2007/4/30

5月2日の徹子の部屋は  クラシック情報

フジコさんです!5月2日の徹子の部屋、お見逃しなく。

2007/4/28

今夜のトップランナーは  ピアノ

ピアノ連弾兄弟のレフレールです。今夜11時から。楽しみ!
レフレール兄弟を見るたび、「お父さんとお母さんはうれしいだろうな〜。」と思います。

ところで昨日、映画「神童」で主人公うたのピアノを担当している、リアル神童、和久井冬麦ちゃん(12歳。5歳からウィーンに留学してるそうです。)がピアノを弾いているところをテレビで見ました。
ショパンのノクターン20番、エチュード(何番だったかな?)、モーツァルトのソナタなど。

「千秋の手の人」が弾いてるワオのピアノも聴きたいし、「神童」映画館に観に行きたい!



2007/4/25

つけ足し。  日記

自由が丘雑貨屋めぐりのつけ足し。

ロマンチックで優しい雰囲気の雑貨屋の老舗、王由由さんのTwice。
現在の店舗での営業は5月13日で終了だそうです。
新しい場所に引っ越して再開されるそうですが、今の店舗の雰囲気、好きだったのでちょっと残念。
お店の前で綺麗に育っていた花壇のバラやお花はどうなるのかな。
Twiceのホームページ↓
http://www.twice.co.jp/index.html

Twiceのすぐ近くにある、
モッコウバラが満開だったお店はラコンテ・モア↓
http://www.raconte-moi.jp/index.html

その向かい側の奥にあった白っぽいインテリアが爽やかなお店、コーハウス↓
http://www.enfant-net.com/naturaldays/cohhouse/jiyugaoka.html

それと。昨日は知らなくて見逃してしまったけれど、次回は行ってみたい花屋さん。エストガーデンと、ラ・フルール・ドゥ・ショコラ。

エストガーデン↓
http://www.estgarden.com/

ラ・フルール・ドゥ・ショコラ↓
http://www.browse.ne.jp/FlowerOrder/CH/index.php











2007/4/24

雑貨とお花の自由が丘  日記

お花と雑貨の大好きなお友達(Aさん)と自由が丘を散歩してきました。
自由が丘に行くのは数年ぶり。前に行ったとき、地図を片手に迷いまくったことを覚えていたのですが、やはり今回も方向感覚がなくなりました。(Aさんが記憶力抜群だったので助かりましたが。)
そして、前回と同じく、物欲は大爆発。かわいいものがありすぎてクラクラきました。

まず今日は、雑誌で見て気になっていた花屋さん「ブリキのジョーロ」に行くのが第ー目的だったのですが、「駅から徒歩2分」と書いてあるのに、お店に辿り着くのに1時間以上かかりました。
場所がわかりにくかったこともありますが、行く途中で「きゃー!かわいいっ!」「おぉっ!こんなところにも!」と、かわいい雑貨屋さんがたくさんあるので、フラフラ吸い寄せられてしまって。
中の商品や、インテリアもさることながら、外に飾ってある寄せ植えや、ちょっとした花壇に植えられている植物がとてもお洒落です。
「この狭いスペースでよくこんなに育ってるねぇ。」と感心するほど生育旺盛で。(壁をつたう満開のモッコウバラや、フェンスからあふれでる極太ワイヤープランツなどなど。)
自由が丘にはなにか植物が育ちやすい気が充満してるんでしょうか。

念願のブリキのジョーロ(想像していたよりシックな花屋さんでした。草花の品揃えも、ひとひねりきいた珍しい種類や渋い色合いのものが多くて、売り場に並んでいるだけで「も〜、まいっちゃうねぇ。。。」とため息をついてしまう素敵さ。)を見たあと、お昼ご飯を食べ、今度は駅の反対側へ。
ブリキのジョーロHP↓
http://www.buriki.jp/

Aさんオススメの「Natural Plenty」へ。ここはなんと、ほとんどの商品が105円〜315円、でも、とってもかわいいのです。
今回、わたしの目当ての買い物は、何か鉢カバーとして使えるポットで、自由が丘のありとあらゆる雑貨屋さんでブリキのポットを手にとっては値段を見比べて「う〜む・・・」と唸っていたのですが、NP(勝手に省略。)ならば迷うことなく好きなものをカゴに入れられます^^
白いホウロウ風のバケツが2つつながった鉢カバー、ワイヤーのバスケット、ワイヤーフック、水色のカゴ、ミニちりとり、全部合わせても735円^^
同じ建物(トレインチ)の中に、お気に入りのカレルチャペックなども入っているのもうれしい。
トレインチHP↓
http://www.tokyu-tmd.co.jp/trainchi/index.html

さらにいろいろ雑貨屋さんめぐりをして歩いていると、まるで外国のような花屋が出現!!店頭に色別に並べられた切花が美しい〜!しかも、ガーベラ10本390円(だったかな?)とか、驚きの安さで、さらに興奮。
モンソー・フルールというお店↓
http://www.monceaufleurs.co.jp/

さらに雑貨めぐりをしつつ、最後の目的地「Thanks Nature」へ。ここも欲しくなる植物がたくさん。ずっと欲しかったユーカリの苗木をゲット。
サンクス・ネイチャーHP↓
http://www.thanksnature.com/

11時から5時まで、気づけば、お昼ご飯の時間以外はず〜っと歩いてました。好きなものを見ながら歩いてると疲れないですね。














2007/4/22

インベンションの会  ピアノ

「みんなでインベンションを弾きましょう!」という「インベンションの会」に行ってきました。
場所は都内の某スタジオ。一見、普通のマンションの1階が扉を開けるとスタインウェイのグランドピアノのあるスタジオになっています。
正方形の部屋の角にピアノがあり、ピアノのまわりが扇形(というか円の4分の1というか。)の一段高いステージになっていて、ぐるりと椅子が囲んでいます。
壁にピアニスト(ポリーニや内田光子など)のモノトーンのポスターが貼ってあり、ちょっとライブハウスっぽい感じでもあります。
15人くらいまでの集まりにちょうどよい広さ。

まずは自由曲タイムで、着いた順番に一人一曲ずつ弾いていきます。
参加者のみなさんがそろうまで、2巡しました。
シュトラウスの「皇帝円舞曲」(豪華〜☆頭の中が舞踏会になりました。Tさんのすばらしい暗譜力、分けて欲しいです。)
バッハのフランス組曲(お会いする前「髪型がきみまろです」とお聞きしていたので、男性かと思っていたらキュートな女性で、みなさんビックリ!渋く深い2番の演奏でした。)
モーツァルトのソナタ(とってもグルーヴ感のあるモーソナで、ノリノリで楽しく聴かせていただきました。)
シューベルトの「即興曲935」(今度は変奏全部聴きたいです〜!たむさんの演奏を聴くと「たおやかな」という言葉が浮かびます。)
ショパンの「英雄ポロネーズ」(スポーティでかっこいい〜!と思ったら、次に弾かれた「亡き王女のためのパヴァーヌ」ではがらっと雰囲気変わってうっとり。)
ラフマニノフの「鐘」(和音のどっしりした響きが綺麗!!この曲やっぱりかっこいいですね。わたしもチャレンジしたくなりました。)
・・・などなど、豪華プログラムが次々と!「練習会」と聞いていましたが、みなさんさっと人前で披露できる曲があって素晴らしい☆☆

わたしは「愛の挨拶」(うー。。。2年前にはレパートリーだったはずなのですが。。。忘れてますね。)と、シューベルトの即興曲90−3を弾きました。

さて次は本題のインベンションタイム。
1番から順番に、弾きたい人がどんどん弾いていきます。
かぶってもOKで(たとえば1番なら3人)、また、弾ける曲はいくつ弾いても良いので(わたしは今回1番と8番でした。)、次回までに弾ける曲を増やしたいです。
バッハのインベンション、みなさんそれぞれの音色で、装飾音の入れ方などにも個性があって、聴いていてとても勉強になりました。
緊張のせいもありますが、わたしはすごく慌てて弾いてしまう(1番の1小節目でいきなり「ドレミファレミド『ラ』?!」を2回も繰り返すとか;;)ので、もっと落ち着いて弾くように気をつけようと思いました。

インベンションタイムのあともまだ1時間半くらい時間があったので、また自由曲タイム。わたしはスケ2と、もう一回「愛の挨拶」を弾きました。

4時間たっぷり、ピアノ弾きまくりの聴きまくりの楽しい会でした。
残念ながら早く帰らないといけなかったので2次会は行かず駅でみなさんとお別れ。一人になって電車に乗ったら、ものすごい空腹なのに気づきました。きっと2次会では食べるのも飲むのも大盛り上がりだったんじゃないでしょうか。

最近は新学期のバタバタや、家の模様替えに気をとられ、あまりピアノに触っていなかったのですが、みなさんの演奏を聴いて、ピアノ熱復活しました!
主催のたむさん、どうもありがとうございました。
また次回も楽しみにしています。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ