2007/9/20

初オペラ  コンサート

先週12日、生まれて初めてオペラに行ってきました。
夫のおばあちゃん、お母さん、わたし、という3世代で、新国立劇場へ「エフゲニー・オネーギン」を観てきました。

これまで「エフゲニー・オネーギン」についてはストーリーも曲も全然知らなかったので、まずは原作を読んで予習していきました。
原作はちょっと文章がわかりづらいところもあったのですが、オペラはシンプルなストーリーになっていてわかりやすかったです。
(それに、舞台の横に字幕が出るので、歌詞がわからなくても大丈夫なんですね。)

 第1幕
文学好きで内気な姉タチヤーナと、可愛く陽気な妹オリガ。
オリガの恋人の詩人レンスキーが、友人のオネーギンを連れて姉妹の家を訪れる。オネーギンに一目惚れして、一晩かけてラブレターを書くタチヤーナ。オネーギンは「君のことは妹のようにしか思っていない。友達でいよう」と断る。
 第2幕
タチヤーナの誕生日パーティ。オネーギンはオリガとダンスを踊る。
それを見て嫉妬したレンスキーはオネーギンに決闘を申し込む。
決闘で銃弾が当たり、死んでしまうレンスキー。
 第3幕
決闘から数年後。放浪の旅の果てモスクワのとある貴族のパーティに顔を出したオネーギン。そこで今は公爵夫人となったタチヤーナと再会。
かつての内気な少女とは別人のように洗練され堂々として社交界の華となったタチヤーナに恋するオネーギン。しつこく言い寄るも「なにを今更。もうわたしは人妻です。」と今度はオネーギンが振られる。

・・・というあらすじ。

まず、タチヤーナとオリガ、レンスキーがイメージぴったりで、舞台に登場したとたん「あっ!あれは!」とわかりました。
オネーギンはイメージよりもずいぶんと恰幅がよかった^^;それと小説だともっとイヤ〜な感じのキャラなんですが、オペラ版だとそれほどやな感じではありませんでした。

1幕で、レンスキーがオリガへの愛を歌うところと、2幕で決闘を前にレンスキーが今までの人生を振り返る歌がとってもよかったです。
レンスキーの歌手の人がよかったのもあるだろうし、チャイコフスキーはレンスキーがお気に入りキャラだったのかな??と思うほど、レンスキーの歌のメロディがキャッチーだったような。。。
あと、誕生日パーティーの途中で、フランス人の家庭教師(?)がタチヤーナを褒め称える歌、っていうのも面白かった。

視覚的にすばらしかったのは3幕。
幕が上がったときには、その華やかさに目がくらむようでした。
2幕の誕生日パーティーのシーンも、全体にパステルカラーできれいだったのですが、3幕はシックかつゴージャスなモノトーンのドレス(でも一人一人違うデザインで、アクセサリーも凝ってる!オペラグラスで細部まで見て興奮。)で統一されてて「なるほど、タチヤーナの家は田舎の貴族だったけど、こっちは都会の社交界のパーティなんだな。」というのが一目瞭然でした(小説で読んだときにはいまいちピンとこなかったんですが。)。
そして、タチヤーナの華麗な変身ぶりも見事でした。

いや〜、初めて観ましたが、オペラおもしろいですね!!ストーリーも楽しめ、オーケストラも楽しめ、歌も楽しめ、舞台(セットや衣装など)も楽しめ、踊りも楽しめて・・・チケット高いのも納得。。。(でも高いよねぇ。。。安ければもっと観に行きたいところだけど。)





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ