2005/8/31

「ショコラ」  映画

古い因習にとらわれ禁欲的な生活をしている小さな町に、不思議な母娘がやってきてチョコレート店を開く。
店主ヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)は客の好みにぴったりなチョコレートを選ぶ才能があり、そのチョコレートを食べた人はたちまちパァァ〜…と幸せ気分に。様々な問題もチョコレートとヴィアンヌの助けで解決!
町の権力者は、ヴィアンヌを「人を誘惑する悪魔の化身」として、町から追放しようとやっきになるが……
というようなあらすじ。おとぎ話風です。

出てくるチョコレートがどれもすご〜く美味しそう!!ホットチョコレートにチリバウダーを混ぜた飲み物…気になる。
ココアのたっぷりかかったガトーショコラもおいしそうだったなぁ。男の子が一口かじっただけで残して席を立つシーンがあって「残すならわたしにちょうだいよ〜。」と思ったくらい。

チョコレート店の内装や、ヴィアンヌ母娘の服装がカラフルでかわいい。
暗い雰囲気の町で、そこだけがぱぁっと明るく別世界になっているような感じがよく出ていました。

町に流れついたジプシー役でジョニー・デップが出てきます。(かっこいいギター演奏シーンがあるのですが、なんとジョニー本人の生演奏だったとか。)
ジョニー・デップ、「チャーリーとチョコレート工場」では工場主のワンカさん役なんですよね。チョコレートづいてますねぇ。好きなのかな。

「チョコレート工場の秘密」子どもたちは全員読んだ(双子姉はこれで夏休みの読書感想文を書いていた。)ので、テレビで映画のコマーシャルが流れるたびに大ウケしてます。「ぎゃはは〜!リス!!リス本物〜!!」とか「チョコの川〜!!」とか。
映画館に観に行きたいな〜。もちろんチョコレート持参で。


2005/8/30

マイナスイオン歯ブラシ  日記

夫が変わった歯ブラシを買ってきました。
歯ブラシの柄の真ん中あたりに金属板があり、その下のボタンを押すとライトが光ります。

夫「これ、電池が入ってて電気が流れてマイナスイオンの力で歯垢を落とすんだってさ〜。」
わたし「えっ?!ビリビリする?口の中ビリビリ??(わくわく)」
夫「いや、それはないよ…;」
わたし「あれ?歯磨きしてるときに、ボタンが光るんじゃないの?」
夫「あ、この光るのは電池の残量チェッカーで、この銀色の金属のところが電池らしいよ。ブラシを水で濡らして、手も濡らしてここの銀色部分を握って磨くといいんだって。」
わたし「あっ、じゃぁ、手がビリビリ??(どきどき)」
夫「…。」

…というわけで、わたしも買ってきて使ってみました。残念ながら(?)ビリビリはしませんでした。効き目は…まだわかりません。

マイナスイオン歯ブラシ「キスユー」
http://www.ionic.co.jp/index.htm

2005/8/30

グールドのテレビ情報  ピアノ

9月2日の深夜(つまり正確には3日。)、BS2でグレン・グールドの番組があるらしいです。楽しみ〜!
以下はNHK番組表から。

グレン・グールド
〜 ロシアへの旅 〜
9月3日(土) 00時30分23秒〜01時25分23秒 [0時間55分00秒]

内 容:
カナダ出身の天才ピアニスト、グレン・グールド。 1957年、当時24歳のグールドは、北米出身のピアニストとしては初めて、冷戦下のロシアでの演奏会を行った。 これは、演奏家自身にも聴衆にも、また後の世代のロシア人音楽家たちにも多大なる影響を与えた出来事であった。 番組は、この知られざるグールドのロシアへの旅に焦点を当て、貴重な記録映像を交えつつ、その全容に迫る。 グールドの型破りなロシア訪問が与えた衝撃とは、いったいどのようなものだったのか。 ロストロポーヴィチ、アシュケナージら同時代の優れた音楽家や音楽研究者、 映像・劇場監督たちの言葉を通して当時を振り返る。





2005/8/29

「第七官界彷徨」  

先日読んだ(といっても斜め読み)のですが…全然わかりませんでした…。
「こやしを煮る」とか「苔の恋愛」とか…なんのこっちゃ???
乙女必読書、というような紹介文をどこかで読んだ気がするのだけど…。わたしが乙女じゃないから、良さがわからなかったのかな。

そしたら、今日のニュースでこんな記事が。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050829-00000020-san-soci

ぎょえ〜〜〜!!!…尾崎翠が書いてた「こやしを煮る」と同じ?(違う?)

2005/8/29

なし  食べ物

わが家の近所には梨畑がたくさんあります。
この時期になると、あちこちに特設テントができて梨の直売をやっています。
「地方発送いたします」の看板の横で、農家のおじさんおばさんが頭にタオルやら麦わら帽子やらのっけて、おしゃべりしつつ梨をダンボール箱につめています。

お目当ては、ギフト用の規格に外れた小ぶりの梨がつまったビニール袋。
一袋500円で10個くらい入っています。
「これください。」というと、たいてい「これも入れとくね〜。」とさらに2、3コ、袋からあふれんばかりにオマケしてくれます。
「あ〜、ここに引っ越してきてよかった!」と思う瞬間です。

こちらに越してきて初めて梨を食べたときには「えっ?!梨ってこんなに美味しいものだっけ?」と驚き感動しました。
柔らかくてみずみずしくてじゅわっと甘〜いのです。
(それまでは梨というと「ゴリゴリしてあまり味のしない果物」だと思っていました。ごめんなさい。)

今ある梨を食べ切ったら、次はどのテントに行こうかな〜。
(50mおきくらいに梨テントがあるのですよ。)






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ