2012/11/19

プラセンタの飲み方  

注射だけではなく、飲むプラセンタというものがあります。

注射より即効性はないのですが、
病院に行く手間もなく、好きな時に使用できます。
続けて飲むことが大事ですので、最低でも6か月は使用しましょう。
0

2012/11/15

イソフラボン、1日の摂取目安量  

食品安全委員会は2005年に1日あたりの大豆イソフラボン摂取目安量の上限を70〜75mgとしました。
また、サプリメントや特定保健用食品などの健康食品から摂取する場合は1日当たり30mgを上限とする報告を発表しました。

味噌汁、枝豆、納豆などの食品の形で摂取した場合は、
大豆イソフラボンを体内に取り込みすぎることはないので、食事のみの場合は過剰摂取の心配はほぼありません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ