2017/4/1

時間をかけずに朝食をとるコツ  

春本番ですね
みなさんは、毎日朝食を食べていますか
新しい環境で新生活を始める方も多い4月は、食生活も乱れやすくなります
やはり朝食をとらない理由の多くは、「出勤や登校などで朝が忙しいから」のようです

でも、朝食をとらないと、脳にとって唯一のエネルギー源のブドウ糖が不足して、脳の働きが鈍り、午前中はぼーっとしてしまい勉強や仕事に集中できなくなります

また朝食を抜くと過度の空腹を感じ、昼食の食べ過ぎにつながります
そして、人の体は空腹時間が長ければ長いほど、次に入る食事をできるだけ体脂肪に蓄えようとします
ですから、反動で食べすぎる上に、脂肪が多く生成されてしまうことになります

そこで、時間をかけずに朝食をとるコツをご紹介します

前の晩に用意しておく(朝使う食器・昨晩のおかずをとっておく)
ワンプレートにする(トースト・目玉焼き・サラダなど)
トマト、ゆで卵、バナナ、ヨーグルトなどすぐに食べられるものを用意しておく
休日など時間がある時に、常備菜・保存食を用意しておく
  きんぴらごぼう、ひじき煮、肉や魚のそぼろ、野菜の浅漬けなど
みそ汁やスープは、お湯をそそぐだけですぐ飲めるインスタントを活用
  できれば具沢山のものや乾燥ワカメやネギを追加して
食べる習慣がない、食欲がない方は、牛乳ウシや野菜ジュースなどをとることから始める

ぜひ、朝ごはんをしっかり食べて、気持ちよく元気に1日をスタートしたいですね
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ