2011/6/15

食べ物で、体の内側からスーパークールビズ  

スーパークールビズが始まりましたね。皆さんはどんなクールビズを実践されていますか?私は、勤務中のハイソックスを吸水速乾加工されたものに変えたり、家での室内着をサラサラ感のある生地に変えたりしています

そして、今年スーパークールビズということで、食べ物もひと工夫して、体の中からクールビズ対策を考えています


実は、食べ物には、体を温めるもの冷やすものがあるんです。女性は、冷え性対策に「体を温める物」についてご存知の方も多いと思います。
その逆で、体を冷やす食べ物を食べたらきっとクールビズになりますよね
特に夏野菜には体を冷やす効果がありますので、この時期に最適です。さらに旬のものには、ビタミンやミネラルなどの栄養も豊富ですので、一石二鳥です!


体を冷やす食べ物の一例をご紹介します
ご参考にどうぞ

<野菜>
きゅうり・トマト・ナス・にがうり・貝割れ菜・セロリ・レタス・みょうが・ほうれん草・こんにゃく・のり・昆布・わかめ

<肉・魚介類>
かつお・たこ・あさり・しじみ・牡蠣

<穀類・豆類>
そば・小麦・あわ・ひえ・緑豆

<果物>
柿・キウイ・グレープフルーツ・スイカ・梨・パイナップル・バナナ・ブルーベリー・メロン・レモン

<その他>
緑茶・ウーロン茶・しょうゆ
29

2011/6/1

野菜ジュースは飲んだほうがいいの?  

よく「野菜の代わりに野菜ジュースでもいいのと聞かれます
そんな時わたしは、「はいと答えます。

みなさん、ジュースに加工されると、野菜本来の栄養がなくなってしまうのではと疑問を抱くようですね

ジュースに加工されることで、中には減ってしまう栄養素もありますが、逆に、トマトのリコピンのように、野菜の細胞壁が壊れることで吸収率がアップする栄養素もあるようですさらに今は、加工技術が進化し、栄養素を減らさないようにと各社とも工夫を凝らした商品を販売していますね

野菜ジュースには、「ビタミン」「ミネラル」の他、「食物繊維」老化を防ぐ「ポリフェノール」などが含まれていますほとんどの商品が複数の野菜を使用しているので、一度にいろんな栄養素がとれるという意味ではとても優秀ですよ

また購入するときは、ラベルを見て、原材料や栄養素をチェックするといいですね最近では、特定の野菜や栄養素にこだわったり、ビタミンやミネラルを補った商品もありますので 一般にどろっとしたタイプのほうが、「食物繊維」は多い傾向にあるようですから、お通じ改善にはおすすめです
果汁の入っているものは比較的飲みやすいですが、血糖値や中性脂肪が気になる方は、野菜汁100%を選んでくださいね

外食が多いとか、忙しくてどうしても野菜がとれない時には、ぜひ「コップ1杯の野菜ジュースをおすすめします

9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ