2014/12/18

干し芋つくり  百姓日記

クリックすると元のサイズで表示します
やっと我が家用の干し芋ができました

この小さな干し芋は、掘り出した芋の中で細くて、
ある意味クズ芋として捨てられそうなものです

だから親戚には大きな芋から作った干し芋を売りました



では、干し芋作りを紹介します
まずは、庭におおきな鍋を設置します
クリックすると元のサイズで表示します

鍋には竹で作った格子状の受けがあり、
その下に水、その上に芋を並べ・・・

火にかけます

オー!
蓋が見えないほど蒸気が上がっています
クリックすると元のサイズで表示します


火の番は義母が半日やります
寒い冬でも、直接の熱はかなり暑いので、遠巻きに番人をします


義母の見立てで「もうあとは、いどらかせばいい」という方言かなあ?
薪を足さずに余熱で放置します


それで、大体お昼ご飯


食後は、ショーゴさんと私が加わり皮をむきます
クリックすると元のサイズで表示します


ショーゴさん手作りの切断工具に芋を通して、
ベランダへ並べます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


数日天日に干したら出来上がり!
黄色かった芋が日増しに濃い色に変わります


袋へ詰めて親戚(ほぼ私の親戚)で完売!

クリックすると元のサイズで表示します


・・・・・


そしてこちらが我が家用

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

細いけど、もしかしたらこのクズ芋が一番の美味しさかもしれません

自然の恵みを感謝して、いただきま〜す





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ