2011/2/15

特定保健指導をスタートして  

今回は保健指導の中間報告です

今年1月より、念願の保健指導を請け負うことになり、実際に、数名の方と面接をしました 最初の面接は、その日から6ヶ月間支援していく上で、とても重要なものです。じっくりと約1時間かけて行うこともあり、終わった後は、やる気に満ちた方や少し不安げな方など様々です。一方私たちはと言いますと・・・その時間に命をかけていますので少々ぐったりのときも・・・

また、この面接にこぎつけるまでに、いろいろな壁もあり苦戦することがあります。
まずは、事前に、私たちから対象者の方に、保健指導のご案内を送付します。その後少ししてから、電話で面接の日取りを決めるのですが、この電話の時点で、断られることも多いのです
理由を聞いてみると、「保健指導なんて聞いたことがない」、「今のところ生活改善するつもりはないから受けない」、「医療機関で診てもらっているので必要ない」など様々です。

強制ではないので、無理におすすめはできませんが、せっかくなので、この機会にぜひとも生活習慣を見直していただきたいなあと思い、心をこめてお電話しています

この業務、まだ始まったばかりですが、今回携わってみて感じたことは、特定保健指導が開始されて丸3年が経過しようとしているのに、まだまだ保健指導が普及していないという悲しい現状でした。話によると、他の受託機関の中でも、同じような理由で苦戦しているところもあるようでした

そんなこんなで、ちょっぴり厳しいスタートとなっておりますが、くじけずに、わたし達にできる手立てをいろいろと講じながら、少しでも多くの方の、メタボ改善をお手伝いできればいいなあと思う今日この頃なのです

4

2011/2/1

バルサミコ酢のお話♪  

私が最近、遅ばせながら、デビューした調味料があります!それは『バルサミコ酢』です。
皆さんはもうこの手のものはお手の物ですか?それとも私と同じ初心者ですか?もしよかったら、私が調べてGETした情報を共有しましょう!

まず、バルサミコ酢とはなんぞや

バルサミコ酢は果実酢の一種で、ぶどう果汁を煮詰めて樽で数年間熟成させたものです。
熟成期間が長いものの方が甘みやコク・香りが深くなっていき、値段も高価になります。原料のブドウの種類や製法、熟成期間により、高級品もあるようですよ


ではここで、バルサミコ酢クイズーーー@ バルサミコ酢の原産国はどこでしょう?
A 何色をしているでしょう?

答えは、
@ 北イタリアのエミリア・ロマーニャ州・モデナ地方が生まれ故郷。イタリア語でAceto(アチェート)は”酢”のことで、”Balsamico”(バルサミコ)とは”木の樽から出る香り”という意味のようですよ。
A 茶色を濃くした黒色をしています。

どんな料理に使えるの
オリーブオイルとともに、サラダのドレッシングや、魚介のカルパッチョにも。煮詰めて魚や肉のソテーのソースに。また、冷たいパスタにもぜひ使ってみてください。さらに、他の食酢にはない『甘味』があるため、デザートの味付けやトッピングに使われることもしばしば。特にバニラアイスやイチゴなどのベリー系と相性が良いですよ!
ネットで美味しいレシピがたくさん探せますのでぜひいろいろと作っていきましょう!

それと、もう一つGETした『裏技』
手ごろな値段のものは、鍋や電子レンジで、半分くらいまで煮詰めると、酸味や水分が飛び、ワンランク上のバルサミコ酢のように変身するそうです!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ