2008/9/30

上野アメ横  食べ物

先日書いたとおり、最近とうがらしにハマっています。
わが家で収穫したとうがらし。(長いのがハラペーニョ、小さくてコロンとしてるのがハバネロ。)↓
クリックすると元のサイズで表示します
パスタやサラダのトッピングなどに刻んで使っていましたが、とうがらしを活かしたさらなる料理を求め、図書館で本を借りてきたり・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
ネットで情報を調べたりしているうち、「とうがらしの料理といえば、やっぱりタイ料理らしいよ?」「上野アメ横のセンタービルの地下街に、タイ料理などの食材のお店があるらしいよ!」ということになり、夫と行って来ました、上野アメ横。

わたしは上野は動物園と美術館と奏楽堂にちらっと行ったことがあるくらいで、もしかしたら10年ぶりくらい??というほど久しぶりでしたし、アメ横は右も左もわからないのですが、夫は学生時代にはアメ横大好きで通っていたらしく、久しぶりに行っても迷わずあちこち歩いて「やっぱり楽しいな〜!落ち着くな〜!アメ横!」と嬉々としていました。

さて、初めて行ったアメ横センタービル地下食材売り場は・・・階段を降りている途中から、独特の食材の匂いがたちこめ、中に入ればそこは異国!!
タイ・ヴェトナム・中国・韓国・インド(?)などの、ありとあらゆる香辛料や、初めて見る野菜、沖縄の市場もビックリな豚の顔・内臓いろいろ、やたら元気よく動いているスッポンやカニ、ほとんどグロテスクにも見える姿の魚・・・などなどがギッシリ並んでいました。
おまけに、お店の方も、お客さんも、英語ではない外国語をしゃべっています@@
「うわ〜!ここホントに日本なの?!」というくらい異国情緒たっぷりです。都心にこんな場所があるとは驚きでした。

夫がお目当ての「ネームソーセージ(タイのソーセージ。)ありますか?」と店員さんに尋ねても、「・・・ライム?・・・コレネ!」とライムの冷凍果汁の瓶を差し出されてしまうほど、日本語が通じないお店もありました^^;

あちこちのお店をのぞいて、チェックしていた食材をゲット↓
クリックすると元のサイズで表示します
左上は、たぶんタイのトウガラシ「プリッキーヌ」、真ん中の上のは青パパイヤ。その下がネームソーセージ、その横はコリアンダー、「レモングラス、カー(タイのしょうが)、コブミカンの葉のセット(←トムヤムクンなど、タイ料理には欠かせないスパイス。)」、下は、コリアンダー、クミン、クローヴなどなど、スパイスいろいろです。

スーパーで小瓶に入って売られているスパイスの10倍くらいの量が入っていて、どれも300円くらいでした^^

お昼ご飯は、上野駅ビルのアトレの中にある、「コカレストラン」というタイ料理店のランチを。平日ですが、ちょっと並んでから入りました。
わたしは「ひき肉のバジル炒めご飯と、トムヤムヌードル(←けっこう辛い!)のセット」、夫は「ひき肉のバジル炒めと、タイカレーのセット」を注文。どちらもスープ、サラダ、デザート(タピオカミルク。)まで付いて980円と、お得でしたし、おなかいっぱいになりました。

さて、帰ってきてさっそく夫が夕飯に作ってくれたのは、ネームソーセージ(ソーセージの中にコリコリした軟骨と、トウガラシの入ったもの。おいしい!)とコリアンダーのサラダ。ほんとはライムで酸味をつけるのですが、生のライムが見当たらなかったので、レモン汁で代用。

クリックすると元のサイズで表示します

コリアンダーが好きにはたまらない美味しさでした!子どもたちはコリアンダーの匂いがニガテなので、顔をしかめていましたが^^;

しばらくはこれらの食材で楽しめそうです!


2008/9/26

初の月光3レッスン  レッスン

3週間ぶりにレッスンに行ってきました。
「お彼岸だったので練習不足なんです。夜ピアノ弾いてたら『なんか指先がチクチクする;』って思ったら、バラのトゲが刺さったままでした。」なんて話をしてからスタート。

♪リャードフ「舟歌」
1回通して弾くと・・・「練習不足のわりに前よりよくなりましたね。特に前半部分、身体を柔らかく使って弾けるようになったのがいいですね。あとは、場面ごとにもっと音色を変えて弾けるといいですね。」ということで、詳しくみていただきました。
キラっとさせたいところや、広がりを出したい部分、たっぷり歌ってから一気に盛り上げたいところ・・・などなど、表現上のアドバイスをいろいろ。
エンディングは単純な音が繰り返されるので、リズムが崩れないように注意して弾くこと。

♪ベートーヴェン 「月光 第3楽章」
先生「どこまで弾けましたか?」ふわふわ「一応最後まで・・・なんですけど、もっのすごく変です!手が届かないところは勝手に音変えたり、ペダル加えたりしてます。あ、あと、この最後から2ページ目の、ジャララランジャラララン・・・ってなるところの弾き方がわかりません。」
先生「では今日は音の取り間違いがないか確かめるのと、ペダルの入れ方をみていきましょう。ゆっくりめでいきますか?」
ふわふわ「うっ・・・ゆっくりでも弾けないので、いける速さで弾いてみます!」

チャカチャカチャカチャカチャカチャカダンダン!チャカチャカチャカチャカチャカチャカダンダン!・・・と弾き始めるとあまりのハチャメチャ度合いに、先生もわたしも思わず噴出しつつストップがかかるところ多数、ペダルのタイミングや、指づかいなど、アドバイスをいただきつつ、なんとか最後までたどりつき、「・・・;;こんななんですよー!どうしたらいいでしょう?」

先生「う〜ん、音の取り間違えはないんですけどね〜^^;楽譜どおりに弾けば、それなりにかっこよくなるはずなんですよ。」
いかにタイトにビシッとカッチリとリズムを刻みつつ弾くかというところにかかっているようです。
わたしはいつも雰囲気でポワ〜とぼやかして弾く曲ばかり好んで弾いてるので、こういうカッチリ系のごまかしきかない曲を弾くと、いい加減さが強調されてしまいます;
「でも、せっかくなのであきらめず、がんばってみましょうね!地道に練習してください。」
ポイントとしては、最初から飛ばさないこと。実はこの曲、ほとんどpで、fの部分は少しなので、そのメリハリを意識して弾くように。ふつふつと沸き上がって、一気に爆発する部分を作るように。
そして、ゆっくり、正確に地道な練習を、ということでした。







2008/9/25

明日はレッスンなのですが  ピアノ

ふぃぃ〜〜〜;;ようやくお彼岸が終わりました。
なんだか今月は仕事が忙しかった上に、毎週子どもの学校行事が入っていて、ぎうぎうでした。
去年の9月はこんなにぎうぎうしてなかったと思うのだけど。。。うー。

というわけで、ピアノもほとんど練習できていないのですが、明日はレッスンです。
いよいよ月光3楽章を持っていく日が!

一応、譜読みは終わり、間違いだらけでも強引にすっ飛ばして弾いていて、「どんなもんかなー?」と試しに録画してみたところ・・・あまりのヘンテコ具合に吹き出しました。
ミスが多いとか、テンポが遅いとか、リズムがいい加減とか、ヘタクソとか、なんだかそれ以前の問題で、圧倒的にヘン!こんなヘンな月光は聴いたことがないよ!!
月光3楽章といえば、「かっこいい焦燥感」(?)でザワザワっとして胸かきむしっちゃうようなイメージですが、わたしが弾いてると、「りすのくるみ割り競争」とか「ラッコのハマグリ割り競争」みたいで、まったく楽しそうで、真剣になればなるほど滑稽な感じが・・・;;
弾いてるときには自分ではもうちょっとシリアスに弾いてるつもりでいたのですが。。。ものすごいギャップが!

明日先生がどういう反応をされるか楽しみです。。。

2008/9/19

明日のスーパーレッスンは「幻想即興曲」  クラシック情報

毎週ご覧になっている方も多いと思うのですが、ピリスのスーパーピアノレッスン、明日(と、来週・再来週)はいよいよ「幻想即興曲」です!
どんなレッスンになるのか、楽しみです。

2008/9/19

リャードフに夢中♪  ピアノ

リャードフの「舟歌」を練習始めて、「参考になる音源はないかな?」とネット上を探したり、CDを探したりしたのですが、なかなかみつかりません。
わたしが持っているリャードフのCDは、田部京子さんの「アンコールベスト」の中に入っている「舟歌」と、ピアノ名曲集のオムニバスに入っている「音楽玉手箱」(アシュケナージの演奏)だけでした。
全音の「リャードフピアノ作品集」の楽譜を使っているので、そこに載っている、前奏曲や変奏曲も聴いてみたいと思って、何か網羅しているCDはないものか・・・と探していたところ、先日銀座に行ったときに、山野楽器とヤマハのCDコーナーを探して、みつかったリャードフのCDは一枚のみ!!
ピアニストは菊地洋子さん。なぜか輸入盤。(逆輸入?)
16曲収録されていて、そのうち全音の楽譜と重なっている曲は、プレリュード57−1と、音楽玉手箱、グリンカの主題による変奏曲、ポーランド民謡の主題による変奏曲の4曲でした。
残念ながら「舟歌」は収録されていなかったのですが、どの曲も素敵で、ますますリャードフが好きになりました。
いい曲いっぱい書いてるのに、あまり知られていないなんてもったいな〜い。

リャードフの曲は、ちょっとショパンやスクリャービンにも似た感じで、ワインの酔いがまわったときみたいに、ふわっとクラっとする瞬間があるのが気持ちいいです。

今は「舟歌」を練習中ですが、次は前奏曲57−1を弾いてみたいです。楽譜持ってないけど、前奏曲11−1もいいな〜。

ピティナで連載されている、ピアニストの内藤晃さんの「名曲喫茶モンポウ」でも、リャードフが取り上げられていましたので、興味のある方は読んでみてくださいね。(前奏曲の音源も3曲あります。)↓
http://www.piano.or.jp/report/cafe_mompou/004.html

まだまだ練習途中で、間違いだらけなんですが、わたしの「舟歌」の練習風景、動画アップしました。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Y16uVmzFDM0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ