2017/12/1

発表会  
今日は小晴れの発表会に行ってきました。
働く両親のために、明日、土曜日が本番ですが、今日はじいじ、ばあばが沢山来てました。

クリックすると元のサイズで表示します

年長さん2組での合奏と歌、小晴れは、鉄琴を選んだようです。
家では未だにやんちゃなのに、こども園では、お利口さん、演奏も歌も真面目に、はりきっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

年長きりん組の劇は「どろぼうがっこう」小晴れは、男の子2人と先生役をやりました。
長いセリフは、ちょっと早口すぎかなと思いましたが、一気に言わないとつっかえるかも・・・と思うと上出来だと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

あらら、先生もかわいい生徒たちも、鉄格子の中、残念無念!

クリックすると元のサイズで表示します

最後は、年中、年長の4クラス全員での歌でした。
年齢ごとの成長が、見られ、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
0

2017/11/25

美味しい物  日常
クリックすると元のサイズで表示します

23日、私が町名碑巡りのウォーキングに行った日、晴れ坊のサッカーが雨で中止になったので、ミカン狩りに行ったとのことで、お土産をもらいました。
静岡には、体にいいものがいろいろあると思いますが、ミカン、お茶、魚と3拍子揃ったお土産でした。
イワシせんべいには、ぐり茶がまぶされていて、とても美味しかったです。

そして、24日は、娘たちと新静岡までディナーに行って、食べ放題で、美味しいものをいっぱい、ごちそうになりました。
60歳以上は、安くなるのですが、70歳以上はもっと安くなり、沢山食べるおばあちゃんでごめんなさい。

本屋さんで、う○こから顔を出している孫たち。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、今日25日は、いい天気で暖かく、体にいいのは、食べ物ばかりでなく、温暖な気候もだと実感しています。
これから真冬になったらどうなるかわかりませんが、南に面した部屋は、太陽に温められて、とっても気持ちよく、今までいた地域は、底冷えがしたうえに、家が古くて、隙間風がひどかったので、この冬はどうかなと期待しています。
0

2017/11/23

駿府町名碑巡り  文化・芸術
クリックすると元のサイズで表示します

静岡市の駿府ウエイブの企画「駿府96カ町町名碑巡りパート2」に申し込んであったので、雨の中、行ってきました。

パート1は、知らなかったので、初めての参加です。
私はKグループ、11人は女性ばかりで、案内してくださる方は男性でした。
Mグループまであったので、参加者は100人以上だったと思います。

フランスの娘の町で、お城の修復が終わった時のお祝いだったり、講習会に参加した時、フランス人は、自分の町の歴史に関心が強いんだなあと思ったものですが、今日は静岡人も・・・と思いました。

天気予報どおり、9時に出発した直後に雨があがり、気持よく歩けました。
最初に出会った町碑は、「御器屋町」江戸時代に蓋つきの器を作る人たちが多く住んでいた町だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

「柚木町」は、ゆずのき町と読んで、ゆずの木があったからのようですが、植物が名前になっている町名碑は珍しいそうで、多いのは、職業の名前だそうです。
他のところに、同じ字で、ゆのきと読むところもあります。
また、町名碑はデザインは統一されていますが、石の種類は、いろいろだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

碑は、市の土地ばかりでなく、個人や会社の敷地に建てられているものもあり、会社の敷地の中で、ワンちゃんが寄り添っていいる物もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

またこの会社では、おいしい井戸水を、自由に飲めるようにしているそうで、安陪川の伏流水のおかげなんだそうです。
今日は祭日なので閉まっていましたが、平日は飲めるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

又、昔懐かしいお店があり、市から外観を変えないように頼まれて、そのまま、事務所として使っているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山の町名碑(20くらい?)をまわり、最後に見たのは、たまたま初期に建てられたもので、苔むしていましたが、これから、順番に見にくくなっているものから修復されていくようです。

クリックすると元のサイズで表示します

安倍川の近くまで歩いて、解散になりましたが、あちらこちらに、地域のために働いた人の、銅像や碑やゆかりのお寺などがあり、徳川家康、今川義元、由井正雪、山田長政、宮崎総五などの話を聞きました。

解散してから、安倍川まで歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天気が、驚くほどよくなり、きれいに見えましたが、川の水は、とっても少なく、新幹線から見たのと同じだなあと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

家に帰って見た富士山、今日は、薄化粧でなくて、真っ白な雪をかぶっていました。
0

2017/11/20

富士山  日常
ここ数日、私にとっての大発見に興奮しています。

富士山、静岡県の人にとっては、いろんな所から見える富士山は、当たり前の日常のようですが、私はいつも見えるとわくわくします。

先日の「転入さんようこそ」で県庁の展望室に連れて行ってもらって、その時は曇っていて、見れなかったので、数日後、また見に行ったことは書きましたが、その時は、冠雪がなかったので、そのまた数日後、テレビでうっすらと雪化粧した富士山を見たので、観に行きました。

それからは、富士山の方角を気にしながら歩くようになり、数か所で、見えることに気がつきました。

今まで気づかなかったのは、夏は、雲に隠れて見えない日が多いのと、冠雪がなくて気づきにくいのと、遠くて小さいので、自然に目に入ってくることは少なく、目を凝らして見る必要があるからだと思いました。

そして大発見は、我が家の玄関先から見えることに気付いたことです。

お向かいの屋根の上に富士山のてっぺんが、見えるだけなのですが、冠雪があったので、発見!
そして4〜5歩お隣の方へ移動すると、屋根と屋根の間によく見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

拡大してシャッターをきると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

場所によっては、このあたりでも、わりと大きく見えて、目に飛び込んでくることもあります
冬は見られることが多いと聞きますが、それでも、晴れている日でも富士山のあたりだけ、雲が多いことがよくあり、それだけ山が高くて、気象条件が違うのでしょうね。
それだけに、見えた時の感激は大きいものです。
0

2017/11/18

卓球東海選手権大会  卓球
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

お泊りした朝、今回は、私が早く出かけたいので、7時には迎えに来てもらうことにしました。
孫たちは、いつも早寝早起きなので、朝食も思ったより食べることができました。
その上、急きょ、静岡駅まで送ってもらえることになり、予定より早く電車に乗ることができました。

お出かけ先は、袋井市のエコパアリーナ、卓球東海選手権の応援に行ったのです。
早く出かければ、新幹線を利用しなくても、9時からの試合を応援できます。

先日、岡崎に行った時に通過した「愛野駅」そこから歩いても行けるアリーナだと知って、出かけることにしたのです。

3日間の真ん中の日は、小中学生が中心の試合、愛知県で私が行っていた卓球道場の先生の子供さんの姉弟と、その仲間の姉妹が出場したのです。

4人とも第1試合は、突破しました。
レベルの高い試合なので、すごいことです。
残念ながら、その後は第2や第3試合で敗れてしまいました。

4人とも始めたのが早い方ではないのに、短期間のうちに上達したのは、時吉佑一という選手を育てた先生の力はもちろん、卓球のセンスがあることと、お互いに切磋琢磨したことも大きいと思いました。

結果以上に内容は良かったと、応援のしがいはありましたが、上には上があるものだと、奥の深さを、今回も強く感じました。

孫たちの母親は、昨日は名古屋出張、今日は仕事の関係の試験で掛川へと、忙しくしていますが、20年以上も前、この東海選手権が愛知県体育館であり、カデットの部で3位に入ったという思い出の試合なのです。
親も、とっても幸せな気持ちを味合わせてもらったものです。





0

2017/11/17

お泊り  
今日は、孫がお泊りしています。
ママが名古屋に出張で、パパも帰りが遅くなるので、小晴れを保育園に迎えに行き、晴れ坊も学校の帰りに我が家に立ち寄りました。

前回のお泊りは、1週間前でしたが、ささいなことで喧嘩をしては、仲直り、そしていっしょに笑いあってとにぎやかです。

今日は、晴れ坊が、絵を何枚も描いて、それをホチキスでとめて、絵本をつくるのに熱中、こはるも絵を描き始めましたが、のりをみつけると、はさみで切って、のりでくっつけてと、楽しんでいました。

二人とも、食べることに関心が高く、好き嫌いもはっきりしているので、夕食は何か、デザートは何かが大きな問題で、何々だと答えると、こういう風にしてくれと、リクエストも一人前、にぎやかな食卓は楽しいものです。

今日はちょっと寒いので、布団をすぐ蹴っ飛ばしてしまう暑がりの二人のために、寝る時の防寒着が、荷物の中にありました。
写真を撮ってあげると、盛り上がり、二人で、撮り合いっこもしていました。

寝る時の読み聞かせは、このところ「佐賀のがばいばあちゃん」です。
おもしろい所で、二人で、笑いあっていますが、私は人情の機微に触れて、声がつまるのをこらえることが多く、そこは、まだちょっと難しいようですが、晴れ坊は、少しわかるようで、感動しているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/11/11

布の趣味  趣味
クリックすると元のサイズで表示します

名古屋のフランス語教室での友達で、着物のリメイクが趣味のNさんには、着物地の服やバッグなどをよくいただいたものです。
転居でお別れするにあたって、記念に庭で育てていた花が欲しいと言われ、バラと菊を鉢に植え替えて差し上げました。
ちゃんと根がつくか心配だったのですが、どちらも花が咲いたようです。

その時、私が昔着ていたウールの着物も、記念に受け取ってもらいました。
その着物をリメイクして、送ってくれたのでびっくり!
かえって、申し訳ないことをしたと思いましたが、彼女は、作って人にあげることに喜びを感じているようで、ありがたく頂戴しました。
サイズもぴったりで、技術も確かなもので、もうプロの域です。

私は、洋裁よりも手芸が好きなので、刺繍などを施したバッグをあげたことがありますが、お互い、趣味のために、布地は、捨てられません。
思いっきり趣味に没頭できる、材料があるということは幸せなことです。
あと何年できるかわかりませんが、使い切れないほどの布に囲まれています。

卓球教室のソファーの表面のレザーがボロボロになっていたので、大きい布を持って行ってかぶせましたが、他の人から、何かやっているのかと聞かれました。
商売か趣味か何かをやっているかと思われたようです。
趣味のために昔買った端切れだと言ったら、こんなに大きいのは、端切れとは言わないんじゃあないのと言われました。
でも皆さんに喜ばれて、よかったと思いました。
0

2017/11/5

大道芸ワールドカップin静岡2017  文化・芸術
大道芸ワールドカップは、11月2日から5日までの4日間なので、昨日行ってきました。
先日の「ようこそ転入さん」の時に、私たち転入者は3人ともこの行事があることを知らなかったのですが、その時に、みんな脚立を持って観に行くと聞きましたが、バス停で待っている時、早速、脚立を持った人が、やって来ました。

バスを降りると、大勢の人が、ぞろぞろ・・・
 
クリックすると元のサイズで表示します

初めに出会った大道芸は、建物の壁を使ったパフォーマンスでした。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、テレビのニュースで観たものでした。
初めに女の子が片言の日本語で紹介、どうやら、家族のようでした。
この建物は、確か、もと小学校だったのを今は観光案内所として使われているものです。

クリックすると元のサイズで表示します

次は、駿府城公園に行きましたが、沢山の人に沢山の屋台、外国の人の屋台もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

脚立が必要な、パフォーマンスは、諦めました。

クリックすると元のサイズで表示します

去年のチャンピオンがスペシャルゲストで来ていたので、これは観たいと、早くから場所を確保したので、脚立がなくても観られました。

クリックすると元のサイズで表示します

子どもの時、中国雑技団の学校に入ったというリウェイ、細い綱の上での演技は安定感があり、さすがです。
観客の拍手が、大きく心がこもっていて、とっても暖かいものを感じました。
静岡の人って、優しいんだなあと・・・

富士宮やきそばを食べましたが、本場で食べたものよりおいしかったのは、太くて堅いという麺の特徴が、際立っていたからでしょうか。

気楽に観に行けましたが、今年は、劇場で有料のショーを観ることも始まったそうで、それも好評のようです。

私は5時半に帰りましたが、7時からのショウがあるそうで、まだまだやって来る人が沢山いました。
0

2017/11/3

岡崎へ  日常
今日は読書会の集まりで岡崎の友達のところに行ってきました。
静岡からの参加なので交通費がかかります。
でもいつも11時集合なので、節約して、新幹線を利用せずに行けないかと調べて、朝早くに家を出たら、予定より早い電車に乗れたので、とっても早く着きました。

読書会といっても、最近はおしゃべり会で、自分たちの近況報告などから話がふくらむことがよくあり、お互いに参考になっています。
回覧ノートも同じく50年以上続いていてみんなの状況がよくわかります。

岡崎の彼女は、小学校の同級生のノーベル賞受賞をお祝いするための同窓会に出席するために福岡まで、1人旅をしてきたそうです。
昨年の受賞者、大隅先生です。
記念写真の中央の大隅先生の近くに映っている彼女、ひかえめな彼女にしては珍しい・・・
でも、彼女も成績優秀で、遠い岡崎から駆け付けたので、真ん中を勧められたのかも・・・

今の彼女は、3人の子供さんのところに計10人のお孫さんと、少子化に対してとても貢献していて、表彰ものなんです。
謙遜していましたが、きっと優秀なお孫ちゃんばかりだと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは、3時47分の電車に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

静岡の駅ビルのお店で、買い物をしてから、バスの列に並びました。
7時近くになっていましたが、疲れもなく、夜帰ってきた先が静岡で、私も少しずつ静岡県民になってきているんだなあと感じました。
0

2017/10/31

再度の展望室  日常
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は台風が過ぎ去って、いい天気になり、テレビに日本平からの富士山が映っていました。
冠雪がないのが残念でしたが、市役所に行く用があったので、県庁の展望室に寄ってきました。

富士山は雲に隠れて見えないことが多いので、見えるといつも感激します。

クリックすると元のサイズで表示します

県庁の眼下には駿府城公園、11月の初めに4日間にわたって開かれる大道芸ワールドカップのために、テントなどの準備がされていました。

クリックすると元のサイズで表示します

その公園のはるか向こうに富士山が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お濠には船が・・・大道芸ワールドカップの時に船が出ると聞いたので、これは練習かも。

クリックすると元のサイズで表示します

静岡市の南の方には海が広がり、

クリックすると元のサイズで表示します

北には山が・・・そんな地形から、葛飾北斎の絵が思い浮かびますが、迫力のある波と富士山、モナ・リザの次に世界で知られている絵なのだそうですね。

案内板にも北斎風の絵が、描かれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

西には安倍川が光っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の近くは、まちなかと言われにぎわっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

南側にある山、この写真の中央にあるのが、日本平、ここからは、海がとってもきれいに見えるんですよね

クリックすると元のサイズで表示します

駿府城公園の緑、右端に映っている古墳、遠くに富士山と見晴らしがよく、古墳の山と山の間からは、清水港が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、天気がよかったので、静岡の町を興味深く見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ