なぜ、いつも・・・

2012/10/22 
うん、なるほどね・・・

「優しいだけの人に必要なのは、自己主張をすること。たまにはNOと言う勇気を持ちましょう。それだけで相手の評価を変えることができます。この手の人は、相手の気持ちを最優先するあまり、好きな人の欲求に対して何事にも『いいよ』と言ってしまいがち。そうすると、ただの都合の良い人にしかなれません。一番大切にされる人のように思えて、実は一番後回しにしてもいい人に自らなってしまっているんです。関係性を変えたいのなら、一度、無理なときは『今日は用事があるから無理』『やりたいことがあるから今は行けない』などと、NOと主張してみる。


モテ期占いでモテ期診断!無料でチェックできます


無料恋人占い
0

スピリチュアルと宮沢賢治

2012/9/24 
妹トシの魂を追いかけて・・・スピリチュアルな要素が強い賢治の命日ですね・・・

スピリチャル占い  恋人占い 着うた 
宮沢賢治の命日の21日、賢治の作品を朗読したり歌ったりしてしのぶ催しが、出身地の岩手県花巻市で開かれました。

「賢治祭」と名付けられたこの催しは、宮沢賢治の研究をしている地元の団体が毎年開いています。
会場の市内の小学校の体育館には、県内外からおよそ300人が訪れました。
参加者は、宮沢賢治の写真の前で菊やリンドウの花を献花したあと、賢治が作詞・作曲した「ポラーノの広場」の歌を全員で歌いました。
また、手話を交えながらの「雨ニモマケズ」の朗読や、地元の小学生による「星めぐりの歌」の合唱が行われ、訪れた人たちは、耳を傾けながら賢治の世界に思いをはせていました。
埼玉県から訪れた60代の女性は、「悩みがあったときに、賢治の作品に出会い、慰められました。作品から感じられる優しさが、被災地の皆さんの絆となって、新しい街づくりができればと思います」と話していました。
また、仙台市の50代の男性は「自然に逆らわずに共生するような賢治の生き方が好きです」と話していました。
0

神秘な話

2011/11/9 
スピリチュアル占い スピリチュアル診断

宇宙の神秘は、不可知なるものと共にあります。
人智が及ばないもの、知りえないものだけが神秘であり、
それは永遠に不可知であるものです。

あなたが記憶できるもの、認識できるものは、
不可知なるものではありません。
知りえるものは決して神秘ではありません。

記憶とは知識と同じで過去のものです。
過去は知りえるものであり、固定されたものです。
神秘は決して知りえないからこそ常に新しいものであり、
その不断の新しさは「生」の実在です。

真に実在するものは常に新しいものであり、
それは宇宙の絶えざる創造です。
人は宇宙の大いなる神秘と叡智を知ることはできません。
永遠に知りえないものこそ宇宙の神秘です。

人間の心が不可知であるときにのみ、
宇宙の叡智そのものと同じ次元にあります。
不可知であるとは「何も知らない」という状態であり、
その状態こそ実は最高度の英知なのです。
なぜなら、そのとき人は宇宙そのものと同じ無限の次元にあるからです。

あなたが宇宙の運動そのものであり、宇宙があなた自身になるとき、
もはや「知る」ことは何もなく、また、何かを知る「私」もなく、
ただ永遠に未知なる創造の神秘だけがあります。

そこにあるのは、ただ一つの生命、名もなき宇宙です。
0

スピリチュアル占いの魅力

2011/11/9 
 スピリチュアル占い 無料

8千メートル級の名峰が連なるヒマラヤ。その神々しい姿を間近に体感できるネパールは、あこがれの地だった。変化に富む自然だけでなく、市場のにぎわい、古い木造寺院の建築美やカラフルな民族衣装にカレー料理、ヨーグルトそしてチャー…。気がつけば、いつの間にかかぐわしい香りに包まれ、この国に魅了されていた。

 ◆聖地の日常

 ネパールには南隣にあるインドのニューデリーから入国した。空港から首都・カトマンズへはバスで約10分と意外と近い。標高は1350メートル。約100万人が暮らす首都だけあって、道路には日本製のバイクや韓国製の小型バス、オート三輪などがあふれていた。道路は信号機がほとんどなく、交通渋滞は日常の光景といい、クラクションが絶えず鳴り響く。

 「カトマンズはヒンズー教の聖地であり、仏教の聖地でもあるんです。だからこの国では、2つの宗教が仲良く暮らしに根づいています。国民はみな信仰心が篤いですよ」と、ツアー・ネパール・トラベルのシャンカル・シャルマさん(48)が、滑らかな日本語で話してくれた。

 ◆恐怖の神様?

 早速、街の中心にある「ダルバール(宮廷)広場」へ向かった。数々の寺院が旧王宮を取り囲む広場だ。その中央にひときわ高い建築が目を引いた。ヒンズー教の「シヴァ(宇宙破壊神)寺院」だった。9段の基壇上に3重の塔がそびえる。17世紀末の建立だという。寺院前にインド風の白いお堂があり、赤茶色の寺院と白のコントラストが実に美しい。
0

teacup.ブログ START!

2011/11/9 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



AutoPage最新お知らせ