2005/11/30

来週からのスーパーレッスン  ピアノ

ルイサダ先生のショパン・レッスンが終わり、来週からは何かな(春に番組が始まったころは「モーツァルト、ショパン、ベートーベン」という噂だったのでベートーベンの曲ばっかりやるのかと思っていました)と楽しみにしていたら、「大曲に挑む」ということで、ハイドン、ベートーベン、プロコフィエフのピアノソナタと、チャイコフスキーのピアノ協奏曲、という組み合わせでした。
…大曲すぎる!!

講師はアレクサンドル・トラーゼさん。わたしは初耳です。
NHKのテキストのホームページの写真(http://www.nhk-book.co.jp/piano/)を見て「…なんだかコワそう…:」と思っていたのですが、本屋でテキストの中を見てみたら、笑っている写真は別人のようにかわいくて優しそうな方でした。
どんなレッスンをしてくれるのか楽しみです。

本屋に行ったついでに、村上春樹さんの新刊「意味がなければスイングはない」を探したのですが、家から自転車で行けるふたつの本屋どちらにも入荷していませんでした。
特に、一方の本屋は、村上さんのハードカバーの本は一冊も置いていないという徹底ぶりで「…店長さんが村上さんを毛嫌いしているんだろうか?」と勘ぐりたくなるほどです。

今回のは題名からも推測できるように音楽にまつわるエッセイ集らしいので、とっても楽しみです。あ〜〜〜、早く読みたい!!

村上春樹「意味がなければスイングはない」http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163676007/ref=amb_center-7_39153906_33/249-6914869-5294731






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ