2005/9/30

第2希望の曲決め  ピアノ

3週間ぶりのピアノレッスンでした。
約2ヶ月後に迫った演奏会、第1希望曲はバラード1番なのですが、第2希望曲がなかなか決まらず、仮練習中の「華麗なる大円舞曲」がイマイチ乗り切れないので、ほかの曲でなんとかなりそうなものがないか、先生にざっと聴いてもらって選んでもらうことにしました。
条件は8分以内で、複数弾くとしたら一つはショパンの曲を弾きたい、ということで。

第2希望候補曲」として先生の前で弾いた曲。
♪ショパン ノクターン第20番(遺作)
♪ショパン ワルツ第7番
♪ショパン ワルツ第9番
♪ショパン ワルツ第13番
♪プーランク 即興曲第15番「エディット・ピアフに捧ぐ」

「ピアフ」以外は今までレッスンしてもらったことはありません。
わたしとしては、「ピアフ」とショパンの何になるかな、と想像していたのですが…。
「『ピアフ』はまだやめておいたほうがいいと思いますね〜。どうしても弾きたい、というのなら止めませんが。。。」と真っ先に却下されてしまいました;
感情が先走って、曲全体の流れができてないそうです。前からレッスンしているわりに変なミスタッチが減らないのも人前演奏用にするには危険ということでした;

で、おススメされたのはショパンのノクターン遺作と、ワルツ第9番。
「ノクターンは、けっこう雰囲気をつかんで弾いてるので、最後の18連符や35連符を上手く入れられるように練習すれば間に合うと思いますよ。ワルツは7番もいいですけど、9番のほうがわたしは好きです。それに、ノクターンが短調なのでワルツは長調にしたほうが組み合わせとしてもいいと思います。」ということでした。

さて。ではそのほかのレッスン曲。
♪ハノン16番
合格。次回は17番。
♪ハノン音階 変イ長調
合格。次回はヘ短調。
♪ハノン55番 4重トリル
次回は自分で弾ける最速までテンポアップ。ひぃぃ〜;

♪バラード1番
最初から通して弾いてる時間はなかったので、区切りつつ、苦手部分を取り出して教えてもらいました。
派手に間違えて「ぎゃ!」とか「ぎょ!」とか言いつつコーダを弾いてるところで次の生徒さんがいらして、ちょっと恥ずかしかったです。。。
「今のふわふわさんのレベルでは、コーダを速く弾こうとすると玉砕しますので、自分で確実に弾くことのできるテンポで音をはずさず弾いたほうがキレイに聴こえますよ。またいずれ技術がついてくれば、速く弾けるようになるとは思いますが、現時点では無理をしないほうがいいです。」ということでした;はぅぅ。
…というわけですので、もし今度の演奏会でバラ1を弾くことになりましたら、ご一緒させていただくみなさまには前代未聞のスローコーダ付バラードをお聴かせすることになるかもしれません…。



2005/9/29

洋服入れ替え  日記

ここ何日かで急に涼しくなりましたね。
もう半袖は着ていられないので、夏物と秋冬物の入れ替えをしました。
あれれ?こんなに少なかったっけ?
いったい去年はどうやって過ごしていたの??

セーターになる手前の洋服が皆無。
…そういえば、毎年この時期「この季節は着るものに迷うなぁ。」と言いつつボーダーカットソーとジーパンとかでごまかしてるうちにセーターの季節になるのでした。
ところが…そのカットソーたちも、久しぶりに取り出してみたら、なんだかちぢんでいるような。。。よれよれしてるような。。。そういえば、これ買ったのいつだっけ。。。思い出せないくらい前じゃないの!!
セーターも、いつの間にこんなに毛玉だらけに。。。

お洋服更新計画を立てなくっちゃ。




2005/9/28

「美輪明宏のおしゃれ大図鑑」  

ピンク色のストライプに、中原淳一さんのイラストから抜け出てきたような(と思ったら、実際イラストを再現したモデルさんでした。)真っ赤なワンピースの女の子の表紙に惹かれて手にとってみました。

これまで美輪明宏さんのことは「なんだかすごいビジュアルのおばさんのようなおじさん」というイメージしかなく(ごめんなさい)、どんな方なのか知らなかったのですが、本の内容があまりにもわたしの好きなもの興味のあるもの満載だったので思わず買ってしまいました。

美しい写真とわかりやすい文章で、中原淳一、竹久夢二、高畠華宵、内藤ルネなどファッションと絵画のことや、おすすめの映画のこと、フジ子さんとの対談、エディット・ピアフの話などなどが紹介されている、まさに「おしゃれ大図鑑」です。美輪さんの美意識が貫かれながらも、一般的なかわいいもの好きの女の子のための入門書としてもおすすめの一冊です。

フジ子さんと並んで対談していてここまで対等にインパクトのある方は初めてだな〜と思いました。お二人の意気投合されている様子が読んでいてほほえましいです。
対談中にフジ子さんがピアノを弾いて、美輪さんが歌ったという「枯葉」などのシャンソン、聴いてみたかったです。

あと、特におもしろかったのは、「美しい日本語会話集」というページ。
「その話、マジ?」→「ご冗談ばっかり。それ、本気でおっしゃっているの?」
「やっべー!」→「あら、困りましたわ。どういたしましょう。」
などの美しい言葉への変換実例集。
ためしてみたくなりましてよ。ほほほ。

それにしても、パソコンで変換するたび「おしゃれ大豆缶」となるのにはまいりました。

「美輪明宏のおしゃれ大図鑑」(集英社)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087804135/qid=1127909709/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-7817648-2567527






2005/9/28

リンク集  

リンク集に新しく追加と、それぞれのページの紹介文を書き加えました。
右の目次にはタイトルが5つしか表示されないのですが「リンク集のページへ」をクリックするとほかにも出てきます。
楽しいページがたくさんですので遊びに行ってみてくださいね。

2005/9/27

スーパーピアノレッスン  ピアノ

ルイサダ先生のスーパーピアノレッスン、先々週からショパンのピアノ協奏曲第一番ですね。
はぁぁ〜〜〜。なんて素敵な曲だろう。。。とあらためてウットリと聴き惚れています。(もうとても予習してレッスンについていくことはできないけれど…;)

この曲は難しくて弾けなくても、レッスンを見ていると参考になるところはたくさんあります。たとえば、「速く弾こうとするあまりゴチャゴチャ何を弾いているかわからなくなるような弾き方はしない」とか、「左手は伴奏、右手は歌。左と右の音色が一緒にならないように。」とか「音を頭の中で発音しながら弾く。」などなど。

それにしてもピアノ協奏曲って2台ピアノ用に編曲されているものがけっこうあるんですね。オーケストラと競演するのは一般のピアノ愛好家にとっては夢のまた夢でも、2台ピアノなら、一緒に弾いてくれる人をみつければ実現も可能ですね…というわけで、いつか弾けるように、こつこつと練習しようと思います。

ところでこのピアノ協奏曲のレッスンでオケパートを担当されている園田由子さん、とても美しい方ですねぇ。彼女を見るのも楽しみになってます。







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ