2010/10/3

西村順式あがり症克服講座 西村順 口コミ  西村順式あがり症克服講座、西村順、口コミ、効果、内容

詳細はこちらを







あなたが今、あがり症なのは当たり前です。なぜなら・・・
生まれてきていきなり「あがり症」な赤ちゃんは居ません。
では成長するにしたがってあなたはあがり症という病気に
なってしまったのでしょうか?

実は医学的に「あがり症」という病気はありませんし、
あがり症を病気ととらえるのはそう考えると
納得しやすいというだけの問題です。

誰もがあがり症といえばあがり症です。
しかしそれは程度や症状の出方の問題であり、
だれもが抱えるものです。ですので病気としてとらえるのでなく、
緊張をいかにコントロールするかを学び、
対処できるようになればいいのです。

人間は成長するにしたがって、人とコミュニケーションしたり、
人前で発表する機会がふえてきますが、私たちはいかに人前でスピーチしたり、
相手とコミュニケーションをとるかを教わる機会が殆どなく成長してきます。

ここに問題があります。

つまり、「泳ぐ必要がどんどん増えていくのにクロールの仕方も平泳ぎの仕方も
教わっていない。」というような状態です。
このような状況でいきなり「さあ、泳げ!」つまり「さあ、発表してくれ!」
といわれてもどだい無理なのです。

つまりあなたはあがり症になるべくしてなっているし、
それはあなたのせいではありません。

正しい方法を身につけ練習すれば誰でも泳げるように
なるように、あがり症も克服できます。


現在、話し方教室やスピーチ教室が多数あり、
あなたもあがり症克服の為に一度は考えたのではないでしょうか。

実はこういった講座に行き一時的に改善されても
すぐ元に戻ってしまう場合があります。
またいくつもの話し方教室に行き、高額な受講料を払っても
一向によくならず悩んでいる方もいます。なぜでしょうか?

こういった講座の中にはあくまで「話し方」や「スピーチ」の方法に
主眼が置かれており、常に多いのです。
名前は掲げているものの専門ではないのですね。

あがりというのはきちんと根本的部分から理解し、
あなた自身を変えていかなくては
表面的な技術を身につけても改善していきません。
そういうケースでは一時的に自信がついたつもりになっても、
元のシャイな自分に戻ってしまうため
いくつもの教室に通ってもよくならないのです。

また講師の方の質にも大きく左右されます。
「話し方講座」には生徒さんが沢山来るため昨日までは
生徒だったようなインストラクターになったばかりの
講師が当てられることも多くあり、そうなるとやはり
質の高い講義が受けられることは少ないのです。

また、お医者様に掛かられている方もいらっしゃると思いますが、
どのお薬にも副作用があるということも覚えておいて下さい。


本当はあがり症克服の主人公はあなたなのです。
多くのあがり症の方にとって本当の原因は
コミュニケーション能力の未開発なのです。
スピーチができるようになることと、仕事仲間と仲良くすることや
初対面の方とうまく話せるようになるかはまた別問題なので本来は、
スピーチなどの人前で話す技術と緊張しないで
人とコミュニケーションをとる技術の両方を学んでこそ、
本当の意味でのあがり症克服といえます。このあがり克服法は至って簡単です。
誰でも1日3分からできるレッスンでよくなっていきます。

・まず、自分のあがりの原因をみつけ

・あなたにあった対処法を学び

・自宅などで練習します

こうする事で、人前で自信を持って話ができるようになります!

また、急に仲良くない人と一緒になったり、話をしなくてはいけなくなったとき、
自分から積極的にならなくても、相手から話してくれたり話の種を
提供してくれるようになる方法も分かります。これで話す内容に困ることはなくなるでしょう。
その効果の内容が口コミで評判になっています。


90日間返金保証付き
商品ご購入から90日以内でしたら、教材をじっくり試してみて
全く効果がない、あがり症がよくならないと感じた場合、
商品代金19800円を返金致します。





このページは、西村順さんの西村順式あがり症克服講座の口コミ 効果 方法などの情報を公開しているブログです。

詳細はこちらを
0
タグ: 口コミ 効果 内容

2010/10/3

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ