11/18 初優勝!!  パラグライダー

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


11/15.16 鹿児島県湧水町で行われたパラグライダー大会で

初優勝!!!(^^)!

これまでは3位、4位、5位、6位までかな。

もちろん 草大会・・・・ だけじゃなかった。

1つだけJリーグ新潟県の鳴倉大会で6位だった。

これはレベルがちょっと違う中での入賞だったからそこそこ

満足。

 土曜日は魚野エリアで大会の予定がなんと裏風爆風で

しかたなく馬頭エリアへ移動。 が、ここも風がなくこの日は

キャンセル。  まだ日も高かったので我々アクション組は

まだ行ったことのない多良木エリアに急遽移動。

ほぼぶっ飛びで終了。 ん―  ここまで車で1時間。

みんなほとんど病気の世界だな  こりゃ

気がつけばほとんどのメンバーが来てた(^_^;)

 夜のタスクは予定通り始まり、美味しい料理をいただきながら

盛況のうちに終了・・・・と思ったが気がつけば最後まで

もう日付が変わっていた(^^;)

さて、朝のテイクオフ。 正面から風は入っているが,微風・・・

タスク組めるかなって感じ

コミッティーはタスクとアキュラシー並立を思案中

 まず、アキュラシーで1本確保・・・・と思いきや、

やっと計測範囲程度にランディング

最高2本までなので、あと1本は点数のいいタスクに

賭けよう。 が、風も弱く日射も少ない。このまま

待っていたら太陽が雲に・・・・  チャンスは多くない。

それまで10分程度晴れていたので少しは地表が

暖められたはず。 しかしこのコンディションでは3つ取ったら

優勝だな。 今しかないっと思い、TO。 

スタートパイロンをとったあと

少しのリフトはあったが回すほどではなく、そのまま次の

パイロンを最短距離のコースで取りに行く。

もうL/Dの勝負だ。 アクセルを踏む。

2つ目を取ったところでもう高度は140mを切っていた。

3つ目までの距離は1.3kmほど。

アウトランは失格なのであきらめてMLDに。

ほとんど選手はタスクをあきらめてアキュラシーへ。

ライバルはジモティのI藤選手と北九のN村選手。

このあとN村選手は予想通り2つ取ってLD。

I藤選手はいいコンディションが来るまで

辛抱強く待っている。 タイムリミット近くになって

出るも少しコースがずれている感じ。

2つ目を取ったときにはすでに高度がなく、

あえなくアウトラン・・・

同成績の場合は先にTOした方がリーディングポイントが

つくということで結果、私がチャンプに。

正直、パイロン2つでこのMTBゲットはおいしい。

また来年頑張ろう(^_^)v

 

1

 

10/17  米の山  パラグライダー

逆転層があったが1500近く上がった。

タスクを組んで回ったが、久原ダムまでは行けなかった。

2時間45分のフライト。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

 

2014 パラ日本選手権大会  パラグライダー

先週の火曜日から出発して、水曜日は大会の舞台となる池田山エリアでフライト。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雲底1500mちょっとでグッドコンディションでしたがあとの練習日や本番は激シブ。

初日は晴れてはいるものの高層雲もかかってイマイチサーマルも弱い感じ。

しかし、タスクコミッショナーは強気の50qタスク。

私はシード権がまだないのでクジをを引いてスタート順を決める。 

さて、クジの番号は・・・・・75?  ガーーーーン

確か参加人数が75。最後尾じゃんか!!!

これで腹は決まった。 一番早く出るしかない。

タスクも発表され、それを自分のGPSに入力して・・・ちょっともたついているうちに

ゲートオープンした。 しまった!! トップに出られない。

でもダミーを見るとさほど上がっていない。

ここは少し様子を見よう。

と、そのうち少しづつ上がり始めている。

それを見ていた選手は一斉にゲートへ並ぶ。 

私も間髪を入れず並んでコールを待つ。

テイクオフするとすぐ右の尾根線へ向かう。そこそこ上げて

少し先頭集団に遅れはしたもののスタートパイロンへ。

何とか高度はキープできている。ふと下に目をやると福岡のM山くんが

少し低い高度で先に行っている。

北側の山のそれを取って今度はTOを挟んだ南側の第2パイロンへ

向かう。 が、高度が下がってきたのでTO手前の谷で何とか

ねばって上げ直し、TOの上までもどってきた。ここでさらに

上げて1000m弱で第2パイロンを取りにいく。 

途中のサーマルを拾い、高度は維持できてるのでちょっと余裕が出てきた。

足下に目をやると第2を取った集団が低い高度で戻っている。

第2をとり、次の第3はまた先ほどのスタートパイロンに戻る。

がなんとアゲインストが結構入っていてどんどん高度が落ちていく。

さっきの集団と同じ運命か?

 南斜面まで戻り、リフトを探すもピクリともしない。

そのうちどんどん高度がなくなり、しかたなくLDへ。

するとさっき飛んでた集団はほとんどそこに降りていた。

結局、この日はそこよりさらに進んだ者がトップだった。

それでも次のパイロンはだれもとれず終わった。

 2日目。
 昨日よりさらに渋く、タスクを2回組み直して30qタスクに

変更したがそれでもゴール者なしという最悪のコンディションだ。

 私はというと前日の成績が24番だったので早めにスタートを

したが、リフトはああるものの同じ高さを何回も回っている感じで

とうとう反対斜面にはじき出されてしまい、まだリッジで

ねばったが思ったほどリフトがなく、仕方なしにLDへ。

ゲートクローズが2時30分だったので急いでリフライトに。

上がってみると主要なメンバーはほどんど待機していた。

そのうち、上がり始めたのでちょっと遅れてTO。

 そのときもうすでにエリート集団はトップアウトしていた。

上がるポイントに行ってもすでにみんな高い。

ちょっと焦り気味。 しかしここで本来ならばしっかり自分の

リズムでじっくり上げていかないといけないが、この日はなぜか

人の上げがとても気になって集中していなかった気がする。

それでも何とか上げ返して900ちょっと上げたところで1000m弱で

トップ集団が次のパイロンを取りに一斉にスタートを切った。

それを見た時点の高度が900ほど。 ここが勝負の分かれ目だった。

中途半端な高度でそれにつられるように出てしまったのが敗因。

じっくり上げ直して出るがまんがまだ足りない。

 結局、パイロン3つ取ったところであえなく田んぼに

LD。アウトランは点数の10%減点される。 手前には

サブランがあったが今日の勝負は僅差になると踏み、

減点覚悟で少しでも距離を稼ぐ作戦にでた。

結果はこの日、40位ほど。やはり、山を離れるときの差がでた。

 3日目。

2日目よりさらに天候悪く、2時間ほどウェイティングのすえ、

キャンセルとなった。

 4日目は台風の影響で雨が予想され、大会不成立に終わったが

結局2日間の合計で順位をつけた。

 結果は総合オープンで26位。  スポーツ機クラスで10位タイと

いうまずまずの成績だった。 スポーツクラス3位入賞を目標に

していたので満足はしていない。 10位までは賞金が出され、

これは嬉しかった。 だが1位の100万円はだれがとっても

おかしくない状況だったのでもっと粘れていたら可能性はあったと思う。

まだまだ本気で狙っていない。どこかに自分はとれないだろうと

決めつけている。 この辺がトップの選手と違うところかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1

 

10/3  米の山  パラグライダー

予報はちょっと強めの北西風だったが

行ってみるとちょうどいい感じの風。

さっそくタスクをセットしてテイクオフ!!

スタートパイロンは後ろのアンテナ。

ほぼ時間にはスタートが切れた。

第2パイロンは北東方面の鳴渕ダム。

TO周辺で上げ返して向かおうとするも雲底が低く、

1000mほどで雲底。

ほかにも数機がフライトしており、危険なので

様子を見ながら行くがリフト帯に当たらず、

また山に戻ることに。

 次は高度を高めにキープし、ゲット。

第3パイロンは岳城を取って、いよいよ沖の

久山中学校。  ここは前に何度か来ているが

その時は条件も良く、1200〜1300mの高度を

持っていた。 しかし今回は雲底の低さが邪魔をしてなかなか

高度が取れず、和田橋手前までが精一杯だった

フライト時間2時間45分。 目標の3時間は達成できなかった

フライトログ
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

9/29 大観峰  パラグライダー

伐株の風が悪かったので大観峰に移動。

いい風が入っていました。

逆転層が低く、あまり上がりませんでしたがコンバージェンスができていて、結構長く沖で遊べました(o^^o)

リック、リアン、世界の中野と一緒でした(o^^o)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ