2005/5/31

切らない作り帯  ★切らない作り帯

必要な物です。
クリックすると元のサイズで表示します

1 まず最初に垂れ先から、帯幅の3倍の長さをお太鼓部分として取って、そこが底辺に成る様にして、三角を作ります。
底辺の真中を、コクヨ・クリ31で留めます。
そこにお太鼓に帯揚げを掛けて置きます。
1 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2 右に伸びている手先の部分を、下に二つ折りにしてそのまま左側に持ってきます。三角の下を通って。
帯幅よりも3cmほど長く左に出します。
(紐の置いてある所より、手先まで)
2 クリックすると元のサイズで表示します

3 上に伸びているお太鼓部分を下に持ってきます。
垂れ線(お太鼓の垂れ先10cmくらいに付いている線)を手先の下線と揃えます。
3 クリックすると元のサイズで表示します

4 お太鼓を作って、左に来ている手先をお太鼓に通します。
形としては此れで出来あがりです。
後は身体に付ける為のテクニックだけです。
4 クリックすると元のサイズで表示します

5 帯締めを先に通しておきます。
5 クリックすると元のサイズで表示します

6 二股の大きな洗濯バサミで、垂れを上に折り上げて、下まで全部挟みます。
垂れ先は2ヵ所留めます。
右側の胴に巻く所も、下まで全部留めます。 
6 クリックすると元のサイズで表示します

7 そのまま帯山を持って、手前にひっくり返します。
画像の左下の部分も、下まで一緒に留めておきます。
此れでお太鼓は固定されて、いよいよ身体に装着して行きます。
文章で書くと長いですが、遣る事はとても簡単です。
7 クリックすると元のサイズで表示します 

8 帯を身体に付けます。
お太鼓のガーゼの紐を結びます。 
帯揚げも綺麗に結びます。
右に垂れている帯を胴に巻きます。
左手でお太鼓部分を押さえながら巻きます。
巻いて輪になっている部分に指を入れて、引き締めます。(右手の部分)
胴に巻くときは身体に添って巻きます。
輪に成っている所に、帯クリップ(右手に持っている)で留めると、安心ですし緩みません。
8 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

9 洗濯ハサミを外して、帯締めを締めて出来あがりです♪
右手の指の所をキチットお太鼓の部分と手先の部分が合うように決めましょう。
9 クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/30

新機能  ブログ

左下にメッセージBOOKが追加されました。

昨日初めて着物を着て、自転車に乗っている方を目の前で見ました。

私よりも一回り以上うえの方で、自転車ではなくて三輪車でした。

後の荷台には大きな荷物を載せて。

人の事は言えないのです

その方は歳の割りに袖丈がちょっと長めでモンペをはいて乗っていました。

環状七号線を横断していました。

人の事は言えないのですが普通に着物を着ているほうが目立たない様に思いました。

でも目立ちますよね。

2005/5/29

汗取り肌襦袢  ちくちくと手作り

1クリックすると元のサイズで表示します 2クリックすると元のサイズで表示します

1と2は汗取りの為の補強部分が随分違う。
私は1を30年前位に最初に買って使っていた。
初期の物は繰りが浅くて、着ていると、襟から覗くので、何度も下から引っ張って着ていた。
なので、3年くらい前に襟ぐりを大きく繰りぬいて、朱色のバイヤステープで包んで使用しています。
(画像は長年着用している物で、お見せできるような物では無いのですが、一応参考までに。)
上の1.2は新品状態の画像です。

袖口に薄いピンクのレースの袖を取り付けています。
衿の後だけに朱のバイヤステープで包み、上の1よりも襟ぐりが浅いので、襟ぐりからメッシュの部分5cmほどにタオル地を縫いつけてあります。
前も肩からメッシュ部分にまでタオル地を縫いつけてあります。
前襟の所には、補正用の物を縫い付けて有ります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

使用期間が長いので、全体に縮んできて、前の掛け合わせが、浅く成ってきたので、奮発して買ったのが、2の「あしべ織り汗取り」。(定価13000円)
ネットで買ったので、届いて箱から出して見てみて驚いた。
胸の所にしか汗取り用の蝋芯が縫っていない!
人はそれぞれ汗のかく所が違うので、何とも言えないが、私は不満だった。
早速襟ぐりからあしべの所まで正絹の八掛けの残り布を縫い付けて、使用している。
(正絹は肌触り、水分の発散に優れているので)
(あしべはどうしてもっと上から縫い付け無いのだろうと思う。)
1と2を比べて見て一目瞭然に汗取りの位置が違う

自分の使い易い様に、手を加えるのが一番良い様に思います。
今は初期の衿が朱の物と、1と2の3枚を交代で使っています。
普通の肌襦袢は着ません。

夏にこれを1枚着るのは暑いだろうと思うかもしれませんが、全然そんな事は有りません。
汗を吸いとってくれるので、夏でも安心して着物を着る事が出来るのです。

2005/5/28


夫が早朝からゴルフなので、休日でも出かけられる♪
(別に出かけても良いのだけれど、何となく休日に家を空けるのは心苦しい)

早速愛犬仲間の友人を誘って出かける。
最寄駅で待ち合わせて、新宿に♪
最近「韓国ドラマ」に嵌ったので、会ってから直ぐにその話に夢中♪
ハルクの加賀料理「大志満」で郷土料理に舌鼓。
富山県の北前船の話にまで発展して、共通の話でお料理を味わう暇も無い。

第一生命ビルで催されている、「アンティークフェア」に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

一昨年行った時には、お店毎に生花が飾ってあったり、和の物も多かったように思う。
今回は西洋物が多くて、ちょっとがっかり。

クリックすると元のサイズで表示します

前はもっと広かったと思ったが二度目では、そんな風にも思えず、アンティークの良さが余り分からないので、ガラクタとしか思えない物に高価な値段が付いていたりして、ビックリ。

クリックすると元のサイズで表示します

帰り際に出口の所で、ステンドクラスを作る、ガラスのブローチとペンダントを購入。
金具を取り替えて帯留にしょう♪

直ぐ隣でフリーマーケットがもう終りそうな所に遭遇。
細々した物を、細々購入して、満足して帰る。

またまた青汁ダイエットの話をして、感染者を増やす。
兆度3割引きでラッキーでした。
101もね♪

2005/5/27

●気軽に♪  ▲今日の装い/単衣

昨日の浪人結びが気に成って、締めて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

一応「男のきもの大全」で結び方を見たら、とても簡単でした♪

「カルタ結び」よりも垂れがあるので、私は好きです。

女性も締めて見るのが良いかもしれませんね♪
(しかし、女性は帯締めを締めた方が正面から見たら改まるので、後の何処に通そうか色々考えましたが、両方の垂れの下を通して見たら、後ろから帯び締めが見えず、OKでした。)

●帯は献上柄の綿の半巾を、浪人結びをして、帯締めで。
貝の口より好きです。

クリックすると元のサイズで表示します7クリックすると元のサイズで表示します

お昼からささっと着替えて、素足で、カランコロンと二枚歯のねずこ下駄を履いて、近くに買物に。
履物は長野に行ったときに購入の ねずこ下駄。
鼻緒は紺色の麻の葉柄。
(画像は随分履いてから写しました・・・)

クリックすると元のサイズで表示します 

何時も自転車で行って、大量に買い置きを配達してもらうお店で、初めて着物で行ったら、「今日は着物ですか♪自転車ですか?」と言われてこちらの方が驚いた!

クリックすると元のサイズで表示します

今必要なものだけ、受けとって、カランコロンと家路に〜

夕食の用意を割烹着を着るのは暑いので、エプロンに襷がけで気持ち良い〜

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/26

おたすけくらぶさんに龍郷持参で♪  ◎洋服でお出掛け

ブログを書こうとして、コメントの返事を書いたのに、10時ジャストにメンテナンスになってしまって、送信不能になってしまった。

予定も無かったので、着物部屋でも片付けようとしたら、おたすけさんから電話で、「あさくさ着物まつり」で頼んだ「駒絽」の染めが出来たので、送りましょうか?と言われたので、先日の龍郷のアンサンブルを持って、出かけた♪

工場の2階で、Uさんに最初に自分で解いた道行きを見せて、色々寸法を測ってもらいました。

分かっていた事だが、竪衿が短くて、そのままでは雨コートは出来ないと言われました。

それをお願いするべく、知恵を働かせて、見えない所は黒の新モスを使って、見える所は龍郷柄を柄合わせして剥いで何とか仕立てられる事に成りました。

やったぁ〜!

羽裏は雨コートなので、そのまま羽織に使う事にして、肩滑りを選んで菊の柄にしました。

勿論、防水も。

クリックすると元のサイズで表示します

次は着物だが、此れも繰り越しの縫い込みは無しで、身丈が3尺8寸しか無い・・・!

それを身丈4尺3寸になるように、またまた知恵を働かせて、衿は見せかけで掛け襟分と、袖がほんの少し長いのでその分で、胴剥ぎを龍郷の柄を合わせて、それ以外に黒の新モスも足して、なんとか自分サイズに出来る事に成りました。

今度は八掛けが短くて、胴裏が足りない〜

胴裏も足す事になりました。

足す位置も色々有るらしいが、お任せする事にしました。

着物って良いなァ〜

この着物は私の代では仕立て直しをしないはず。

もしも、もしも将来此れを解く事があったら、驚くだろうなぁ〜うふふふふ

上から富さんが染め上がりの反物を持って来てくださった♪

とても綺麗な若草色?萌黄色?綺麗すぎ〜

画像に写すが色が果たしで出るだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

他の方のも染め上がってきている♪

白生地で見るのとは勿論違うが、色んな色に染め上がって来て、それぞれの人の思い入れを見ることが出来ました。

2005/5/26


兆度その時に、きもぱらのSさんが素敵な縞縞の装い(帯も縞)で来られた。
初めてお見かけする方で、先日の川越唐桟を粋にお召しで、うっとり眺める。
お洗濯の事・半襟の事等を色々伺って、初対面でも着物好きには、お話が弾むのですね。

色々小物などもチェックさせて頂いたりして、毎日着物を着ておられる、着こなしをさすが〜と見つめてしまう。

帰り際に後姿をちらり♪
またまた着なれた帯結びで、うっとり〜
お聞きすると、短い帯なので、男の人が良く締めている、「浪人結び」の変形みたいな結び方でした。

着物って良いなぁと♪
お聞きした情報で、先日の長襦袢をちょっと手直しを、お願
いしようと思う。

2005/5/25

履物のお手入れ  整理整頓

昨日の畳表の右近下駄が最大のピンチに成ったので、何とかしたいと思って、木工用ボンドで修理して見る。
浮き上がっている所にボンドをつけて、重石の意味で履く。
25kg以上の重石になる。

そのまま昨日駅の駐輪場に置きっぱなしの自転車を取りに、洋服に素足に下駄で、駅まで歩く。
途中でぬいて、確認すると、浮き上がっていたのが、落ち付いて来た。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

帰ってから剥がれている(折れている)所にもボンドで押さえた。→気休め

ついでに、履物の裏の減っているゴムを取りかえる。

何時もは買ったお店に、鼻緒が緩んだ時に締めてもらってもタダ♪だったので、○○やさんで買った草履を、○○やさんに締めてもらった所、頼んでも居ないのに底のゴムを取り変えて、1000円請求されて驚いた。

それ以来自分でゴムを取り変える事にした。

小さな金槌・ラジオペンチ・キリ(目打ち)ゴム・極小釘が何時も靴の箱にセットして入れてある。

クリックすると元のサイズで表示します

時には靴のかかと用の物も、使うときがある。
(左のつま先が靴用)
履物の裏は見良い物ではないが、参考までに・・・・
真ん中のつま先は、減ったゴムの再利用。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/24

★5月24日の装い  ▲今日の装い/単衣

着物は去年4月4日に雨の中購入した。
機械ばた(双子織)で2種類有る方の、糸の細い方の中から選ぶ。
長身の為、袖分を買わないと、総丈がが足りないので、(長身は高くつくなぁ〜)余分に買って仕立ててもらった物。
着ると全体的に大きいと思って、今日聞いて見ると、湯どうししたけれど、縮むかも知れないので、大きめに仕立ててあると言われた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

絽の長襦袢に白のビーズの半襟。

●帯は「浦野さん」の縦にシボが特徴の経筋紬の薄紫色の9寸名古屋帯です。

クリックすると元のサイズで表示します3クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは綿の赤茶色。
帯締めは伊藤組紐の錆朱の3紐。

帯留は象牙の薔薇の籠。
根付けは張子の猫。
扇子は黒の紗。
籠に飾っていたのは、ダックスの絵が書いている小物袋。

クリックすると元のサイズで表示します

○絽の男物の長羽織を着ています。
男物と分らないように、袖付けに振りを付けて、女性物の袖付けに直しました♪
後が寂しいので、縮緬細工の薔薇と蝶を背守に付けて見ました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

この後大雨に降られて大変でしたが、羽織のおかげ川越唐桟は大丈夫でしたが、履物が悲惨な目にあいました・・・

籠は山葡萄の籠。

クリックすると元のサイズで表示します

焼き杉の右近下駄に、畳表で鼻緒は紺地に白で麻の葉。
デパートの職人さんに、鼻緒を選んで挿げてもらった物。
気軽な下駄。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/24

九里より美味い十三里の川越に  ◎着物でお出掛け(単衣)

前々から、「行こうね」と言っていた「川越」にやっと行ってきました♪
池袋で三人で待ち合わせて、遠足気分で東武東上線約30分。
ネットで事前に調べておいてもらった「えぷろん亭」にタクシーで。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチは肉天麩羅に色んな野菜がたっぷりでヘルシー♪
ここで持参した足袋を見せながら経験談を話す。

歩いて目的地の「呉服のかんだ」に♪

クリックすると元のサイズで表示します

(お二人の初夏を思わせる装いで、薄桃色の紅花染めの単と、空色の細かい柄の紬の単)

クリックすると元のサイズで表示します

川越唐桟を色々見せていただき、身体に当てて見て、やっぱり似合う色って、直ぐに分かる物だと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

早速気に入った反物が決まったので、ご注文

今回は川唐購入がメインだったので、じっくり時間を掛けて、お二人とも選んで、二枚お買い上げされました。

気に入った様に、出来あがっていると良いのですが。
私は綿紅梅の長襦袢のお仕立てを頼みました。

クリックすると元のサイズで表示します

私は川越には3度目なので、今日はお気に入りの川越唐桟を着て行った。

クリックすると元のサイズで表示します

夏用の長襦袢を見せて頂く♪
本麻。正絹の絽。混紡の絽。綿絽。綿紅梅。麻と綿の混紡等。
色々ある物だな〜
綿紅梅の白生地反物で襦袢をお願いした。
お店を出る時に雨がパラついたが、なんとか晴れて来て、蔵の町を歩きながら、金笛で「玉ねぎのドレッシング」(お薦めの)お漬物、お芋のお菓子等買って、お茶をして、丸1日楽しんだ♪

最寄駅で土砂降りの雨に見まわれ、傘を持っているが、小ぶりに成るまで待とうとしたが、止まないので、土砂降りの中、着物の裾をまくって、歩いて帰る。
絽の長羽織を着ていたので、助かった。

クリックすると元のサイズで表示します

家に帰ったら、足袋には鼻緒の赤がクっきりと付いて、絽の襦袢はびしょびしょに成っていました。
さすがに自転車は駐輪場に置いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

何時も家に帰ってから、履物や小物を写すのですが、如何せん今回はぐっしょりで、畳表も踵の所が、ぶわ〜と成って、毛羽立って(毛羽立った所はライターの炎で焼き切りました)その個所を写しました。
雨が降りそうな時には、普通の木の下駄にしないといけないと思った。

着物を着出した頃に東武の職人さんに鼻緒を選んで、初めて買った畳表なのに・・・・ばたばたに成ってしまった。
何とか直そう。 

2005/5/23

5月23日の装い  ▲今日の装い/袷

着物は21日に購入した龍郷柄の大島♪
寸法を測って見ると、前巾が5分両方で1寸短い。
裄も7分短い。
何とかごまかして、着て出かける。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

とても薄くて柔らかくて、着易い〜
お気に入りで着続けるなら、仕立て直しをしなくちゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
襦袢は絽で半襟は白のビーズ。
帯はアイボリー地に薄紫色の牡丹に葉は白色の塩瀬の9寸名古屋帯。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは牡丹と同じ色の薄紫色の縮緬。
帯締めは伊藤組紐の錆朱に紫陽花の帯留。
扇子は文扇堂。
根付けは張子の猫。
腰飾りは兎の縮緬細工。

クリックすると元のサイズで表示します

籠は山葡萄の籠で山葡萄で作った亀を下げる。

クリックすると元のサイズで表示します

ドロンワーク刺繍の日傘。
履物は鎌倉彫りの右近下駄に、鼻緒は大島の残り布で作って貰った。

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/23

ちょっと池袋までランチに  ◎着物でお出掛け(袷)

昨日龍郷の着物を、日光消毒兼風を通す意味で、庭に干してありました。

夕方雨がぱらついた事に気が付くのが遅くて、少し濡れてしまいました。

大島で良かった♪

縮緬だったら縮んでいたはず。

今日、それを着て出掛け様かと思っているが、段々と太陽が出てきて、暑そう〜

着て見ました♪

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

腰紐を下のほうにきつく締めて、半衿を多めに出して。

ちょっと小さめの着物を着るコツかなぁ。

今日は着物を着ている人を、一人も見かける事が無かった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お誘いを受けてランチした所は、とても女性好みで雰囲気がある創作料理の「銀兎」♪

一応コース料理を頼んだのに・・・・

話しに夢中で、味わうどころか、写真も写すのを忘れ、是非もう一度ゆっくり味わって頂きたいお店でした。

実は明日は遠出なので、早めに切り上げたかったのに、名残惜しく場所をかえて、もう一度お茶♪
結局普段よりも帰宅が遅くなってしまった。

娘から頼まれていたお菓子を買って帰ったら、夕食が9分どうり出来ていた。

何時も有難う♪

急いでもじりを羽織って、お手伝い?

そのまま、大汗をかいて食事。

終ってから、デジカメで何時もの様に着姿を写してもらおうと、デジカメを渡したつもりが手を離すのが早くて、思いっきり床に落としてしまう!

レンズが陥没?傾いている!!
万事休す!と思ったら、思いっきり押しこんだら、元に戻った♪
よかっったわ〜

2005/5/22


実は昨日買ったときには、道行を雨コートには、自分で遣ろうと思っていた。
前身頃と後身頃の折り返し分を伸ばせば、雨コートの丈に成る事が分かったいたので、洋裁の丈出しの様に出来るのではないか?

でも竪衿の縫い代が少ないので、接がなければ成らない事も分かっていたが、実際に身頃を解いて見て、全体を眺めて見たり、羽織ってみたり、色々考えて、やっぱり、お願いすることにした。

クリックすると元のサイズで表示します

竪衿の所が45cm程、足りない・・・
画像の身頃の両脇の短い部分。

「おたすけくらぶ」さんに♪なんとか繰り回して、素敵な雨コートにして欲しいと、解きました。

クリックすると元のサイズで表示します

全部で1時間ほど掛かりました。
衿が一番解きにくくて、布を切らないように、気をつけて解きました。
ミシン縫いではなかったのですが、細かい縫い目で、丁寧に縫ってありました。
ポケットにも共布が使ってあったので、繰りまわしにも活用できて、ラッキーでした。

上が袖口布×2、ポケット布×2、ホック、包ボタン×3、衿の紐。
真ん中の左が竪衿×2.隣が袖×2.隣が身頃×2、羽織裏×2 紐×2
下が道行の衿。


2005/5/21

龍郷の雨コート  ◎洋服でお出掛け

友人に誘われて、大和駅前で毎月第三土曜日に開催される、骨董市に行って来ました。

家族が寝静まっている頃に家を出て、会場に8時前に着きました。

誘った人に電話をするが、全然繋がらない・・・・のです。

クリックすると元のサイズで表示します

一生懸命に見ているからだろうと、時間を置いて又連絡するが繋が〜い。

仕方がないので、まだまだ客の出足が揃っていないので、3年前位から、龍郷柄の大島を探していたので、それをメインに探す。

目の前に大島をいっぱい持っている人がいて、直ぐに目についた青系の龍郷柄で、黄色も入っていない着物と、道行を見付けました。

友人にも見てもらってから決めたかったので、奥のほうに押しこんでお店を後にしました。

さーっと一回りした頃に、もうKさんが到着♪。

二人して受話器を持ちながら目の前で話しているのには、笑っちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は涼しい筈なのに、お天気が良くなって、暑いくらいだった。

骨董市のスタイルで。

(ショルダーバックを前に下げて、両手が自由に使えるように、帽子をかぶって、メジャー持参で)

クリックすると元のサイズで表示します

戻ってきた時に、もしも売れていたら諦め様と思っていたが、戻って来たら、着物がチラッと見えたが売れていなかった♪。

とても柔らかくて、青系で好きな色味なので、Kさんも「良いんじゃない」とお墨付きなので、購入を決めました。

ルンルン♪

クリックすると元のサイズで表示します

道行を雨ゴートにするんです。

3年越しの夢?が叶います。

3年前の「きもぱら」の忘年会で、有る方が龍郷柄の雨コートを着ていらして、着物に嵌ったばかりで、凄く印象に残っており、色々見ていたが今回ついに購入になりました。

龍郷柄

(大島紬の柄の一種で、奄美大島の中にある、龍郷村で織られた大島紬です。

赤や黄色・青が入っている柄もあります。

鹿児島ではは太陽では海・黄色は忘れました。

奄美大島ではは熟しているソテツの実で、は未熟な実と聞きました)

クリックすると元のサイズで表示します

最初は着物を雨コートにしょうと思っていたのですが、わざわざ共布で道行きを作ってあるのを、別々にするのが忍びないし、羽裏がとても美しい布が付いていたので、色・柄共に気にいったので、こちらで雨ゴートにしようと思いました♪

クリックすると元のサイズで表示します

出来るかなァ〜 

2005/5/20

今日の装い  ▲今日の装い/袷

着物は白地に雲の様に薄い水色で、グラデーションに絣が入っている柔らかい紬。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

●帯は緑地に、赤茶の斜め縞の中に色んな柄が織られている、初めての本袋帯(両脇に縫い目がなくて、袋状に織られている、袋帯)
柔らかくてとても締めやすかった。
余り考えないで締めたので、お太鼓とタレの柄が繋がっていない・・・・
今度から気をつけよう♪

クリックすると元のサイズで表示します5クリックすると元のサイズで表示します

色々合わせられそうな帯で良かった♪
白っぽい着物に白の半襟ではボケてしまうので、黒のビーズ半襟で。襟元を引きしめました。

本麻の長襦袢に黒のビーズ半襟。

クリックすると元のサイズで表示します

帯揚げは白と黒の細かい格子の縮緬を初下ろし。
帯締めは黄色の冠組紐に帯留は柘植の薔薇。
根付けは昨日買った、十三やの柘植で丸に橘の紋。
扇子は文扇堂。

クリックすると元のサイズで表示します

籠は胡桃。
これは日本橋のデパートで職人さんから購入しました。
まだ山葡萄も胡桃もよく分らなかった頃に、とても美しくキチット編んで有ったので、決めました。
上のほうが少しつぼまっています。

しっかりとして艶があります。
山葡萄と違って、表面がつるつるしているので、着物に優しいです。
中に藍染の巾着を縫い付けて、細い組紐を色違いで二本使い、結び目は薄茶色の鹿の子絞りで包みました。
アクセントに買ったときにオマケで持った、下駄をぶら下げています。

履物は南部畳表に山葵色の鮫小紋柄の鼻緒。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

柄の帯に大きな柘植の帯留でワンポイント♪

白大島とこの着物は離れて見ると、同じような白い着物に見えるのに、不思議と合わせている帯がダブっていない♪
質感が違うからか、着ている時期が違うのか分からないが、アップして見て初めて分かった。
と言う事は、ダブらせれば倍の組み合わせと言う事に成る♪




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ