パリをお散歩

あなたの知らなかったパリ、美しいけどリアルなパリはいかが!?
パリをテキトーに気楽に歩き回るブログ。

私の本を買って下さった方、まだの方にも感謝を込めて

 
こんにちは  料理研究家の宮内好江です。                 パリをいっしょにお散歩しませんか!

簡単が嬉シピ!

 レシピサイトはこちらです!

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしえ
Karinさん、あの萩原朔太郎の「ふらんすに行きたしとおもえど〜」のあの時代から、地理的な距離は変わらないのに、フランスはなんて近くなったのでしょう! それでも私がフランスに住み始めた頃はまだ日本は遠い国でした。日本に帰ったらウラシマタロウになっているんじゃないか?という心配もありましたが、今はネットや無料同然の国際電話のお陰で全くありません。凄い世の中になったと思いますが、実際日本に帰ると、思っていた今の日本とは違うこともあって戸惑ったりもします。


FAYさん、それは意外です。日本でも鮭が人気ネタになっているとは! しかもマヨネーズですか!? 今、マルセイユを外国航路の寄港地というイメージを持つ人は少ないでしょうね。 すっかり「タクシー」で楽しませて頂きました。ホントに痛快!! サミー・ナセリさんはパリでもよく出会いそうなやんちゃなアラブのおにいちゃんを演じてますが、実生活もああだったなんて納得過ぎて楽しいですが、残念です。 サンチアゴでディナーを頂いた頃は本当に夕暮れ時でした。あのデザートの光線?ありがとうございます。あれは黒蜜ではありませんが、どうしても思い出せないのです。ってことは特に違和感がないものでした。とにかく生魚がショックでショウゲキで(笑 コーヒーゼリーはフランスにはありません。他の国でも見たことがありません。フランス人は甘いゼリーが苦手らしいです。ゼリーと言えばハムとパセリのゼリー寄せがとにかくポピュラーで。甘いなら生クリームを混ぜるのはOkでババロワは別ですが。コーヒーゼリー我が家では最近よく作ります。


Kashoさん、この鮭は大きくて、切り方も雑で日本人には刺し身と呼んで良いのか?って思いましたが。(笑 醤油だけではなく、せめてもうひとつ何かスパイス、テイストが欲しかったです!ワサビもなかったのです! フランスでもマグロは高いので、サーモンの方にによくお目にかかることになります。ここでもマグロは小さかったですね。やはりお高いのでしょうね。


Hairprioriさん、パリも八重桜が満開でしたが、もうかなり散っています。もっと郊外に行けば満開の桜が見れると思いますが。今年も桜の下の母娘さん、素敵でした。
投稿者:よしえ
はるすみさん、そんなふうに言って下さり、ワクワクだなんて、こちらが感謝感激です!これからも私たちなりに旅を続ける張り合いが出来ました。サーモンもマグロも美味しそうですか? ガッカリと言えども、不味かったわけではありません。ナイフとフォークで切りながら醤油を付けて頂くのも乙なものです。が、ワサビがないのはやはり味気ないものですね。(笑


Gounaiさん、こんにちは!こちらもかなり暖かくなり、桜もほとんど散っています。奥様花粉症なのですね。お気の毒です。日本に比べてパリは花粉が少ないようですので、この時期こちらを旅行されるのもお勧めです!


Hisamiさん、はい、かなりな迷走におつき合いください下さいまして、ありがとうございます。そうです。日本人には刺身とも呼べない生魚の塊でした。でも、生魚の塊をナイフとフォークで切りながら頂くっていうのも、なかなか貴重な体験ではありましたが(笑 ただワサビもぐらいは付けて欲しかったです。


ぽんさん、はい、確かにマルセイユはフランスですが、なんかパリから見ると異国のような雰囲気ですね。 生魚は確かにほとんどの国が食べなかったわけですが、日本の刺身は繊細で美しく、あの様に出されたから抵抗なく食べれる様になったのでしょうね。最初から
この様に、塊で盛られたら、受け入れてもらえなかったでしょうね。フランスでもなぜかサーモンが大人気です。回転寿司のネタがほとんど日本産でないのは知りませんでした〜!


Ringoさん、こんにちは! 最初のお料理は本場のフランス料理です。上品であまりマルセイユのイメージではありませんが、そんなお店の方がハズレがなさそうです。 そうです。チリの生魚はマグロの方は小さめですが、サーモンの方は刺身とも言えない大きさでした。マグロの方が高いからでしょうね、チリでも。ringo さんの次回の南米の旅行記とっても楽しみです!
投稿者:hairpriori
日本は桜が満開になりました
投稿者:kasho
よしえさん、おはようございます。

各国の素敵なお料理を頂かれ、お勉強ができますね、大きなお刺身があるのですね。

日本ではマグロはなかなかいいものが店頭には並びませんが、時々並ぶときは、値段が高く、我々には買えません。

http://moon.ap.teacup.com/monjolie678/
投稿者:FAY
よしえさん こんにちは
鮭はね 出ると思ってました フランス人が好む生魚ナンバーワン?
でも日本人の間でもそうかも知れません 外食産業の中で不動のポジションを占めるにいたった“回転寿司”、サーモンはそのまま食べてよし、マヨネーズを乗せてバーナーで炙って食べるもよしと人気のネタになっています。

マルセイユといえばかつては船でヨーロッパに向かう人にとり、とくに内陸のパリを訪れる方々の寄港地の定番だったと思います。
でも、いま私がマルセイユと聞いて思い浮かべるのは、外国航路の客船ではなくって、タクシーです。そう!町中を賃送する、あのタクシー。タイトルがずばり「タクシー」というリュック・ベッソン制作の映画は、マルセイユを舞台にした痛快カーアクションのシリーズです。
パリではないフランス。主人公のタクシー運転手を演じる俳優、改造したプジョーのハンドルを握るサミー・ナセリさんは父親がアルジェリア人だそうで、流れる曲も洗練とは逆行するような音楽なら、画面も地方都市ならではのほどよく荒っぽい感じ。従来のエレガントなフランス映画という殻を破った、やんちゃな作風がヒットにつながりました。
Taxi 3 (2002) https://www.youtube.com/watch?v=Na4520lChDg
残念なのはサミー・ナセリさんが映画以外でもたびたび警察のご厄介になっているらしく、近作が公開されなくなって久しいことです。

話は変わってサンチアゴのはずれにあるレストランで、よしえさんご夫妻が召し上がったディナー、デザートを撮った写真の光線が好きです。夕暮れが迫っていたのでしょうか。陽の光がオレンジがかっていますネ♥ パフェのグラスに添えられた白い四角の陶器にはシロップが入ってるんでしょうか?まさか黒蜜ではないでしょう。それともコーヒーゼリー?(に見えなくもないけど、フランスにコーヒーゼリーなんてあるの??)

http://ameblo.jp/fayfake/
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

>「ふらんすに行きたしとおもえど、ふらんすはあまりに遠し・・」

あの有名な萩原朔太郎の詩「旅上」ですね。
旅の在り様は変化しましたが、この詩はいつ読んでも
懐かしい詩です。

待ってました、超超超がっかりした料理!
「マグロと鮭の生の切り身」の刺し身でしたか、、、
それでナイフとフォークだったのですね。
参りました。

次は「ガイドブックに載らない大事なお話?」
さ〜て、どんなことでしょう?心してお聞きしたいと
思います。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:ringo
よしえさん
こんばんは。
はじめのコース料理、とてもおいしそうですね。
こちらは、マルセイユでいただかれたのですね。
とてもがっかりされたのは、お刺身でしたか。
サーモンの切り方が大きすぎますね。
マグロは、普通の大きさに見えますが。

今年は3ヶ国旅行されるのですか。
よしえさんのブログを楽しみにしています。

http://sun.ap.teacup.com/ringo
投稿者:ぽん
また次回だ〜〜〜〜〜!!
って、マルセイユはパリでは無いけどフランスだから、フランス的だなぁ〜〜って思ってたらそうだった・・・(笑www
しっかし、デカイ刺身でしたねぇ〜〜
生魚、食べない国多い中、ほんと変わってきましたねぇ〜〜☆
こちらの100円回転寿司とかのお寿司ネタは、国産のは全く無く、全部海外の食べたいお国から仕入れて来てるからお安く出来るらしく、皆さん、食べて行くと困るなぁ〜(笑
でも、米国はお寿司と言ったらサ〜モンでしゅよねぇ〜
鮪は漬けにしちゃえばいいしね☆

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/
投稿者:hisami
ここはどこ?わたしはだれ?になりそうな
迷走具合ですね(爆)
メイン料理!”確かにガッカリです(大爆)
趣も無く無機質に切られた生の魚の塊
刺身とも呼べない・・・・
生魚の塊ですね(笑)


http://hello.ap.teacup.com/inthesea/
投稿者:gounai
よしえさん、おはようございます。

豪華な料理の写真良いですね、食べたいと言ってます(笑)。

こちらは桜の花が咲きだして春の到来です、花粉症人は大変な季節ですね(家のかみさん)。
1|2

著書

  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ご意見、ご質問箱

パリ情報

お勧め! パリの 短期賃貸アパルトマン

お勧めHP

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ