藤本保広モデルのサイドロック レプリカ完成!!  ナイフ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんとかサイドロック レプリカの完成。。。。

構造自体はそんなに複雑ではないが、こまかい部品が多く

作るのにちょっと手間がかかる。 特に、ロック部分の微調整が難しい。

ガタがないようにきっちり作るとロック解除がスムースに

いかない。 まぁ、一本目だからこんなもんか。

 次は、自分のオリジナルナイフにこのシステムを

取り入れて作って見よう。

 夢は広がるなぁ〜〜
1

 

8/31  伐株でフライト  パラグライダー

クリックすると元のサイズで表示します

もうここ一ヶ月まともに飛んでいない

今日はN村さんと伐株へ。

天気はよくないが風向きと強さは良さそう。

あー、やっぱり空は気持ちいーーー!!

 このところなぜかイライラしていたのはやっぱり飛んでなかったからか。

たぶんそうだろう。

今日は腹一杯飛ぶつもりだったが、後半雨が降り出し、慌ててトップラン。

1時間25分とフライト時間は短かったが飛べてよかった!!
0

 

サイドロック  ナイフ

雨が降ってばかりなので、飛びにも行けない分、ナイフ作りがはかどります( ^ω^ )

かねてから作りたかった故藤本保廣モデルのサイドロック。

そんな時、藤本さんのサイドロックナイフを手に入れ、ますます作ってみたいという思いが強くなった。

それが8年ほど前。 現物を手にして何度も調べ、ある程度の構造はわかったが、肝心な部分がどうしてもわからない。

ちょうどそのころ、あるナイフショーで藤本さんの弟子になる鹿山さんとお会いした。彼もサイドロックを作っており、

何本も世に出している。 私は自分でデッサンしたノートを持っていき、教えを乞うた。

すると彼は私の質問に和かな笑顔で答えてくれた。 このサイドロックを作りたいと言うといいですよと言って

いただいた。

しかし、どうしても細かい部分がわからない。

次第に気持ちが離れていった。

そして今年の3月、5.6年ぶりに参加した東京フォールディングナイフショーでお客さんに言われた一言。

「サイドロックはどうなりました?」

私はこのお客さんに数年前にサイドロックのことを

話したのを思い出した。

待ってるお客さんもいることに改めて気づかされた。

そして1ヶ月前、風呂に入っていた時、啓示が降りてきた。

「藤本ナイフを分解しなさい」

これまでその事は何回か思ったが

今やプレミアがついているこの高価なナイフをバラすのは

とても勇気がいることでずっと躊躇していた。

しかし、このままで進展がない。ならばと

思い切って分解

バラしていくうちに苦心している部分や手間がかかっている部分、しっかり作り込んである

ところがだんだんわかってきた。 そして表面から見ただけではどうしてもわからない部分

も理解できた。

まずは全く同じ寸法でコピーを作ることに。


なんとか仮組みまで辿りつけた( ^ω^ )

思い切って分解して正解だった。 代償は高くついたがそれ以上に

得たものは大きかったと思う。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

 

今日はヤフオクドーム!  

今日になって急きょ、ヤフオクドームへ日ハム戦の観戦に行くことになり、昼前から嫁さんと車で出かけた。
途中、イデホのファールボールが飛んできたので立ち上がり、素手で捕球するも、弾いて転がっていった。
残念! 遠近メガネのせいだ!
年のせいだ! ということにしとこ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

 

2014.8.7 カヤック初体験!!  

おじさん4人で佐世保の南九十九島をカヤックで遊ぼうということになり

早速、出発。 漕いだことのない私はちょっとワクワク。

初めてはレンタルできないらしく、ベテランのN川さんとタンデムの

船に乗り込みいざ出艇!!

クリックすると元のサイズで表示します

カヤックセンターを出て、向かうはちょっと沖目の鼠島という小さな島。
途中、遊覧船の海王丸に遭遇!

クリックすると元のサイズで表示します

なんとこの船にいつもパラで一緒に飛んでる仲間のM山君が乗っていたのだ(((o(*゚▽゚*)o)))

Facebookにつぶやいたら本人からすぐコメントがきてわかった。

おそらく家族旅行だろう。日頃の罪ほろぼしか。

30分ちょっと漕いだら鼠島の砂浜に到着。


日陰を探して早速ランチの準備。

そのうちTさんが何やら海岸の方から手にぶら下げてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

よく見ると魚。それもセイゴ(スズキの子)

聞くとこの魚、浅瀬をフラフラ泳いでいたらしく、それを足で踏んづけて捕ったそうだ

まな板の鯉ならぬ、まな板のセイゴ

クリックすると元のサイズで表示します


早速、私が捌いて塩焼きに。
クリックすると元のサイズで表示します

思わぬご馳走に皆んなテンション上がりまくり❗️

さすがに獲りたてはうまい

クリックすると元のサイズで表示します

毎回、このようなキャンプをしているNさん、最初からここでランチをするつもりで
ガスコンロやテーブル、食器など一式カヤックにうまく積み込んで持ってきている。
さすがだ。 なんとスモークセットまで!
それでウインナー、チーズ、ししゃもなどをセット。
どれもとても美味しかった。 そしてメインはスパゲティ。
ペペロンチーノ風だ。 これも茹で具合がちょうどよくおいしい。

まあ、こんなところで男ばかりで作った料理がまずいわけがない。
ビールがあったらもう最高❗️❗️

そう。買ってくるのを忘れていた

仕上げはコーヒーを飲んでしばらくオヤジ談議。

仕事のこと、嫁子どものこと、趣味の話etc..

男にはこういう時間の流れが止まった空間が絶対必要なんだよなー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ