000円。

でも歩けない状態だったので、仕方が無いと思って居ました。

保険診療と書いて有ったので、今通って居る整形外科の診察券や薬・シップ薬持参で。

クリックすると元のサイズで表示します

保険で遣って貰えることになり、早速マッサージをして貰いました♪

思ったよりも、あちらこちらが痛くて、元に戻るのか心配になりました。

予約は自分でお願いするので、明後日の予定に入れて貰いました♪

クリックすると元のサイズで表示します


2016/12/24

筑後川昇開橋から帰宅(12/24)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

日本国有鉄道佐賀線に存在し、筑後川を挟んで福岡県大川市と佐賀県佐賀市を結んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道用可動式橋梁です。

佐賀線が廃線後も保存されて、現在は歩道橋として活用されているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

重要文化財及び機械遺産に指定されています。

クリックすると元のサイズで表示します

全長507m、橋脚の深さ15〜18m。

橋脚と橋脚の間は26mあります。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前で上に上がっている橋脚が少しずつ下に下りて来るのを、皆で眺めました。

クリックすると元のサイズで表示します

昇開橋稼働時刻表が表示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

説明されている方が、福岡県側と佐賀県側の橋が違っているのを見て、どちらの県の財政が豊かかが一目瞭然で分かるでしょうと。

クリックすると元のサイズで表示します

あっ〜違って居る。

分かるように写せなかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

九州佐賀国際空港に向かい、ラウンジで休憩して、15時50分発で羽田に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

左上が、南山手地区観光前に、連れていかれたカステラ専門店で購入のカステラ。

和三盆のカステラと、いちじくフィナンシエも。

左下のえんどうまめのかりんとうは御花の売店で、食べ始めると止まらないと言われかりんとう好きなので。

クリックすると元のサイズで表示します

嬉野温泉で、お風呂に置いて有った、かもすと言うクレンジング石鹸

泡立てる袋付きで、今使って居てとても気に入っている石鹸。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/24

御花園でお昼(12/24)  

クリックすると元のサイズで表示します

国指定名勝柳川藩主立花氏邸庭園。

クリックすると元のサイズで表示します

OPでは、「うなぎのセイロ蒸し」か「佐賀牛のお重」を選ぶのですが、私は前にうなぎは食べたので、佐賀牛を選びました。

クリックすると元のサイズで表示します

ご飯は、タレが掛かっており、ボリュウームが有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お役間。

柳川雛祭り「さげもん」。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日本庭園松濤園。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西洋館。

明治43年に立花家の迎賓館として建てられた。

鹿鳴館様式の流れをくむ伝統ある建物で、現在は結婚式場としても利用できるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

立花家の資料館を見学しました。

クリックすると元のサイズで表示します

花嫁の内掛け。

クリックすると元のサイズで表示します

お雛様と御道具。

クリックすると元のサイズで表示します

花嫁道具。

小さいのに、どれも本物と変らない。

手前は貝桶と合貝。

クリックすると元のサイズで表示します

お籠と長持ち。

クリックすると元のサイズで表示します

御道具の数々。

目が点に成りそうな位細かくて、本物と変らない作り!

自由散策の方々と合流して、筑後川に向かいました。

2016/12/24

柳川舟下り(12/24)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

柳川では、自由散策です。

半分ほどの方達は、OPで舟下りと昼食を選びました。

勿論私達も舟下り。

クリックすると元のサイズで表示します

北原白秋のふるさと水郷柳川の風景を眺めながらの川下り。

クリックすると元のサイズで表示します

柳川は9年前にKさんと二人でお雛様を見て、鰻のセイロ蒸しを食べた事を思い出します。

↑是非クリックして見てください♪

クリックすると元のサイズで表示します

舟の中には、こたつ(練炭)が作られており、冬の舟下りも寒くありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

柳川城築城のおりに、城下町を形成する為に人工的に堀を掘って整備されたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

中心市街地2km四方に延長60kmにも及ぶ世界有数の水路の街。

クリックすると元のサイズで表示します

「どんこ舟」と言うそうで、船頭さんがガイドをして、舟唄と共に七曲がり、七めぐりをして下って行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど向こうからの舟と行違いました。

クリックすると元のサイズで表示します

長い竿を巧みに使っての舟下り。

クリックすると元のサイズで表示します

凄く低い橋をくぐる時には、船頭さんの号令に合わせて、全員が頭を炬燵の上に下ろし、上手に舵を取り下りました。

クリックすると元のサイズで表示します

赤レンガの蔵や、白いなまこ壁を眺めながら、約一時間の川下りです。

クリックすると元のサイズで表示します

売店近くに成ったら、船頭さんから写真を写しますのでと声が掛かり、フラッシュが。

クリックすると元のサイズで表示します

舟上からそれぞれが飲み物を購入。

私達は暖かい甘酒を頂きました♪

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/24

仁田峠(12/24)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

島原半島中央部、雲仙岳火山群の妙見岳南西腹にある峠です。

クリックすると元のサイズで表示します

標高1070mで、寒いです。

クリックすると元のサイズで表示します

土の部分は凍っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

これからロープウェイで展望台まで上ります。

クリックすると元のサイズで表示します

普賢岳や有明海が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

「平成新山」で記念写真。

クリックすると元のサイズで表示します

新米のバスガイドさんと一緒に。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気に恵まれて、雲仙ロープウェイからは素晴らしい景色を眺めながら下りて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

キラ☆キラ輝く霧氷雪

クリックすると元のサイズで表示します

有明フェリーに乗船して、長州港まで向かいます船

クリックすると元のサイズで表示します

船内で珈琲。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

風が強くて飛ばされそうでした。

クリックすると元のサイズで表示します

お天気が良くて、気持ちが良い〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

約45分の船旅です。

クリックすると元のサイズで表示します

これから柳川の舟下りです。

2016/12/24

雲仙地獄めぐり(12/24)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は夕食と同じ、一人ずつ運ばれた料理でした。

クリックすると元のサイズで表示します

バイキングは慌ただしくて、好きではないですね。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋に戻って見ると、もうお布団は片づけて有り、テーブルに小さな折り鶴が置いて有りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

昨晩、ホテルの方から隣が雲仙温泉の地獄めぐりが出来るので、是非お勧めと言われたので、行って見る事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

雲仙温泉は、キリシタン殉教悲史の舞台で世界的に有名な温泉です。

クリックすると元のサイズで表示します

日本初の国立公園(雲仙天草国立公園)に指定された温泉保養地です。

クリックすると元のサイズで表示します

映画「君の名は」のロケ地。

岸恵子さんが余りに寒くて、ショールで耳や頭を包んだことから、「真知子巻き」の流行が生まれたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

後ろに見える宿が、今回宿泊した宿です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

調べて見たら、ビックリ!

クリックすると元のサイズで表示します

何も知らないで、のほほんと記念写真写していました・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

地獄とこんなに近い所にお宿は建っています。

お風呂が別棟だったので、行は外を通ってお風呂に行きました

知って居たら、外から行けないですね・・・・・・・・

2016/12/23

雲仙温泉宿泊(12/23)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

三時頃にグラバー園を出て、これから雲仙温泉に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

五時ごろの海の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

五時四十分頃に宿に着き、部屋に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

窓を開けて見るけれど、外の景色は良く見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の宿はお布団が敷いて無くて、ほっ。

クリックすると元のサイズで表示します

一応お茶菓子が付いていたので、お茶を入れて、一休みです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

床の間の隣に化粧台が付いていたのは嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

6時40分から夕食なので、同じバスに乗っている方達と一つ部屋で夕食です。

湯けむり膳

クリックすると元のサイズで表示します

・先付け前菜

地元野菜中心の前菜シーフードサラダ。

クリックすると元のサイズで表示します

・お造里

季節物

クリックすると元のサイズで表示します

・蒸し物

蟹饅頭きのこ餡掛け

クリックすると元のサイズで表示します

・焼物

雲仙活き活きポークとキノコ鉄板焼き

クリックすると元のサイズで表示します

・鍋物

島原名物「具雑煮」

クリックすると元のサイズで表示します

・食事

白ご飯 香の物

クリックすると元のサイズで表示します

・甘味

わらび餅 いちご

やはり、宿の食事は一人ずつサービスされる料理に限ります。

バイキングは落ち着かなくて、好きではない。

特に夕食は。

お風呂

クリックすると元のサイズで表示します

夕食の後、ゆっくりとお風呂に入って、リラックス(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

色々のお風呂が有って楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂からあがって来ると、マッサージ店では無くて、接骨院が入って居ました。

8時45分

早速治療をお願いしました。

クリックすると元のサイズで表示します

五十肩がひどくて、診て貰いました。

日常に動かすやり方を教えて貰いました。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は8時15分発で早い〜〜〜


2016/12/23

南山手地区観光(12/23)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

大浦天主堂は、長崎市にあるカトリックの教会堂で、1865年に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物です。

クリックすると元のサイズで表示します

正式名は、日本二十六聖殉教者堂。

1953年に国宝に指定されました。

ズームで写したので、近くに見えますが長い階段を上ります。

クリックすると元のサイズで表示します

上から見ると茶色い建物から上って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

設計はベルナール・プティジャン。

日本之聖母像。

クリックすると元のサイズで表示します

グラバー園にはエスカレーターと歩く歩道で向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

楽です〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

景色をゆっくり眺めながら上ります。

クリックすると元のサイズで表示します

そろそろ到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

グラバー園。

クリックすると元のサイズで表示します

三浦環像広場です。

日本三大オペラにも数えられる、長崎を舞台にした歌劇マダム・バタフライを演じて世界的に名を上げた、三浦環像があります。

クリックすると元のサイズで表示します

プッチーニ像です。

クリックすると元のサイズで表示します

旧グラバー住宅は、幕末期1863年に建てられた、現存する日本最古の木造洋風建築です。

正面玄関を設けないクローバー形の建築は、南国のバンガローをイメージさせます。

クリックすると元のサイズで表示します

2015年7月8日明治日本の産業革命遺産の一つとして世界遺産登録されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

台所の床に使われている煉瓦は、普通の煉瓦よりも薄くて、まるでこんにゃくの様な形。

縦に並べて使って居たので、とても丈夫との事。

クリックすると元のサイズで表示します

馬小屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

雨が上がって庭園でパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

樹齢300年の国内最大級のソテツが植えられているそうです。

薩摩藩主からグラバーに贈られたソテツ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗な花々が植えて有る温室。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

長崎港船から吹く風が心地良い〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/23

眼鏡橋(12/23)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

中島川に架かる石造二連アーチ橋で、日本初の石造りアーチ橋です。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の長さは22m、幅3.65m、川面までの高さは5.46m。

クリックすると元のサイズで表示します

水面に映し出された姿が眼鏡の様に見えるからこの名前があるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の下に下りる事が出来る階段があり、何人もの人たちが下りていました。

クリックすると元のサイズで表示します

私達も下りて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

両岸は1.5m程の石畳に成って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

此方は、袋橋。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

出島の所で、長崎市内自由散策(約2時間30分)の方達はバスから降りて、OPを頼んだ人は、このまま昼食に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

真珠店の二階の中華料理店でランチです。

クリックすると元のサイズで表示します

長崎皿うどん。

麺類が苦手でしたが、麺が細くてパリパリしていて、何とか食べられました、量が多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

角煮まんじゅう脂っこかった。

名物見たいです。

クリックすると元のサイズで表示します

直ぐ近くに、長崎原爆資料館が有ったので、あまり時間が無かったのですが、入館しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もっとゆっくり見たかった。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/23

長崎平和公園(12/23)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

祐徳稲荷神社から1時間40分で長崎平和公園に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します

[平和記念像]

公園の北側の中央にあります。

郷土出身の彫刻家・北村西望氏の作で、昭和30年に完成しました。

像の高さは9.7m、重さ約30tの青銅製です。

神の愛と仏の慈悲を象徴し、高く掲げた右手は原爆を、水平に伸ばした左手は平和を、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っています。

クリックすると元のサイズで表示します

雨が上がったばかりで、訪れている人は少なかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

[長崎の鐘。]

33回忌に当たる1977年に此処で亡くなった方々の冥福を祈る為に造られました。

クリックすると元のサイズで表示します

[諸国民有効の像。]

ドイツ民主共和国寄贈。

平和と人類の幸せな未来、そして諸国民有効を求める努力を象徴。

昭和56年5月31日設置。

クリックすると元のサイズで表示します

[平和の像]

ソビエト社会主義共和国連邦寄贈。

母親が子供を抱いた姿で愛と共に平和を表現しています。

昭和60年6月1日設置。

クリックすると元のサイズで表示します

[平和の泉]

水を求めながら亡くなった原爆犠牲者の冥福を祈り、昭和44年につくられたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

平和祈念式典の前日8月8日の夜には数多くのローソクを灯し、犠牲者を悼む市民の催しも行われます。

クリックすると元のサイズで表示します

噴水の奥には、平和記念像が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

男性の添乗員さんに写して貰いました

クリックすると元のサイズで表示します

[折鶴の塔]

中には沢山の折鶴が下がって居ました。

もっともっと沢山の像が建てられていました。

正味20分の滞在でした。

クリックすると元のサイズで表示します

30分後に長崎駅を通過しました。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/23

祐徳稲荷神社(12/23)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は宿を8時半に出発なので、逆算して行動しました。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は和食を選びました。(7時)

和食の方が断然種類が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

慌てて、他の団体さんのバスに荷物を預け、乗車してしまう所でした・・・

クリックすると元のサイズで表示します

宿から丁度1時間で、祐徳稲荷神社に到着しました。

高い位置に有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本3大稲荷神社で、衣食住の守護神。

クリックすると元のサイズで表示します

参拝者は年間300万人に達するそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

歩いて本院まで行くと、随分歩かなければ成らないので、右側の方に有料のエレベーターが有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

勿論私達は、エレベーターで昇りました。

クリックすると元のサイズで表示します

有料(お賽銭で小さなお守りを頂きました♪)

商売繁盛・家運繁栄・交通安全・大漁満足等種々の祈願が多いそうです。

お参りを済ませて、同じバスのご夫婦に写して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

御朱印を受け取ってから、長崎平和公園に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/22

クリスマスツリー(12/22)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

画像は旅館のHPより

日本三大の美肌の湯と言われるだけあって、お肌ツルツルで何度でも入りたいと思いました。

美容液のよう。

良質な自家源泉。

クリックすると元のサイズで表示します

お風呂から上がったら、マイクで玄関前のクリスマスツリーを点灯しましたので、ご覧に成って下さいと。

クリックすると元のサイズで表示します

宿に着いた時に、ペットボトルでツリーが作られていたのを見たけれど、点灯するとは思って居なかったので、余りの美しさにびっくりしました。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関の前はアーチーに成って居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

皆さん外に出て来て、記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

ペットボトルには一本ずつに、それぞれ一言が書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

これだけのボトル集めるのが大変だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

アーチの奥行きがこんなに有るんです。

クリックすると元のサイズで表示します

売店とフロント前の飾り付け。

クリックすると元のサイズで表示します

7時半に成ったので、食事会場に。

ご当地コーナーでは、係の女性の方が、当地の料理の説明をされていました。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機の中でお弁当を食べたっきりなので、お腹ペコペコです。

クリックすると元のサイズで表示します

天婦羅と蟹をメインに。

クリックすると元のサイズで表示します

係の方が写して下さった(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

今日の買い物。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/22

嬉野温泉(12/22)  ■国内旅行記(九州 沖縄)

クリックすると元のサイズで表示します

15:15 肥前浜宿の肥前屋でお買い物。(海外旅行で連れていかれるのと同じ)

最初に店主?からの話(重要伝統的建造物群保存地区)を聞かされて、お店の中の御酒試飲飲み放題との事。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和の懐かしいレコードや看板の展示。

クリックすると元のサイズで表示します

日用品・雑誌・電化製品の展示を見せる。

クリックすると元のサイズで表示します

酒蔵見学の旗は立っているけれど、見学は無し・・・・・・・

甘酒が人気で品薄との事で、甘酒は御猪口一杯だけ。

その他は何倍でもと言われても、そんなに飲めるはずもなく。

クリックすると元のサイズで表示します

甘酒が今人気だと初めて知り、甘酒を自宅に送って貰う事に。

後で聞いたのは、「甘酒は飲む点滴と言われていると」

クリックすると元のサイズで表示します

結局買ってしまいました。

買い物をしている間に、夫は付近の街並みを歩いたらしい。15:39

クリックすると元のサイズで表示します

16:32 嬉野温泉のホテルに到着。

個人で鍵を受け取って、部屋に入ると部屋にはもうお布団が敷かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は7時半からとの事。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の様子を写して、ホテルの近くを散策する事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宿から数分に有る豊玉姫神社は「美肌の神様」日本三大の美肌の湯嬉野温泉鎮座。

クリックすると元のサイズで表示します

陶器製の美肌のツルツルのナマズ様がライトに照らされて、真っ白に浮かび上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

直ぐ近くには、「足湯広場」が有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方で誰も居ないので、ゆっくり足湯に浸かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

足だけなのに、身体の芯までポカポカしてきました♪

クリックすると元のサイズで表示します

蒸し湯は夜間だったので、使用出来なかったのが残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ