2010/12/2

出会い別 メールで会いたいと思わせる方法  出会い別 メールで会いたいと思わせる方法

出会い別 メールで会いたいと思わせる方法






■メールしか頼るものがない
今から6年前の私は、そんな状態でした。
当時の私は、プログラマーとして客先常駐の仕事をしていたんですが月の労働時間が300時間を越える日々が何ヶ月も続き、心身共に疲れきっていました。
元々友人が少ない私でしたが、その頃は忙しすぎて職場以外の人間との交流がほとんど無くなっており当然、合コンの開催を頼める相手などいませんでした。
また、毎日ひたすらパソコンに向かい、黙々と仕事をし続けるうちに重度なコミュニケーション障害に陥り、一時期は人とまともに会話をすることさえ出来なかった私。
そんな私ですから、当然ナンパなんてできるわけが無いしカップリングパーティなどに行く勇気もありませんでした。
つまり、当時の私にとってはmixiや出会い系サイトなど、「メールを使った出会い」だけが
女性と関わり、彼女を作る為の唯一の手段だったんです。
■メールのやりとりが続かない
「かわいい彼女を作って、今の情けない自分を変えたい!」
そんな思いから、仕事で疲れた体を引きずり職場と最寄駅の間に1つだけあった、某インターネットカフェに毎日立ち寄って「1、2時間メールをしてから帰る」という日々を過ごしていました。
やる気だけはあったのですが、いかんせん全くの初心者だった私。
当然ながら、女性とのメールのやりとりが続きません。
今振り返ってみると、当時の私は、メールの内容はもちろんですがそれ以前に、「メールの基礎」が全くできていなかった為相手の女性に、「返事を返したい」と思わせることができていなかったんです。
■”6000通”のメールのやりとり
先ほどお話したように、当時の私にとって「メールを使った出会い」は
女性と接点を持つことができる、唯一の場所でした。
だからこそ、必死だったんでしょう。
1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年・・・
正確な数は覚えていませんが、おそらく1日15〜20通程度はコンスタントに女性達とメールのやりとりをしていたと思います。
1週間のうち、6日くらいはメールのやりとりに費やしていたので単純に考えて、20通×300日 = 6000通。
つまり、私は1年間で6000通近くのメールを女性とやりとりしていたわけです。
これだけ大量のメール交換をしながら必死に考えていれば嫌でも、「女性がどういう心理状態でメールを送っているのか」がわかるようになっていきます。
そのうち私は、「どういうメールを送れば、女性は返事を返したくなるのか」について、はっきりとわかるようになっていったのです。







優良無料出会い系サイト完全無料出会い系サイトOnline dating success program初対面で出逢いの秘密モバパラ出会いを量産する携帯電話活用法出会いを量産法【モバパラ】出会い携帯電話活用法携帯電話出会い量産法出会い別 メールで会いたいと思わせる方法
1
タグ: 出会い別

2010/12/2

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ