2008/11/30

お友達の定期演奏会  ピアノ

昨日はお友達の所属するピアノサークルの定期演奏会を聴きに行ってきました。
初めて行くホールです。地下鉄の駅から5分くらい歩いて、住宅街の中を入っていくと・・・ありました!
クリックすると元のサイズで表示します
開いた扉の間からピアノが見えて・・・期待が高まります。
クリックすると元のサイズで表示します
ピカピカに磨かれた木の床、吹き抜けになった天井、桟敷席風の2階席もあって、とても素敵なホールでした。
クリックすると元のサイズで表示します

出演者のみなさんはすでにリハーサルを終えたあとで、スーツやドレスに着替えて本番が始まるのを待っていらっしゃいました。華やか〜!大人〜っ!
今回わたしは聴きに来ただけなのに、みなさんのビシッと盛装した様子を見るとドキドキと緊張してきましたよ〜。
「いいなぁいいなぁ〜。ここのピアノはどんな音がするんだろう?」とピアノ椅子に座ってヨダレをたらさんばかりにしていたら「ちょっと音出してみたら?」とおっしゃってくださって、お言葉に甘えてちらっと「ため息」の出だし部分を弾かせていただきました。「ふぉぉ〜〜〜。。。」よく響いて軽いタッチのスタインウェイでした。

12人の方が演奏され、お一人10分〜20分くらいの持ち時間で、ショパン、ベートーベン、メンデルスゾーンなどの大曲・名曲がズラリと並ぶ、超豪華プログラム。
みなさんのこの定期演奏会にかける気合が伝わってくる素晴らしい演奏!
力強く重厚な音、優しく染み込むような音、キラキラと輝くような美しい音、胸がじんわり熱くなるような音・・・それぞれに独自の音を持っていらっしゃって素敵でした〜。
「はぁぁ〜〜〜。ピアノが弾けるのっていいなぁ〜〜〜。」とあらためて思いました。
よし、がんばろっと。










トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ