2009/12/31

ホテルで夕食(12/15)  ◆海外旅行記(スペイン)

ふ〜う、やっとホテルに到着です♪
今日のホテルはバレンシアの初めての★★★ホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

フサ アラクァスと言うホテルです。
こじんまりとしたホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ロビーには、大きなクリスマスツリーが飾ってあります。

部屋は116号室で、今までよりも小さなお部屋ですが、ベットカバーが可愛らしい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

バスルームの鏡で、二人を写して楽しんでいます。

デジカメの時間設定で確認したら、ホテル到着が8時半でした・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

食事は9時15分です。
早い人は寝る時間です・・・

「叉ですか〜〜〜」と叫びたくなるレタスのサラダです。
ドレッシングも一種類。
オリーブオイルと、酢を自分で掛けて混ぜるだけ。

編みネコちゃんも、腕組みして、「もう飽きちゃいました」と言っています・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

小さなテーブルで二人ずつの食事では、他の方と打ち解けるまでは行きませんね。
メインは彩りが悪いわね。 

食べられれば良いでしょう???見たい。
煮豚にフライドポテト。

クリックすると元のサイズで表示します

左上が、いつもテーブルに置いてある、三点セット。
オリーブオイルと、酢と塩。

デザートは三食アイスでした♪

クリックすると元のサイズで表示します

Kさんが、持って来てくれた、湯沸しポットが壊れてしまったので、お味噌汁に、お湯をサービスして貰っているところです。

部屋で頂きました。
お味噌汁美味しかったわぁ〜〜〜

明日も早いのです。
オプショナルツァーがありませんとは、良いように聞こえるけれど、雁字搦めと言う事でも有りますね。

2009/12/30

F世界遺産のクエンカ観光(12/15)  ◆海外旅行記(スペイン)

カンポ・デ・クリプターナからクエンカは約140kmです。
約2時間半の行程です。

クリックすると元のサイズで表示します 

着いて見たら、マクドの表示が、何と−4度でした。
マイナスが薄いけれど、−4度!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クエンカは「宙吊りの家」がある事で有名な所です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クエンカの町は、ウエカル川と、フカール川に挟まれた、台地の上にあり、家々はその狭い土地にしがみつくように、建ち並んでいます。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

有名な「宙吊りの家」は14世紀の建築で、垂直な崖の上にバルコニーが飛び出している。
危ういバランスを保っている外観が、目を引きます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ここは対岸に、宙吊りの家を望む、絶好のシャッターチヤンスの場所です。

クリックすると元のサイズで表示します 

修道院の建物改装したパラドール手前の吊橋を渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します 

雪で足元が不安定です。

クリックすると元のサイズで表示します

そろりそろりと歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

渡りきったら、目の前に宙吊りの家が出現しました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

「Kさん〜♪」振り返ると、まだ吊橋の中ほどを歩いていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

右の画像の場所は、風化で?崩れ落ちた所だそうです。
ちょっと怖いですね。

クリックすると元のサイズで表示します 

宙吊りの家は、14世紀に建てられた民家です。
1966年からは、抽象美術館として利用されているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

窓からの展望が素晴らしいそうです。
建物の一部はレストランとして
使われており、バルコニーからの景色を眺めての食事が楽しめるそうですが、怖くて行けないでしょね? 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

道は狭い路地が多くて、建物の間を縫う様に延びています。

クリックすると元のサイズで表示します  

所々にこんなに可愛いサンタさんが飾ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します
 
国旗が上げて有るところは市庁舎?だったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ゴシック様式を残すカテドラル。
マヨール広場に面して建っている。

正面のファサードは、20世紀になって再建された物だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

マヨール広場にあるお土産やさんの店内。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

やはり宙吊りの家の置物や、飾り皿が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

店先で♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

マヨール広場で記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

バスが停まっている所に戻ってきたら、なんともう七時(くるっていたのかしら?)で、−6度!

これから200km先のバレンシアのホテルに向かいます。
約三時間の行程です。

いったい夕食は何時なんでしょう?

2009/12/29

カンボ・デ・クリプターナの風車(12/15)  ◆海外旅行記(スペイン)

クリックすると元のサイズで表示します

レストランからまたバスに乗って、目指すはカンボ・デ・クリプターナにある風車♪

クリックすると元のサイズで表示します

雪はどんどんと積もって居る。

クリックすると元のサイズで表示します

お〜やっと風車が一基見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

車が通った跡がありますね。

クリックすると元のサイズで表示します

景色の色が変わったので、バスから降りて写しています。

クリックすると元のサイズで表示します 

雪一面の大地には、風が描いた模様が、美しい♪

クリックすると元のサイズで表示します 

シーンと静まりかえった、小高い大地に建つ、白い円形状の建物。

クリックすると元のサイズで表示します 

全部で10基建っている内の、8基を写す事が出来た♪

クリックすると元のサイズで表示します 

黒い三角屋根が可愛い印象の風車(粉引きようの風車)。

クリックすると元のサイズで表示します

ドンキ・ホーテはこの風車群を巨人プリアレオと見間違え、槍を小脇に、愛馬ロシナンテにまたがって突進したと言う。

彼を跳ね飛ばした風車は、心臓部とも言える歯車を、鎖で止められて、何の用も足さぬまま、ただ町を見下ろしているそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します 

この地方は寒暖の差が激しく、夏は暑くて、冬は寒い。
容赦なく太陽が照りつける昼と、月明かりの夜の違い。

クリックすると元のサイズで表示します

風車の向うに見えるのは、ラマンチャ地方です。 

クリックすると元のサイズで表示します 

この真っ白な雪の大地にたたずんで、真っ青な空を眺めると、こんなにも広い静かな空間に居る自分が、信じられないくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します 

「わ〜〜」と叫びたくなる衝動にかられます。

クリックすると元のサイズで表示します 

風が描いた、唯一つの模様♪

9時間半の行程に、一番心配したのは、トイレでした。
トイレつきのバスではないと言われていたので。

案ずる事は無かったです。

ドライブインの様な所には、よく停まって休憩が有るし、「え〜叉ですか?」と言うくらいに休憩がありました。

クリックすると元のサイズで表示します 

左上のほうには、オレンジを丸ごと絞る機械も有ります。

クリックすると元のサイズで表示します

バールの様に成っていて、カウンターで、コーヒーを注文しました。 

クリックすると元のサイズで表示します 

先にミルクが入っていたような?

だいぶお客さんが入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します 

石釜?が有って、お客さんの注文を受けていました。

クリックすると元のサイズで表示します 

店内の感じはこんな風でした。

手前には、色々売っていました。

クリックすると元のサイズで表示します 

寒そう〜

クリックすると元のサイズで表示します

2009/12/28

ドンキ・ホーテ(12/15)  ◆海外旅行記(スペイン)

長いドライブでした。
やっと昼食のレストランに到着です。

クリックすると元のサイズで表示します 

こんなに雲一つ無い青空に、ドンキ・ホーテーの影絵のような像が、浮かび上がります。

クリックすると元のサイズで表示します 

絵になりますね。

クリックすると元のサイズで表示します 

レストランの屋根続きの、ワインを造る所だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します 

ジョリッ・ジョリッと、音がするくらいに積もって凍って居ます。

クリックすると元のサイズで表示します 

フエルト・ラピセの街にある、レストラン前に立っている、ドンキ・ホーテーの像。

クリックすると元のサイズで表示します 

レストランの名前は「ベンタ・デル・キホーテ」

ここがドンキホーテーが「城」と思い込んで入った旅籠のモデルになった所です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはレストラン兼お土産やさんに成っていて、多くのツァーはここを、食事を兼ねた休憩場所にしているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

前代未聞の大雪で、暖房が壊れて、電気屋さんが修理に来ていました。
いじっていたら、ヒューズが切れてしまい、慌てて直す一幕も。

クリックすると元のサイズで表示します 

添乗員さんは10何年遣っているが、こんな事は初めてと言っておられた。

クリックすると元のサイズで表示します 

私たちはセーターを着ているのに、お店の方々の薄着。

クリックすると元のサイズで表示します

レストランでは、物語に出てくる料理を再現したメニューがあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

ラタトゥーユに似た、野菜の煮込みと、真っ白なパン。
大好きで、とっても美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食以外、昼食・夕食と毎日毎日アルコール飲んでいて大丈夫?と言うくらい、ジュースは飲まなかったと思う。 

クリックすると元のサイズで表示します 

チキンとポテトの煮た物だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します 

添乗員さんが全員を写しましょうと言って、シャッターを切ったけれど、何処が?
私たちのテーブルの人しか、顔が分らない。

クリックすると元のサイズで表示します 

デザートは、サクサクした何層ものパイの花型の上に、チョコアイス乗せ。
パイをちぎって、アイスと一緒に食べて、久し振りに美味しいデザートでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

白壁と雪が一体化して、雪で作った建物みたい。
この空!白い建物。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ドンキ・ホーテの像と、壁に描かれている、ドンキ・ホーテと従士サンチョ・パンサとロシナンテ。

クリックすると元のサイズで表示します

残念な事にドンキホーテの像を、自分の土産に買ったのに、次のホテルで整理したら無かった・・・
ベットの隙間でも落としたんだわ・・・
ここでしか買えなかった像なのに。

クリックすると元のサイズで表示します

影絵のシールは無事に持ち帰り、ドアのガラスに貼っています♪

2009/12/27

グラナダからラマンチャ地方へ(12/15)  ◆海外旅行記(スペイン)

本日の移動は、約640kmです!
所用時間は、何と9時間半です。
9時間半!(2ヵ所見学)

予定表でこの移動を知り、行く前からどっと疲れが出ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 
食堂の前にカスタネット売り?の子供の像が有ったので、一緒に♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回気が付いたのですが、エレベータのボタン。
日本では、「開く」・「締める」 のボタンが有るのが、普通なのに、スペインには「締める」のボタンが無いんです。

急いで締める必要が無いと言えば無いのに・・・
日本人は、殆んどの人が急いでも居ないのに、「締める」のボタンを押しますよね。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人の私たちの為に、早朝に朝食を食べさせて頂いております。
が、時間に成るまで、食堂に電気を点けないんですね。
真っ暗なんです。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も朝食はバイキングで、フルーツのパインとキウイフルーツが食べやすいように切ってあったのは嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

料理のテーブルのクロスに、絵画にシャンデリア等、とても豪華な感じのする食堂でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ガラスの筒に、フルートを飾ってありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

明るくなったバルコニーの上で。
後に見える黄色い植物は、暖かい所で咲く♪ブーゲンビリラなんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの全景です。
4階建てのこじんまりとしたホテルです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

4階まで絡まって咲いている、ブーゲンビリラです。

そんな暖かいスペインが・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

車窓から見る景色は、走っても走ってもオリーブ畑ばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します 

走っているバスから写しているからか?どうして緑っぽくなるんでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します 

カンボ・デ・クリプラーナを目指して走っています。

300kmで、約4時間ですが、運転手さんは小柄な方が一人で運転しています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

年配者が多いので、トイレ休憩が沢山有ります♪
大型バスに22人のツァーで、、楽々でした。

クリックすると元のサイズで表示します

バスから降りると、なんと雪が!
上のほうには霜が掛かって白くなっています。
寒波が来ているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

バスを走らせていても、看板や広告は一切無いんですが、唯一許されている看板がこれです。
牛ちゃんです。

上手く写せた♪

クリックすると元のサイズで表示します 

走れども走れども、オリーブ畑です。

クリックすると元のサイズで表示します 

雪はどんどん積もっています。

クリックすると元のサイズで表示します 

遠くの山々は真っ白になって来ています。

クリックすると元のサイズで表示します 

ひゃ〜緑の部分がどんどん無くなってゆく。

クリックすると元のサイズで表示します

空は真っ青なのに。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな時の方が、気温は低いんじゃないでしょか?

クリックすると元のサイズで表示します

やっと対向車とすれ違いました。

クリックすると元のサイズで表示します

カンボ・デ・クリプラーナに到着です♪
ドンキホーテーの街・風車のある街です。

氷柱が!!!
前代未聞だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/12/26

グラナダでフラメンコ見学(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

ホテルにバスが、9時半ごろ迎えに来てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します 

お店に向かっていると、ライトアップされた、アルハンブラ宮殿が見えてきました♪

昼間に宮殿から眺めていた、アルバイシンからの宮殿です。

クリックすると元のサイズで表示します 

動いて居るバスの中からは、これが精一杯でした・・・
とても幻想的でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

アルバイシン地区のサクロモンテにある白壁の洞窟内にあるロス・タラントスと言うお店でした。

狭い細長い所に、椅子が両脇に三脚ずつ並べられていました。
私は前から五列目の右から三番目でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

ワンドリンク付きなので、注文を取りに来ています。

フラメンコは、ギター=トーケ・フラメンコの歌=カンテ(踊り以上に重視)・踊り=バイレがあり、この3つが一体となり始めて、フラメンコが完成するそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

まず最初に男性の踊りでした。
官能的な踊りです。

クリックすると元のサイズで表示します 

ジプシー特有な、浅黒いエキゾチックな美貌の、若い娘さんです。

期待していたような、派手な服装ではなくて、ブラウスにロングスカートと言う感じです。

クリックすると元のサイズで表示します 

娘さんと、白いスカーフの伯母さんとの競演です。
踊り終えた、伯母さんの方は、席についたら、胃を押さえて、真ん中の通路から無言で退場してしまいました・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

伯母さんの分も娘さんが、踊ってくれています。
スカートの裾を何度もたくし上げる様にして、感情を表現して踊ります。

伯母さんが退場したからか?舞台では、私語が多く、急な退場で、打ち合わせなのか、いつもの事なのか、私たちには余りよい感じには、受け取れなかったです・・・

途中で休憩があったので、衣装を変えて出て来ると思って待っていたら、変えてきたのは最初に踊った男性だけがシャツを変えただけでした・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

左後に座っていた伯母さんは、とても恰幅が良くて、迫力がありました。

クリックすると元のサイズで表示します 

12時を過ぎていたでしょか?こっくりこっくりしている人も多かったようです。
私も少しこっくりしていました・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

終わったら、今踊っていたダンサーが、もうオーバーコート着て帰る準備でした。

出口にはジプシーのお婆さんが、カスタネットを鳴らしながら、売っていました。
お土産やさんよりも、随分お安かったようです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帰りはお店のバスに乗って、ホテルまで送ってもらいましたが、細いくねくねとした道なので、一方通行。

行きよりも細い道で、切り返し切り返しの運転には、拍手拍手を送りたくなるほどの、運転技術でした。

今日の万歩計は何と!19800歩でした
歩きすぎです。



前回見たのは、マドリードとグラナダでした。
両方とも、私には凄く良かった♪

タブラオで、色鮮やかな衣装をまとって、情熱的な踊りで、子供も大人と同じくらい感情をこめて踊っていました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

白の水玉のドレスは、子供でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

飲み物付きで、右下に見える様に、一人ワインボトル一本付でしたカクテル
勿論飲みきれ無かったので、お持ち帰りしました。

2009/12/25

グラダナのホテルと夕食♪(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

今日はグラナダにある★★★★ロス・アンヘルスホテルに宿泊です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

着くなり、添乗員さんは全員のチェツクインです。
螺旋階段が凄いホテルでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

お部屋が決まるまで、全員ロビーで待ちますが、今日は一番の強行だったので、ソファーに座れて良かった♪

クリックすると元のサイズで表示します 

なんとベットが三人分もありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

バスルームは全面大理石張りで、グラナダらしい模様が入っている♪

クリックすると元のサイズで表示します 

クローゼットは、木製の重厚な物で、ツインでたっぷり入ります。

クリックすると元のサイズで表示します 

水色の編み猫ちゃんも一緒に♪

クリックすると元のサイズで表示します 

バルコニーが付いていて、目の前にはプールがありました。

夕食は、7時45分から4階です。
勘違いして、30分に行ったら、真っ暗で誰も居ない・・・
部屋に戻って、おしゃべりしていたら、遅刻・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

ホテルだから、パンはお皿に♪
カクテル赤ワインを注文♪

クリックすると元のサイズで表示します 

「今日は本当にアルカサール(歩かされる・・・)で、良く歩いたわね。」
「お疲れ様でした」と、「乾杯〜カクテル

クリックすると元のサイズで表示します
 
一皿目はやはりレタスサラダ。
トッピングが色々付いているけれど、飽きました・・・

ドレッシングもオリーブ油にビネガーを混ぜるだけ。

クリックすると元のサイズで表示します 

一人の方が、スープを頂きたいと言ったので、私たちもスープを追加注文しました♪

ちぎったパンが浮いていました。
これがしょっぱいといったら無いんです・・・
若しかして塩の塊が入った????
と言うほどに。
二口ほど飲んで、お仕舞いにしました。

クリックすると元のサイズで表示します 

メインは牛肉です。
これは柔らかくて美味しかったのに、スープは残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

デザートはスポンジとプリンが交互になっているような、甘いケーキでした。

クリックすると元のサイズで表示します

4階から下を覗いた、螺旋階段。

手すりがグラナダらしい〜〜

これから少し休憩して、洞窟のジプシーのフラメンコ見学です。
楽しみです。

大型バスが入らないので、お店から車を出してくれるそうです。

2009/12/24

E世界遺産のアルハンブラ宮殿を見学♪(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

セビリアからグラナダまでは、約250kmで、約3時間30分掛かって、遣ってきました。
まず最初はヘネラリーフェ庭園に入場です。

14世紀初期に、整備されたグラナダ王の夏の離宮です。
王宮の東、徒歩10分の場所にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

糸杉の散歩道は、美しく剪定され、トンネルの様に成っていました。

水をふんだんに利用した、庭園はとても美しいかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから見えるアルハンブラ宮殿です。

クリックすると元のサイズで表示します 

白い街は、アルバイシンです。
グラダナで一番古い地区。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

今でも、この丘の外観を損なう建設は、差し控えられているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

みごとなのは、庭園の奥に位置する、アセキアの中庭です。

アセキアとは水路の事です。
全長50m程の縦長の庭。
中央に、細長い水路が設けられていて、左右に並ぶ、沢山の噴水から水が、絶え間なく降り注いでいました。

水音が、まるでギター曲の「アルハンブラの思い出」のように聞こえます♪

クリックすると元のサイズで表示します 

前回来た時には、入場券は入口で確認するだけで良かったと記憶しています。
所が今回はとても厳しくて、要所要所で点検がありました。
コードに光をかざして、いちいち確認されました。

入場券も、フリーで来て、急に求める事は出来なくなったそうです。
事前に予約して購入しなければ成らなくなったそうです。

一日に見学できる人数が決まっているので、ツァーで本当に良かったと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します 

アルハンブラ宮殿の横近くにあるのは、カルロス5世宮殿です。
(先ほどの庭園から、歩いて歩いて来ました)

19世紀になってから、カルロス5世がスペイン帝国のシンボルとして、王宮の南側に建てさせたルネサンス様式の宮殿です。

外から見ると正方形のどっしりとした建物に、真円形の中庭を配した、変わった建物です。
中に入って、ビックリします。

クリックすると元のサイズで表示します 

中庭を囲んで二階建ての回廊があり、一階を巡る柱はドーリア式。
二階はイオニア式になっています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今は美術館に成っています。

これから、アルハンブラ宮殿に入場です。

身長よりも高い位置に、輪っかの金具が取り付けられていました。
これは、馬を止めておく為だそうです。(画像無し)

アルハンブラ宮殿は、大きく分けて、ナルス宮殿・カルロス5世宮殿・アルカサバ・ヘネラリーフェの4つの部門から構成されています。

入場は、「裁きの門」から入ります。

メスアルの間から見学が始ります。
王が政務を執り行った部屋です。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

壁面や天井を飾る、アラビア模様の絵タイルや漆喰細工の美しさに圧倒されます。

クリックすると元のサイズで表示します

窓からは、白く輝くアルバイシンの家並みが見渡せる。

クリックすると元のサイズで表示します

壁面のスタッコ装飾は、とても重厚でした。

メスアールの間から、アラヤネスの中庭へ。

この中庭は、グラナダの典型的な庭園とされています。
水・空気・植物・が、中庭を囲む建物と美しく調和しています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

中庭には南北35m、東西7mの大きな池があり、両脇にアラヤネス(天人花)の植込みがあることから、その名がついたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

上とは反対側の、南側から全体を眺めてみました。
小さな円形の噴水。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

正面に細い優美な石柱に支えられたアーチ。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

その先には赤い高さ45mのコマレスの塔、お天気が良ければ、真っ青なアンダルシアの空の景観を、鏡の様に水面に映しだします。

このコマレスの塔の内部に、大使の間があり、正式な接客に使用された部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

アルハンブラの代表的な、景色です♪

総タイルと化粧漆喰で飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

12年前と同じ椅子に腰掛けてから、写してもらいました。

二姉妹の間の、装飾が美しい天井。
鍾乳石飾りは、宮殿中随一の繊細細密の極。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

ライオンの中庭を囲む大理石柱(124本)のアーケード。
残念な事に、ライオンの噴水は取り払われて、修復中との事でした。

ライオンの宮殿は、王以外の男性は立ち入り禁止。
2階の部屋には后達が住んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

アルハンブラ宮殿のアルカサバ(城塞)のベラノ塔から望む、アルバイシンです。

この塔からの眺望は、素晴らしいの一言です♪

背景のシエラ・ネバダの峰々と、グラナダ市を取り巻くパノラマの景色には、思わずため息が出ました♪

クリックすると元のサイズで表示します 

右側

クリックすると元のサイズで表示します 

真ん中

クリックすると元のサイズで表示します 

左側

クリックすると元のサイズで表示します

アルバイシンを背にして♪

クリックすると元のサイズで表示します 

宮殿の前の、お店には寄木細工がいっぱい♪

前回は大き目のケースと飾り絵を、購入していたので、今回はキングの絵のトランプケースを購入した。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これからホテルで夕食を頂いて、洞窟のフラメンコを見学に行きます♪
とても楽しみです。

2009/12/23

セビーリアでの昼食と闘牛場(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

テクテク・ぞろぞろ歩く歩く。

クリックすると元のサイズで表示します 

やっと昼食のお店が、見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します 

店内はカウンターに、細長いお店でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

螺旋階段が有るお店でした。

クリックすると元のサイズで表示します 

最初の一品は、レタスサラダでなくて、スープでした♪
根菜の角切りのスープです。

飲み物は、今日もサングリァです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

メインはお魚のフライと、フライドポテト。

デザートは甘いケーキでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あれだけ歩いた割には、少ない昼食の様に思いました。
パンもお替り無しの、固いパンだけだしね。

日本と違って、パンはテーブルクロスに、そのままです。

クリックすると元のサイズで表示します 

さ〜これからバスが停まっている、闘牛場まで、歩きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します 

真っ青な空に、白と黄色と赤の、マエストランサ闘牛場の建物が、くっきりです。
今の時期は、お休みです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
三脚立てて撮影中

ところが、プロのカメラマンが、闘牛場の撮影をしていたので、競技場の中が見えたのです♪
ズームで中が写りました。
時計は2時20分でした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

18世紀の建物で、スペインで2番目に古い闘牛場です。
勇敢で、強かった闘牛士の銅像です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも馬車が待機していました。

クリックすると元のサイズで表示します

車の往来が激しいです。

2009/12/22

カテドラル前の広場は、クリスマス準備♪(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

アルカサル見学を終えて、カテドラル前の広場に遣ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

身長の倍程もあるポインセチアのツリーです。

クリックすると元のサイズで表示します

盗難には気をつけないと、騎馬警察の警備は万全かな?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ここにも観光客向けの、馬車が待機していました。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は景色ではないんです。
ミニチュアのお人形や建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

広場には、仮設式のお店がずらっと並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この様なキリスト様関係のお人形が、全てだったと思います。
お店の方も、お人形見たいに可愛い方でした。

クリックすると元のサイズで表示します

地元の方の、お買い物が殆んどで、観光客は、写真タイム。

クリックすると元のサイズで表示します

ガラスに建物が写って綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年少しずつ、買い足して、大きなストーリーに仕上げてゆくのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

子供の靴が可愛いんです。
フラメンコにも使うのでしょか?

クリックすると元のサイズで表示します

ランチのお店まで、ぞろぞろ歩いて、街の中を見学。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

やはりフラメンコで、有名な街なので、あちこちに衣装のお店を見かけました。

ここまでで、随分歩いて、クタクタなのに、ランチを食べてから、グラダナまで移動するんですよ。

勿論お休みタイムですが♪

2009/12/21

D世界遺産のセビーリァのカテドラル観光♪(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

スペイン最大。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨーロッパでも三番目に大きな面積を誇るのが、セビーリァのカテドラル。

残念な事に、日程で祝日になってしまい、出発前に急遽下車観光に成ってしまい、アルカーサル(王城)が入場観光になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

スペイン独特のイスラム様式である、ムデハル様式の代表的な美しい建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

残酷王と呼ばれたペドロ一世が14世紀に完成させた物です。

左が現地のガイドさんで、右が添乗員のSさんです。

クリックすると元のサイズで表示します

記念に一枚♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

彫刻の美しい門から、建物の中に吸い込まれるように、入って行きました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

アラブ王の寝室や、大使の間を飾る彩色タイル。
まるでアルハンブラ宮殿のようです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

セビーリァで最も美しい物の一つと言われているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

均整の取れた乙女のパティオ。
繊細な装飾。

クリックすると元のサイズで表示します 

彫刻を施した格天井等、どれを取っても、見る人を感激させる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

これから、建物の東側にある、庭園に出て見ます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

真っ青な空にアーチがお洒落。

とても変わった作りの塀。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

噴水のある、小さな築山を中心にして、緑の木々の並木が素晴らしいです。
珍しい草木が沢山植えられていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど孔雀が羽根を広げていたので、写そうとデジカメを構えたら、雌が移動して、羽根を広げるのを止めてしまいました・・・残念でした。

何羽も放し飼いにしてありました♪

クリックすると元のサイズで表示します

添乗員さんがアルカーサルは「歩かされる」と言って居たのが分ります。
本当に歩かされています。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

二階のテラスから、庭園を見下ろします。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

カルロス一世の宮殿に入ります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

カルロス一世のチュニス遠征の様子を描いた、巨大なタペストリーが有りました。 

クリックすると元のサイズで表示します

お疲れ様でした。
向うにカテドラルに付設された、高さ98mの鐘楼のヒラルダの塔が見えます♪

2009/12/20

セビーリァのスペイン広場(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

前回のスペインの旅は、朝食のバイキングは一度?くらいしか無かったので、このホテルでもバイキングなのは、とてもラッキーと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

フルーツは丸のままなので、ナイフとフォークのナイフで、綺麗に毎回奥さんに剥いて食べさせている、旦那さんがいて、微笑ましく思った。

クリックすると元のサイズで表示します

食べ切れなかったパンは、バスの中で頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの前に停車している大型バスは、我らのバスです。
22人の団体で、ゆったりです。

クリックすると元のサイズで表示します

我ら二人が写っています。

クリックすると元のサイズで表示します

車窓から日の出を見る。

クリックすると元のサイズで表示します

馬車が♪

クリックすると元のサイズで表示します

セビーリァのスペイン広場です。

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんを待っている馬車です。
今の目の所には、真正面だけ少し見えるように黒いカバーがつけられている。

クリックすると元のサイズで表示します

12年前は噴水が出ていて、賑わっていた。
Sさんと一緒に♪

クリックすると元のサイズで表示します 

セビーリァの紺碧の空が、迫ってくる所は他に無いだろうといわれている場所。

クリックすると元のサイズで表示します

視界の広さに驚き、パチパチとシャッターを切りまくる。

クリックすると元のサイズで表示します

建物の後ろには何も見えなくて、空だけなんです物。

クリックすると元のサイズで表示します

見学者は、私たちツァー客と他には、少しだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

建物に近づくと、アーチの手すりの下に青く見える所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

少し近づいて見ます。

クリックすると元のサイズで表示します

広場を囲む建物は、市庁舎と軍部が、置かれているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の手すりには、美しいタイルが、貼ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します 

橋を渡ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くから、青く見えたところは、スペインの各県の特徴や主だった歴史が、タイル模様となって、50個近くも並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

正面より右側は修復中で、同じ絵のコピーが貼ってありました。

一枚のタイル絵の前です。

クリックすると元のサイズで表示します

12年前に、タイル絵の前で、Kさんと♪

クリックすると元のサイズで表示します

2009/12/19

セビーリァの市内(12/14)  ◆海外旅行記(スペイン)

今日は、セビーリァの市内観光です♪
グアダルキビール川沿いの道路で、バスを降りてアルカーサルまで歩いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛いワンちゃんを見つけました♪
ガラガラを引いているので、旅行中でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

マエストランサ闘牛場の前で見た塔です。
勇敢な闘牛士のだれそれの塔だと聞いたのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと坂道が多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

白い壁に、黄色い建物が、映えます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中の壁にあった、地図です。
ここでも狭い道を通ります。

トイレ休憩の後の、自由時間にちょっと土産物やさんに入ります。

クリックすると元のサイズで表示します

美しい絵皿や陶器物がいっぱいです。
扇子・フラメンコで使いそうな扇も有りました。

クリックすると元のサイズで表示します

鏡の回りが、陶器の物を買いたかったけれど、止めました。
重量を気にして、皆さんも同じのようで、小物買い見たいでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の方の美しい事♪

クリックすると元のサイズで表示します

左のお店には衣装が。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

真っ青な空に、ヒラルダの塔がくっきりと、そびえ立って見える。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

街のあちこちから、見る事が出来るので、迷った時の目印に成るそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この辺が観光の中心地なので、観光馬車も停車していました♪

2009/12/18

コルドバからセビ-リァのホテルで夕食♪(12/13)  ◆海外旅行記(スペイン)

スペインの街には、絵皿がよく似合います。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

メスキーターから徒歩2分位で、ローマー橋にきます。 

クリックすると元のサイズで表示します 

町で繰り広げられた戦争の度に、破壊と修復を繰り広がられていたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

現在の橋はイスラム教徒が、整備した橋に修復を加えた物。

クリックすると元のサイズで表示します

工事中の鉄塔?があちこちに。

クリックすると元のサイズで表示します

コルドバと言う名前は、かって盛んに生産されていたコードバンと言う革製品に由来しているそうです。

次男のランドセルがコードバンだった♪

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ橋の対岸に建つカラオーラーの塔。 

クリックすると元のサイズで表示します

バスで約2時間かけてセビリアまで、来ました。

今日のホテルも★★★★の、アルコラホテル・セビリアです。
4階建ての401号室でした。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

入ると10段ほど下に下りた所が、ロビーです。
見学箇所が多くて、がんじがらめの旅行なので、買い物をする暇が有りません。

添乗員さんから、このホテルの近くに、大型スーパーマーケットが有るので、食事後お土産を買いに行けるとの事 

食後30分後には閉店時間・・・でも皆さん行く気満々です。

クリックすると元のサイズで表示します

全面ガラス戸で、明るい四枚の引き戸で、区切られていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

次の間付きは、ツァーでは始めて。
テーブルにソファーに2脚の椅子が付いて居る。
薄型TVが付いているが、NHKは入らず、日本の情報は一切分らず。

唯一、携帯メールを毎日していたので、家族とチャーリーの事は、分っていたので、安心だった。

クリックすると元のサイズで表示します

クローゼットは全面鏡張で、二ヶ所作られていた。

クリックすると元のサイズで表示します

洗面所には、ボールが二ヶ所あり、、鏡も大きくて、ゆったりしている。

今日の夕食は、ホテルで取ります。

飲み物は、今日もサングリァ♪

クリックすると元のサイズで表示します 

お〜お、今日はバリバリのレタスサラダではないんだわぁ♪

スープのようです。

クリックすると元のサイズで表示します 

一人ずつ目の前で、よそってくれるのは、ホテルだからでしょか?

クリックすると元のサイズで表示します 

たっぷりの量です♪

ポタージュのようですが、中身は何だろう?

クリックすると元のサイズで表示します 

「乾杯〜♪お疲れ様でした。」と言いながら、二人とももう一方の手で、カメラを持って、シャッターを切っています。

クリックすると元のサイズで表示します 

スープの中身は、お米でした。
日本で言うおじやでしょうか?

まずまずのお味でした。
サラダで無いだけでも良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します 

メインはローストチキンにフライドポテト・インゲン?

クリックすると元のサイズで表示します 

デザートは甘い甘い、チョコレートがたっぷりのケーキ?
間にプリン?

生クリームもたっぷりです。

クリックすると元のサイズで表示します

皆さん早々と、カルフール?に向かってお買い物です。
ダッシュしないと時間が無い。

トランクの重量制限が厳しいので、重いものは買えないので、軽い物を選びます。
それでも、量が増えれば、重くなる・・・
重さを気にしながら、閉店時間まで、お買い物。
歩道が無いところをテクテクと、坂を登って、ホテルまで歩く。

今日歩いたのは、15800歩
普段の目標が3000歩だから、凄く歩いた事になる。

2009/12/17

世界遺産のメスキーター(モスク)(12/13)  ◆海外旅行記(スペイン)

コルドバは、古代世界と中世の文化の架けをなした街でもある。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

免罪の門から入って、オレンジの中庭に入りました。

信者達はここの噴水で、足を清めてシュロの門から入ったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

オレンジの中庭と言われている通りに、沢山のオレンジがなっていました。
が、原種なので、レモンの様に酸っぱくて食べられないそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

葉っぱの根元に、もう一つ小さな葉っぱが、付いているのが、原種だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 

モスクは拡張を重ね、2万5000人もの信者が祈る事が出来るように成った。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

本来はモスクの中は明るい物なのだが、コルドバを征服したカトリック教徒による改造で、入口はシュロの門を残して、全てふさがれてしまったから、ほの暗くなってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

赤と白に塗り分けられた、アーチが限りなく広がって、人の目を眩ませるようだ。

このアーチは白い石と、くさび形の赤レンガを交互に組み合わせて物だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

シュロの門から入ったモスクは、11廊の礼拝堂から成っている。

大理石の柱はコリント様式で、コンボジット様式が雑多に混ざっていて、高さ9.3mの天井を支える為に、二段式に成っている、珍しい構造です。
重量を分散させる為に二重構造。

クリックすると元のサイズで表示します写真を写したので、顔が白く飛んじゃった。

前回のスペインでも、このモスクの赤白のアーチはとても印象に残っていました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

16世紀から始められた、カルロス5世によるカテドラルの大改造に寄って、どんどん大きくなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

本来なら、メッカの方向に向かって、左右対処で有るべきモスクが、用地の確保が出来なくて、バランスの崩れて形になってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

東側に大きく広がって、175m×135mの大モスクになってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  

カルロス5世は中央の屋根を取り払って、市民の反対を押し切って、カテドラルを建築した。

クリックすると元のサイズで表示します 

宝物殿?

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

翼廊と祭壇のある後陣はゴシック様式。

クリックすると元のサイズで表示します 

自動シャッターで写しました。

クリックすると元のサイズで表示します 

美味しそうなオレンジが♪

クリックすると元のサイズで表示します 

メスキーターを見学して、外に出来て来ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


これから約140kmのセビリアに向かいます。
約2時間は、お休みタイムに成る事でしょう。

運転手さんは愛嬌があって可愛い人です。
挨拶されるけれど、言葉が出ない・・・

「オラ〜♪」は言えるようになった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ